a1310299912_16

今年度のライブ

ふと思い立ったので、今年度ライブの回数が多い月を調べてみました。
1位:4,6,8,11,12月(月6回)
2位:3,7月(月5回)
3位:5月(月4回)
4位:1,2月(月3回)
5位;9,10月(月1回)
2013年、合計52回のライブですね。こんなの数えてどうするんでしょうね。数えたかったんですけど。月2回ライブって月が無いのが不思議ですね。そして、9月10月って月に1回しかライブやってないんですね。
そして本当に数えてみたかったのはこちら。
1位:13回(前野健太とソープランダーズ)
2位:10回(ジム・オルークとINFINITY Pとかマエバリ・バレンタインとか色々、含:JZ’s COBRAジム部隊)
3位:9回(奇形児)
4位:4回(石橋英子 with もう死んだ人たち 含:劇団SWANNY)
4位:4回(EP-4)
6位:3回(uminecosounds)
7位:2回(Kafka&Soul Islanders、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS、ヤマジカズヒデ(solo))
8位:1回(宙也†幸也†ヤマジ、mothersky、SHINYA OE and THE CUTTERS)
というわけで、1位、2位、4位、7位(kafka)は全てジムと石橋英子さんと一緒なので、合計29回ライブやってることになりますw達久くんはソープランダーズ途中から参加なので、合計20回くらいかな。そして、ヤマジさんとも4つの形態(umineco、ヤマソロ、宙也†幸也†ヤマジ、SHINYA OE and THE CUTTERS)とやりました。今年は同じ人とばかりライブやってるってことかな・・・と一瞬思いましたが、逆に今年はじめて演奏させてもらった人たちも沢山いました!まずEP-4!佐藤薫さんをはじめオリジナルメンバー以外に山本精一さん、YOSHITAKEくん、家口さんも初めてだし、何年も前から知り合いの田畑さんも今年初共演!年始には宙也†幸也先輩(ベースの三賀さんも初めて!)、年末には大江慎也さんに高橋浩司さん、あと、ジムのライブでは高田漣さんとも共演させてもらったし、それに、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSも坂口は実は今年はじめて共演(今年のコブラでも共演したけどw)。奇形児も、何年も前から知ってるベースの誠二さんと初共演!
そんなわけで、来年もどんどんいろんな人と共演していきたいし、いつものメンバーともずっとやっていきたいと思っております。

