MSN物語その3

前回のつづき、スズキヒロユキさんが登場します。
実はさっきまでマンダラ2という吉祥寺のライブハウスに行ってて、久しぶりに店長の中野さんと話をしたのですが、前回のつづき、つまりMSNの初ライブは吉祥寺のマンダラ2だったのです。ちなみに、先の話ですが、レコ発ライブもマンダラ2でやりました。
さて、ライブに誘われて・・・ベースがいないって話を前回書いたのですが、なんか思い出したり調べてるうちに色々時系列を間違えてる気がしてきました。まぁ、最初から曖昧な記憶で書くと宣言したので、そういうものだと思って欲しいのですが・・・。というのも実は初ライブの時、マヒマヒ・スドウ&ノリヤという名前ではなく、もうちゃんとバンド名をMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSにしてたわけです。というのもあたりまえで、デモ・テープを配るときにたぶん三人でバンド名を考えたんだと思います。実はバンド名の由来は去年の11月にブログで一度書いたんですが、詳しく書くと、マヒマヒ、スドウ、ノリヤの頭文字からバンド名をつけようとなったときに、私がなんとなく「マイク・アンド・ザ・メカニックス」というジェネシスのマイク・ラザフォードのバンド名みたいなのが付けたいと思ってたんですが、「ウチのバンド、マイクいないしなぁ・・・マヒマヒ&ザ・・・じゃマヒマヒとバックバンドみたいだしなぁ・・・」と思ってた時にふと、当時自分たちのバンドの曲作りは基本的にノリヤがMIDIで打ち込んで、私がMIDIのエディットをして・・・みたいな方法だったので、自分たちのリーダーはMIDI、機械、マシーンだ!と思い、マシーン&ザ・・・にすることにしました。で、SYNERGETICという単語はノリヤのアイディアで採用、Nは最初NERDSにしようと思ったんだけど、それだとNのノリヤがNERDSみたいだから嫌だと言ったので、NUTSに・・・(どっちでもいいんじゃないの?って思ったけど)。そういうわけで、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSになりました。前にブログに書いた内容ですが、最初にMSNにするかNSMにするか・・・みたいに考えてたときは、MicroSoftNetworkと同じにしようってことで、MSNにしました。
さて本題、1998年にライブに誘われた時に我々が思いついたベーシストの一人目がスズキヒロユキさんでした。スズキさんは私は94年くらいからの知り合いで、MELT-BANANAのライブによく来てくれてました。知られてることがどうか知りませんが、MELT-BANANAのギターのAGATAさんが当時使ってた(今でも使ってるのかな?)ギターはスズキさんがMELT-BANANAを気に入って、AGATAさんに格安で譲ったギターです。そして、この頃はスズキさんは前回出て来ましたビックEのベーシストだったのです。つまりノリヤはバンド仲間だし、私もたまに一緒に演奏する昔からの知り合いだったわけです。そして、マヒマヒとも相性バッチリ!(人間性の話です)。そして音楽的にもMSNに新たにフレットレス・ベースというキャラクターと、パンク・ノイズ〜ロック、フリー・ジャズ的な要素を持ち込んでくれて、ここで初めてMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSというバンドになりました。そう、前にもブログで書きましたが、スズキさんなので、頭文字的にもMSNに含まれてる!それも重要でした。
初ライブの様子(レビュー)がタケさんという方のHPに残ってました!
http://homepage3.nifty.com/TAKEDA/live98-2/981119.html
ん?ライブ誘ってくれたのってオノテツさんじゃなくてイトケンさんだったかなぁ?ちなみにこのふたりは当時は主にHarpyというバンドで活動してました。
そうか、6曲もレパートリーがあったのか!でも曲が足りなくて、なんとなくジョークでビリー・ジョエルの「さよならハリウッド」の途中から演奏しました。それ以来、MSNのライブでは、ほぼ毎回、「なんか知ってるこの曲!」みたいなカバーをメロディをサックスで吹くという脱力アレンジで演奏するのがお決まりになってしまいました。
このレビューにベースがゲストって書いてありますが、確かにスズキさんはゲストだったんですが、すぐにメンバーになることが決定。そして、4人でデモ・テープをまた録音しよう!ってことになって、demo2000ってタイトルだったと思うんですが、また4曲入りくらいのデモ・テープをうちで録音しました。あれ?ってことはdemo2000は完成は2000年かな?でもそんなもんかも。なんせマヒマヒ大阪に住んでたし・・・で、何が入ってたんだろう?コレも今手元にないんだけど、たぶんgate of difference,tensegrity,swang?puppet show?やっぱり思い出せない・・・ホントにそんなテープ作ったっけ?
そして、MSNはバンドとしてライブ活動も始め1999年には初の大阪でのライブ、2000年にはマンダラ2で自主企画ライブ・・・と年に3,4本のライブをやっていました。そして、demo2000以降もノリヤもHDDレコーダーを(最終的に2台)買い、ミキサーも買い替え、アテもなくフル・アルバムのレコーディングを始めました。ちなみにdemo2000は海外にもテープを送り、クリス・カトラーさんやCUNEIFORM RECORDSのスティーブさんからも良い反応をもらえたので、よし、アルバムを作ろう!ってなったんだと思います。
そんなわけで、次回はメンバーじゃないけど、松江潤さんが登場します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です