a1310299912_16

12月のライブ予定

12月のライブを一気にお知らせします。ちなみに、お知らせに間に合いませんでしたが、12/1は二万電圧で奇形児のライブでした。
12/03(火)@ 渋谷 O-nest
出演:FOE
   恒正彦
   uminecosounds   
FOOD:ウミネコカレー
OPEN18:30 START19:00
チケット:前売り¥2,500 / 当日¥3,000(+ドリンク代)
チケット発売日:11/1(金)
ぴあ(Pコード:216-061) / ローソン(Lコード:70849) / e+ / NEST店頭
O-nest 03-3462-4420
O-nestってTSUTAYAってつくようになったんだよね。でもわかりづらいので、O-nestと言っておきます。ウミネコサウンズの今年最後のライブです。FOE(アイゴンさん)から誘っていただいたそうです。恒正彦はドラマー3人らしいです。
12/17(火)@ 渋谷 O-nest
[HEAVY INTERNATIONAL]
出演:MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS
GARDA
ROTH BART BARON
Then
INFORMATION
OPEN: 18:30 / START: 19:00
ADV: 2000 / DOOR: 2500 (ドリンク別)
TICKET発売中
ローソンチケット70873イープラス
O-nest 03-3462-4420
その次のTSUTAYA O-nestです。2週後のまた火曜日です。こちらもMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS今年最後のライブです。対バンのGARDAというのはドイツからやって来る大所帯のバンドらしいです。あとROTH BART BARON!詳しく話していいのかどうかわからないので、話しませんが、とても縁があるバンドです!みふねくん、なかはらくん(まっちゃん)、西池君、対バンよろしく!
12/24(火)@ 高円寺HIGH
“Christmas Eve Rights” 大江慎也 Band Live Version
大江慎也
<Member>
Vocal&Guitar. 大江慎也
Guitar. ヤマジカズヒデ
Key(Bass). 須藤俊明
Drum. 高橋浩司
OPEN/START19:00/19:30
ADV/DOOR¥4,500/¥5,000
TICKET
high 店頭販売 お取り扱いなし
eplus 11/10発売
INFO
チケット先行(手売り)
11/3(日祝)横浜7th Avenue大江慎也ソロライブ終演後に販売
11/30(土)下北沢440大江慎也ソロライブ終演後に販売
チケット一般発売
11/10(日)e+KOENJI HIGH店頭売り無し
入場順 1.手売り 2.e+ 3.当日券
そして、驚くことに、また火曜日!いや、驚くところはそこじゃないね、大江慎也さんのライブに参加します!まだ内容はわかりませんが、楽しみにしててください!で、キーボードなんですね、私・・・。(Bass)ってどういう意味なのかなぁ?ベース弾いていいのかな?それともキーボードでベース(音)を弾き続けるんでしょうか?とにかく楽しみです。
12/25(水)@ 代官山UNIT
ジムO クリスマスデイ -お歳暮力-
出演
ジム・オルーク
マエバリ・ヴァレンタイン
(石橋英子、須藤俊明、山本達久、波多野敦子、千葉広樹)
時間 開場 19時00分、開演 19時30分
料金 前売 3,500円当日 4,000円(ドリンク代別)
電話 03-5459-8630
というわけでう、今年最後のライブはジムオルークのお歳暮力です。バンド名はマエバリ・ヴァレンタインです。先月ツアーしたメンツにバイオリンの波多野さんと千葉くんも入り、スペシャルなクリスマスライブになるでしょう。入場者はお歳暮が貰えるって話もあります。今年最後のライブをジムのライブで、しかもユニットで出来るのは楽しみです。クリスマスの予定が無い人は是非、音楽を聴きに来てください。
以上今年あと4つのライブ!よろしくお願いします。って思ってたら、もうひとつライブが決まってました!!こちらのライブは画像をチェックしてください!
IMG_2817.jpg

a1310299912_16

7月のライブは凄い

7月のライブは凄いことになっています。
7/13 ヤマジカズヒデ @ 吉祥寺GB
[69 Paradise] 大江 慎也
ヤマジカズヒデ(dip)<メンバー:Dr.本庄克己、Key.須藤俊明>
18:30 /19:00 ¥3600/¥4100+1D GB店頭/GB HP予約
7/15 奇形児 @ 新大久保EARTHDOM
[痺れ肉棒絶倫注射の夜vol.4]奇形児/JOJO広重(from 非常階段)
血と雫(Z.O.A 森川誠一郎 + 割礼 山際英樹 + 高橋幾郎)
BAKIソロ(MOSQUITO SPIRAL/ex GASTUNK)/ファラオ
OPEN 18:00 /START 18:30 前売 2000円/当日 2300円(別途ドリンク代 500円)
7/21 John Zorn’s COBRA ジム・オルーク部隊 @ JAZZ ART せんがわ2013
[ジム・オルーク、波多野敦子、須藤俊明、山本達久、石橋英子、トンチ、ユザーン 、五木田智央、千葉広樹、巻上公一、坂口光央] ほか
7/22 MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS @ 渋谷 O-nest
[M.M.H.O]
MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS
MUSIC FROM THE MARS/henrytennis
ORDINARY PURPOSE PLUG AND INVITATION
19:00 / START: 19:30 ADV: 2000 / DOOR: 2500 (ドリンク別)
7/27 前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久)@ FUJI ROCK FESTIVAL’13
以上5つライブがあるわけですが、何が凄いって、個人的な話ですが、最初のライブから順に、キーボード、ドラム、ドラム、ギター、ベースです。最初はヤマジさんでキーボード、ヤマジさんの曲やカバーなどいろんな曲を演奏します。その次、奇形児ドラム。その次、3年ぶりのMSNドラム、この手のドラムを叩いてなかったのでかなりリハビリが必要。その次、コブラ、12弦ギターで参加します。インプロです。そして最後にやっとベース!しかも初フジロック!達久くんも加わったスーパーソープランダーズ。ウルトラソープランダーズだったかな?
普通に考えれば、ひと月に5つのアーティスト(ぶんの曲)をやるのも大変だと思うんだけど、今月はパートも違うんですよ・・・。まぁ、一つは即興だけど、ドラムで2バンド、キーボードで1バンド、ベースで1バンドそれぞれの曲を覚えて演奏するってのは、なかなか普通には経験できないことだと思います。っていうか、練習がすごい大変なんだけど、とりあえず頑張ります。
そんなわけで、明日はドラムのリハの後、キーボードのリハ!

a1310299912_16

MSN物語その5

さて、最終回の予定、MSN物語その5です。今回は坂口くんが登場しますが、それはまぁ最後です。前の続きはというと、1st ALBUM(書き忘れてたけどタイトルはセルフ)MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSを自主制作で出した後、アメリカのCUNEIFORM RECORDSから2ndのリリースの話を貰いました。実は、個人的には昔から聴いてたレーベルで、つまりカンタベリー・シーンがアメリカに与えた影響下のレーベルという感じで、THE MUFFINSや、本家SOFT MACHINEのレア音源などをリリースしてるので、昔からちょこちょこ買ってたレーベルでした。つまり、凄い嬉しいわけです。まぁ自分のカンタベリー趣味の話ではありますけど。そんなわけで、1stを出してすぐに2ndの録音を始めました。ちなみに、2ndの曲は、ほとんどライブでやったこともなく、曲のつなぎあわせやその場で作曲したりとか、そういう感じでした。なので、実はそれ以降も2ndの曲はあまりやってません。1曲目のM-Bという曲だけよくやってます。ちなみに、MBという頭文字はメルセデス・ベンツなのかMr.BungleなのかMelt-Bananaなのか、とか諸説ありますが・・・Miamiって曲とBrusselって曲をくっつけただけです。メンバーはずっとマイアミってこの曲を呼んでました。ちなみにとても後から気づいたことですが、実はくっつけた後Miamiの部分はほとんどカットしていて、ほとんどBrusselって曲でした。(すごい無駄な情報に文字数を使ってる気がする・・・)
話が進まないので、もう2ndアルバム”Leap Second Neutral”を録音して、リリースしたところまで行きます。あ、ちなみにうちで録音しました。ジャケはまた山下にやってもらって、ゲストにまた松江さんと高橋結子(けっちゃん)に参加してもらいました。確か2ndのビブラフォンとかは私が叩いたような記憶が・・・というわけで、アメリカ、ヨーロッパと流通され、世界的に(マニアックなプログレの世界で)知られることになったMSNの2ndアルバム、日本ではそんなわけでdisk unionのArcangeloというレーベルから出ました。ここは特に喜ぶ所ではないのですが、でもスズキさんの旧友(現Arksの竹川さん)と絡めて良かったです。ここは喜ぶところじゃないというのは、1stはあまりプログレ色なしで見てもらってたのに、セカンドはプログレ扱いになってしまったことです。ながれで帯に「メロトロン」って書いてしまいました。まぁ、ホントに使ったんですが。disk unionのプログレ館で買うCDになってしまいました。1stはTOWER RECORDで展開してくれてたのに・・・
さてしかし、そんな心配も問題なく、結構評判もよく、M-BはCRJ東京のチャートで1位になるという快挙!ちなみに2ndが出る前に福岡の友達のボギー(nontroppo)がオムニバスのCDRに誘ってくれたので、製作途中だったTEXASという曲を途中から別の展開させたTEXAS HITTERという曲で参加させてもらったんだけど、その曲もCRJにチャートイン!と、思ったより良い評価を貰いました。
というわけで、ここまでがMSNの現在までの歴史です。でも、まだ2005年なんです。そこからもう8年?一体どうしてたか説明します。まず、たしか、気まぐれでメンバーのソロCDRを作ろうって話になって、ノリヤ以外の三人がソロCDRを作りました。スズキさんは歌もの、マヒマヒはテクノ、私は即興とナンセンス。もちろんもう売ってません。ライブ会場と通販だけで少しだけ売りました。ちなみに、このとき私のCDRを通販で買ってくれた山口県の青年(?)が山本達久くんです。この数年後に一緒にバンドをやるとは!
バンドでの曲作りも多少は進めてて、この頃に作ったmsgという曲、まだ録音してないんですが、これは今でもお気に入りのナンバーです。ドラムの話ですが、この頃私はタイからやってきたcliquetparというブレイクコアのアーティストに生ドラムで参加するということをやっていて、それをヒントに、ひたすら高速にジェネシスの7拍子を演奏するということを思いつき作った曲です。今でもライブでやってますが、曲ができた当時のライブがSpaceShowerTVでちょこっと紹介され、DAXというネット上のアーカイブに残ってました。でも最近は消えたみたい・・・ニコ動で見れます。ちなみに、その動画では曲はフェードインして途中からM-Bにメドレーになってるので、曲の全貌ではないです。
さて、まだ割とまともな話しかしてませんが、2000年代の後半はわりとおかしな事になっていて、ライブはやるけど、曲は半分くらいインプロだったり、皆でマイケル・ジャクソンのビート・イットをやったり(そういうのは昔からか・・・)、挙句にはバンド名もMACHINE AND THE SYNERGETIC NANOにしたりしてました。iPod nanoっていうのが出た頃です。それとキーボードのノリヤが仕事やら家庭やらで忙しくなり、そんなふざけたバンド活動にも愛想を尽かしたのか、ライブに消極的になったので、他のメンバーもライブに積極的にならなくなり、ライブも減っていき、2007年に2本ライブをやったきり活動をしなくなりました。その後の活動といえば、皆で公園に行ってBBQしたくらいです。
さて、その後の話ですが、実は2010年に一度だけライブをやります。友人のMontecarlo Scrap Flamingo(以後MSF)とMSがつくバンド名を集めてライブをやろう!って話をしたのかどうか覚えてないんですが、当時私はLoudsというパンクバンドでお世話になっていた亀戸ハードコアというお店で、MSNとMSFでイベントをやろうということになったのでした。他の出演者は私がお願いしてELECTRIC EEL SHOCK、狂うクルーという豪華なメンツで、大成功のイベントでした。
それから2年くらいたち、私は(もうすっかり)「もう死んだ人たち」のベーシストとして活動してたのですが、マヒマヒやスズキさんとはよく「またMSNやりたいねーっ」って話をしてました。ふと、そのことを「もう死んだ人たち」のツアー中に名古屋のブラジル・コーヒーってところで思い出し、思いつきで、ドラムの山本達久くんや波多野敦子さんや石橋英子さんに、「そういえば誰かMSNでキーボード弾いてくれそうな人いないかなぁ?」って相談したところ、坂口くんがいいんじゃない?ってみんなに薦めてもらいました。坂口光央くん、確かにナスノミツルさんのTENELEVENで見たことがあったけど、ミュージシャン、って感じがして、私らみたいなディープ・パープルのコピーバンドの延長上のバンドに入ってくれたりするのかなぁ・・・?って思ってたんだけど、達久くんの紹介とプッシュのお陰で、一度一緒にスタジオに入ることになりました!そして、スタジオに入ってみたら、まぁ、さすがに上手い!っていうかバッチリ!っていうか、ノリヤに顔が似てる!イニシャルもS!最高!採用!いや、もちろん最初から入ってもらいたかったんですが、坂口くんも楽しんでくれてるみたいで、なんとココに来て初のメンバーチェンジ!(一応ノリヤは永久メンバー)。そして、何度かスタジオに入ってるうちに、ライブがやりたくなる!そして、このメンバーならライブが出来る!というわけで、ライブを決めてきちゃいました!それが来月7/22ネストで。またもや3年ぶりのライブ!
やっぱり2回に分ければよかった、とてつもなく文字数が多い・・・あと一つだけ!その復活ライブにMusic From The Marsが出てくれます。1stアルバムの帯を書いてくれた藤井くん、MSNが活動を始めた頃から、ずっとMSNと付き合ってくれてて、年に一度は一緒にライブをやりたいとずっと思ってたし、ずっとやってたのに、途中でこちらは活動ができなくなってしまった。でもまたライブが出来るようになった時に一番最初に対バンとして決まったのがMusic From The Marsで嬉しい。そして他にも、なんと私も一時メンバーだったヘンリーテニスも出てくれることになり、それと私達が「復活ライブをやるなら一番好きな場所にしよう」といって決めたライブハウス渋谷O-nestのオススメバンド、ORDINARY PURPOSE PLUG AND INVITATIONが出ます。そんなわけで、次回のライブの告知でした。終わり。最後まで読んでくれてありがとう!

a1310299912_16

MSN物語その3

前回のつづき、スズキヒロユキさんが登場します。
実はさっきまでマンダラ2という吉祥寺のライブハウスに行ってて、久しぶりに店長の中野さんと話をしたのですが、前回のつづき、つまりMSNの初ライブは吉祥寺のマンダラ2だったのです。ちなみに、先の話ですが、レコ発ライブもマンダラ2でやりました。
さて、ライブに誘われて・・・ベースがいないって話を前回書いたのですが、なんか思い出したり調べてるうちに色々時系列を間違えてる気がしてきました。まぁ、最初から曖昧な記憶で書くと宣言したので、そういうものだと思って欲しいのですが・・・。というのも実は初ライブの時、マヒマヒ・スドウ&ノリヤという名前ではなく、もうちゃんとバンド名をMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSにしてたわけです。というのもあたりまえで、デモ・テープを配るときにたぶん三人でバンド名を考えたんだと思います。実はバンド名の由来は去年の11月にブログで一度書いたんですが、詳しく書くと、マヒマヒ、スドウ、ノリヤの頭文字からバンド名をつけようとなったときに、私がなんとなく「マイク・アンド・ザ・メカニックス」というジェネシスのマイク・ラザフォードのバンド名みたいなのが付けたいと思ってたんですが、「ウチのバンド、マイクいないしなぁ・・・マヒマヒ&ザ・・・じゃマヒマヒとバックバンドみたいだしなぁ・・・」と思ってた時にふと、当時自分たちのバンドの曲作りは基本的にノリヤがMIDIで打ち込んで、私がMIDIのエディットをして・・・みたいな方法だったので、自分たちのリーダーはMIDI、機械、マシーンだ!と思い、マシーン&ザ・・・にすることにしました。で、SYNERGETICという単語はノリヤのアイディアで採用、Nは最初NERDSにしようと思ったんだけど、それだとNのノリヤがNERDSみたいだから嫌だと言ったので、NUTSに・・・(どっちでもいいんじゃないの?って思ったけど)。そういうわけで、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSになりました。前にブログに書いた内容ですが、最初にMSNにするかNSMにするか・・・みたいに考えてたときは、MicroSoftNetworkと同じにしようってことで、MSNにしました。
さて本題、1998年にライブに誘われた時に我々が思いついたベーシストの一人目がスズキヒロユキさんでした。スズキさんは私は94年くらいからの知り合いで、MELT-BANANAのライブによく来てくれてました。知られてることがどうか知りませんが、MELT-BANANAのギターのAGATAさんが当時使ってた(今でも使ってるのかな?)ギターはスズキさんがMELT-BANANAを気に入って、AGATAさんに格安で譲ったギターです。そして、この頃はスズキさんは前回出て来ましたビックEのベーシストだったのです。つまりノリヤはバンド仲間だし、私もたまに一緒に演奏する昔からの知り合いだったわけです。そして、マヒマヒとも相性バッチリ!(人間性の話です)。そして音楽的にもMSNに新たにフレットレス・ベースというキャラクターと、パンク・ノイズ〜ロック、フリー・ジャズ的な要素を持ち込んでくれて、ここで初めてMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSというバンドになりました。そう、前にもブログで書きましたが、スズキさんなので、頭文字的にもMSNに含まれてる!それも重要でした。
初ライブの様子(レビュー)がタケさんという方のHPに残ってました!
http://homepage3.nifty.com/TAKEDA/live98-2/981119.html
ん?ライブ誘ってくれたのってオノテツさんじゃなくてイトケンさんだったかなぁ?ちなみにこのふたりは当時は主にHarpyというバンドで活動してました。
そうか、6曲もレパートリーがあったのか!でも曲が足りなくて、なんとなくジョークでビリー・ジョエルの「さよならハリウッド」の途中から演奏しました。それ以来、MSNのライブでは、ほぼ毎回、「なんか知ってるこの曲!」みたいなカバーをメロディをサックスで吹くという脱力アレンジで演奏するのがお決まりになってしまいました。
このレビューにベースがゲストって書いてありますが、確かにスズキさんはゲストだったんですが、すぐにメンバーになることが決定。そして、4人でデモ・テープをまた録音しよう!ってことになって、demo2000ってタイトルだったと思うんですが、また4曲入りくらいのデモ・テープをうちで録音しました。あれ?ってことはdemo2000は完成は2000年かな?でもそんなもんかも。なんせマヒマヒ大阪に住んでたし・・・で、何が入ってたんだろう?コレも今手元にないんだけど、たぶんgate of difference,tensegrity,swang?puppet show?やっぱり思い出せない・・・ホントにそんなテープ作ったっけ?
そして、MSNはバンドとしてライブ活動も始め1999年には初の大阪でのライブ、2000年にはマンダラ2で自主企画ライブ・・・と年に3,4本のライブをやっていました。そして、demo2000以降もノリヤもHDDレコーダーを(最終的に2台)買い、ミキサーも買い替え、アテもなくフル・アルバムのレコーディングを始めました。ちなみにdemo2000は海外にもテープを送り、クリス・カトラーさんやCUNEIFORM RECORDSのスティーブさんからも良い反応をもらえたので、よし、アルバムを作ろう!ってなったんだと思います。
そんなわけで、次回はメンバーじゃないけど、松江潤さんが登場します。

a1310299912_16

MSN物語その1

単なる思いつきですが、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS(MSN)の歴史を紹介します。簡単な紹介じゃなくて全5回くらいの物語にしようかと思います。今回は第一回、MSN結成以前の話です。
基本的にMSNの歴史というより、私の歴史というか自伝というか、私のとても曖昧な記憶を紹介しようと思います。私が中学3年の時からこの歴史は始まりますが、確かそのころ初めてバンドを組みました。友人の山下と蓑部と。で、たぶん3人同じクラスだったのかな?そんなんでバンドを始めて、実際高校3年くらいまでこの3人は一緒にバンドやってたんですが、高校に入った時、クラスが皆バラバラになりました。それで、私は自分のクラスが何だったか思い出せないのに、山下がF組だったことはよく覚えてます。どういうことかというと、毎日昼休みや放課後など、いつもF組に行って、毎日のようにトランプでドボンというゲームをやっていたのでした。そのトランプをやってる仲間で、そのうちまた別のバンドを組むようになりました。それがEjavlas Asirnosです。バンド名なんてどうでもいいんですが、そのバンドのキーボードが後のMSNのメンバー岩田ノリヤなわけです。ちなみにそのバンドには山下は居なかったのですが。
そんなわけで、Ejavlas AsirnosはF組の仲間たちと作った楽しげな洋楽ロックコピーバンドでした。ジャーニーやディープ・パープルといったキーボードが入ってる曲をやってましたが、とてつもなく下手でした。その後、ノリヤと私は他にも2、3、高校時代にバンドを一緒にやりましたが、主にディープ・パープル、たまにレインボー、まれに「21世紀の精神異常者」や「ラウンドアバウト」なんて曲にもチャレンジしつつ、高校を卒業しました。そんで高校卒業後、大学入学まで1年間勉強の時間があった私とノリヤは、もちろんバンドを辞めたのですが、お互い音楽を聴く仲間になりました。というか、高校時代は一緒にバンドやってても実はそれほど仲良くなかったんだけど、この時代以降、音楽聴く仲間として、お互い、ジャズやプログレ、フュージョンやクロスオーバー、カンタベリーやジェネシス、スワンプ・ロック、ブラック・ミュージック、結構マニアックな音楽から普通のアメリカ人の好む音楽まで色々聴いてました。
大学に入ってしばらくしてから私はライブハウスに出ようと思い、また高校の時の仲間(含むノリヤ)とFiddlestickというバンドを始めました。適当にブッキングしてもらいながらオリジナルを演奏するというのを少しの間やってましたが、曲はメンバー皆で作ったり持ち寄ったりでした。ちなみにノリヤがこの頃作った曲がMSNの1stに入ってるA Couple of Kettlesという曲です。曲名は何か違った気がするけど・・・で、まぁ、そのバンドはそんなに発展せず、しばらくして私は大学の先輩たちのバンドMELT-BANANAにドラマーとして入ることなり、自分でバンドをやらなくなってしまいました。一応ここまでが、私のギタリスト時代。そう!ここまで私はずっとギター弾いてました。まぁ、あまり上手くないんですが。
さて、そんな訳でドラマーになった私はMELT-BANANA(実際名前は違ったけど)に加入して、わりとライブハウスでの活動が盛り上がって来ました。結構マニアックだけど評価を受けてたので、他のバンドはやらなくなりました。でも基本的にハードコアっぽかったMELT-BANANAの音楽性より、ジャズやジャズ・ロックに興味のあった私は、東京大学のジャズ研に入っていたノリヤにたまに誘ってもらって、適当なジャズ(当時はいわゆるFake Jazzのつもり)の演奏をしてました。まぁ、ギター弾いたりしてた気がするんですが。そんな流れの中で、1995年、私はMELT-BANANAで海外ツアーしたり、海外のバンドのオープニングとかでクアトロに出たりと結構活躍してた時に、ふとノリヤにバンドに誘われました。ノリヤが友人に誘われたライブイベントで、自分(ノリヤ)のつくった曲をやるために、今度は私はドラマーとして入って、Fiddle2というバンドを作りました。そのバンドにはノリヤのジャズ研仲間もいたので、管楽器の何人かいるジャズ・ロック・バンドでした。一回きりのライブのバンドでしたが、このときに演奏した曲は後のMSNのOr Lots of Squares、METROPOLICANなどがあった気がします。
そんなわけで、次回はマヒマヒ登場です。

a1310299912_16

MSNその2

えーと、考えてみたら、昨日書いたことは意味がわからないような気がしたので、もう一度同じような内容のことを書きます。MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSはだいたい1997年頃から活動をし始めました。私とキーボードのノリヤと当時大阪在住のサックス吹きのマヒマヒの3人で始めたので、マヒマヒ&スドウ,ノリヤで、MSNというバンド名をつけました。で、最初はデモテープを作ってたんですが(つまり最初のデモテープはベースは私が弾いてた)、あるときライブに誘ってもらい、じゃ、ベースを誰かに弾いてもらおうと思い、ノリヤと私の共通の知人のスズキヒロユキさんに加入してもらいました。この時点でもまだ、スズキさんなので、MSNということで大丈夫ってことになりました。正確にはMSSNになったんだけどね。それから後は昨日書いた通りなのですが、実はここからが本題。最近活動してなかったのはノリヤが仕事&家庭で忙しいので、ライブはあまり出来ない・・・となると、みんな会わない。たまに会うとバーベキューをしてしまう・・・練習しない。ということで活動が止まりました。なので、ノリヤに相談して、別のキーボードを入れて活動しようって話になったので、実は前からキーボード奏者を探してました。で、たまたま「もう死んだ人たち」のツアー中に(山本)達久くんに相談したら、「MSNだったら坂口くんがいいいと思う!」ということで、そのすぐ後に紹介してもらい、そして今日現在、MSNの新たなメンバーとして、坂口くんに参加したもらってるわけです!坂口光央くん、自分のユニットSTAND ALONE-404、Guru host、Cojoの他にもteneleven、Polylis、Alan Smithee’s MAD Universe、たたみ、大谷能生MJQTなどにも参加してる忙しいミュージシャンではありますが、ここ最近2回ほど一緒にリハーサルをしてます。っていうか、演奏も最高だし、音楽性も人間性も最高だし、とにかく有難い。坂口くんありがとう!山本達久ともう死んだ人たち、ありがとう!
ところで、もうお気づきかと思いますが、坂口くん、当然イニシャルはS、下の名前をとってもM、そう、完璧なわけです。でもまぁ、ノリヤがいないからといってバンド名をMSSSとかMS&MSSにするとか、それもなんなので、バンド名はMSNのままにしようと思います。ノリヤはとりあえず、永久メンバー(原爆オナニーズの中村達也さんや横山健さんみたいな扱い)ってことで。
そして、昨日のブログに写真だけアップしてたわけなのですが、その理由は、実は坂口くんってノリヤに似てるんです・・・なので、MSNを元々知ってる人が見たら、「あれ?ノリヤ?」って思うかなと思って、名前を書かずにアップしてみたんですが、実際の反応は、ノリヤを知らない人から「あ、坂口くんだね!」って反応ばかり頂いて・・・さすが坂口くん。
そんなわけで、これから活動を再開していきそうなMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSをよろしくです。最後に動画を貼っておきます。

セカンドを出した後に、一曲だけ雑に作曲&録音した、ライブ会場限定音源です。雑な曲だし、適当なのですが、すごく久々に聴いてみたら、6:49〜8:14の間だけ奇跡的にカッコいいと思う。久々に聴くと色々なアイディアがくだらなすぎて笑えましたが。あ、ちなみに画像は静止画だから動画じゃないね・・・

a1310299912_16

MSN

最近、日記を書いても写真や動画をつけてないので、なんか、ポリティカルなことを書いてる人のブログみたいに見える気がしたので、今日は写真や動画をつけます。まず、今日の一枚目。
suzuki.jpg
MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSのリハをしてきたので、メンバーの写真を撮って来ました。MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSはそもそも1997年ころから活動してるバンドで、インターネットをし始めた頃だったので、MICRO SOFT NETWORKからバンド名をつけました。厳密にはMicrosoft Networkかな。もう15年も前ですね。それからわりとコンスタントにライブをして、CDも作ってリリースして、2005年くらいまで活動してました。その後、あまり活動しなくなり、最後にやった2010年のライブが3年ぶりでした。そんなバンドが最近活動を始めつつあります。
mahi.jpg
当時長髪だったサックスプレーヤーも髪を切り、レーシックにしたり、色々変化があります。ちなみに、2003年にファーストアルバムを自主でリリースして、2005年にセカンドをアメリカのCuneiform Recordsからリリースしました。でもアメリカでライブやったりはしてません。ちなみにどちらもレコーディングにはギターに松江潤さん、パーカッションに高橋結子さん、ウキ君も参加してます。で、リリース後に新曲を幾つか作ってたんだけど、そこら辺で適当に停滞してライブをやらなくなりました。しかし、今日のリハではなんとその作りかけ(?)の曲に新たな展開(?)も付け足し、まさに動き始めてるわけです。
sudoh.jpg
ドラム叩いてる私、って感じですが、コレはポーズです。まぁ、フロアタムの上にある便利なレコーダーでリハを録音したりしてるわけです。ちなみにMSNのアルバムは基本的に私が録音してます。というかMSNの録音をするためにマイクやら録音機材を買い始めたのかもしれません。でも、ファーストの頃は確かほとんどがアナログミックスだったので、ミックスダウンは4人で、フェーダーを動かしながらマスターに落としてたかも知れません。セカンドの録音の時にDAWになりました。こんな感じで始めたバンド&録音だけど、今でも聴いてくれてる人がいたり、聴いてくれる人が増えてたりするのは嬉しい限りです。といいつつも、ファーストは完全に品切れ、セカンドはレーベル任せなので、自分達では売ってません。amazonとかで買えるはずですが。ところで、こうのようにメンバーの写真を一人づつアップしてるのは、個人的には4コマ漫画のようなつもりでやってます。instagramでアップして、ツイッターにも共有してるのですが、誰もオチに気づいてくれない気がしてるので、ここでもう一回アップしてます。そして、4コマ目がこちらです。
sakaguchi.jpg
ではでは、動画は次回。