6134

mobile suite の話 vol.2

昨日書いたこと(私のCD、須藤俊明「mobile suite」)の続きです。
昨日書き忘れたんですが、3/18に発売と言っておきながら、もうすでにナスカ・カー・ショップゾーンで通信販売で購入いただけます。しかもこちらで購入して頂いた方には中屋さん(前回説明してませんが、ナスカ・カー中屋さんです。)のコメントによると、
こちらでは消費税&送料サービスで、オマケに「多分、これはこういう意味だろう』と私が勝手に解釈したNasca Car MIXCDR番外編Vol.5とジャケを模したステッカー付きの大盤振る舞い!
ということになっております。もしよろしければ、どうぞ宜しくです。

さて、前回書き足りないmobile suiteの話ですが、前回、主にこのCDを一人で作った理由を書きましたが、今回はなんで作ったか、ってことをざっと紹介します。なんでかっていうと前回も書いたこととかぶるのですが、要は、演奏するのに大変なことを一人でやってしまえ、ということです。普通バンドでは曲を作ったら、楽器を演奏する人全てに、必要な情報を伝えなければ合奏できません。例えば、拍子だったり、コードだったり、メロディだったり、もっと深く言うと、リズムやフレーズのニュアンスや音色など。それを全部伝えたりするのは大変なので一人で作ったのですが、逆を言えば、拍子やコードを伝えるのがとても面倒くさい音楽を作りたかったのです。

普通の音楽、とくにポップミュージックやロックってのは、だいたい、同じことを繰り返したり、いわゆる常套句的な音の動きをするものです。なので、人それぞれではありますが、簡単な曲は一度聴けばもう2回めから演奏できてしまいます。私がやってみたかったのは、単純な繰り返しではなく、音の動きに脈絡がないもの、かつ音楽的なものをやってみたかったわけです。別の言い方をすれば、ぱっと聴いただけじゃよくわからないけど、ちょっと頑張れば演奏できる、みたいなことです。なので、それは自分一人で演奏したほうが好都合なわけです。そして録音の手段も練習しながら、上手く出来たらもうそれでOK!という方法が良いと思ったので、つまり通して間違えず演奏できなくても作れる方法をにしたかったので、自分で録音することにしました。

作曲はつまり、コンセプトとしては、脈絡があまり無いものにしたかったので、普段は余りやらない方法だけど、基本的には曲全体を聴かずに作曲してる部分が多いです。前の小節だけ聴いて、曲を作っていく・・・みたいな。
そうすると、作ってる本人でさえ曲の全体像(というかメロディやコードの流れ)がわからないまま作ってたりする部分が結構多いわけです。これが面白かったわけです。
そして、この方法で作るために、基本的にはほとんど全部シーケンサーで曲を作りながら記録して、それをあとで楽器で演奏しなおしました。なので、ほとんどの楽器は打ち込みの差し替えです。(のちのちナスカ・カーの「最新録音盤」を作ってる時もこの手法が多かったのは偶然ではないと思います。)

さて、そういうわけでこのアルバムを作るのにとても重要だったのが、当時使ってたMacBookです。ほとんどそれ無しでは(私には)出来ないことをやってたので、これはMobile Studio的な作品だなと思って、Mobile Suiteっていうタイトルを考えた・・・そうだったはずです。実はよく覚えてない。

ちなみにどうでもいいことです、MacBookで、打ち込みは全てLogicでやっていました。当時(2008)はLogicを使いこなしてました。で、段々もういやになって、ミックス(2015)はReaperでやりました。といっても2008年にミックスまでLogicでやってあったのですが、ちょっと差し替えたり修正したりするのに、もうLogicを使う気がなくなってしまったので、いちいちトラックを書き出してReaperでミックスしました。
さて、今回は一つも画像が無かったですが、この調子で、まだ実は書きたいことがあります。なので、また続きます。

6134

mobile suite の話 vol.1

NCR-002.jpg
この?なキャラクターのジャケットで来月CDが出ます。私の初のソロということも出来るんですが、私にはそんな感覚はなく、2008年にやってた音楽の未発表アルバムをリリース!という感じです。2008年に私はふとしたことから、この音楽を作りたくなり、アルバムぶん録音しました。で、要はこの時に、一人で全部やることにしたかったので、ドラムやベース、ギター、キーボードという普通にたまに演奏する楽器を全部自分で録音しました。感覚的には、この音楽をやるバンドをやった、みたいな感じだけど、結果として自分しか参加してないバンド・・・みたいなことです。

最近になってジム(オルーク)が冗談でよく言う「絶対須藤」っていう私しかバンドメンバーがいない架空のバンドがある(?)のですが、まぁ、つまりそれなわけです。2008年盤の「絶対須藤」なわけです。で、新バンド「絶対須藤」、メンバー須藤俊明(G),須藤俊明(B),須藤俊明(Dr),須藤俊明(Key)ってやっても良かったんですが、なんとなく、自分の名前の名義にしてみました。普通、私みたいな歌も歌わない、インストゥルメンタリスト(?なんかの楽器に特化した演奏家って言いたかった)でもない人は、自分の名前のアルバムって無いんですが、なんとなくそれもいいかなと思って、自分名義にしました。

つまり、2008年の私の他にメンバーがいなかったバンドです。アルバムタイトルがmobile suiteなんですが、バンド名がmobile suiteでも良かったんです。ところでこのCDの情報として、今参加してる石橋英子、ジム・オルーク、前野健太、ヤマジカズヒデのベーシスト、みたいなことになっちゃってるんですが、もちろんこの頃(2008)は、そんなことはありませんでした。2008年って、つまり、2007年にMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSの活動が止まってしまい、急に自分のやりたい音楽をやる機会がなくなってた時なんですね(今気づいた)。その頃henrytennisに参加してて、まぁ簡単に言うと、henrytennisと違う自分のやりたい音楽を作りたかったんですね。henrytennisは音楽が好きで参加したんですが、やはり無茶な曲を作ると演奏できないし(当たり前ですがw)、基本がシンプルな音楽でありながらの高揚感、カッコよさを求めてるバンドであったので、私がやりたかったトリックを使って曲を作るというようなアイディアは実現出来ませんでした。っていうか採用されませんでした。なので、自分ひとりなら無茶な音楽でも誰にも迷惑かけずに作れる、と思ったんじゃないかな。もう覚えてないけど。

そう、このアルバムは、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSが無くなって(今はあるけどね!)、自分のやりたい音楽を作ったりアレンジしたりという場を無くしたので作ったんだね。今、そう思った。

さてそのアルバム「mobile suite」が来月3月18日に発売になります。いやー、結構昔の録音だし、どうかとは思ったんだけど、結構頑張って作ったからカタチに残したかったんだよね。ホントこれを出してくれる中屋さんに感謝してます。作ってから5年経って聴いてみたら、やらなきゃ良かった・・・みたいなことがたくさんあるんだけど、簡単に良くなりそうなところだけ少し直して、完成させました。書きたいことが沢山あるので、今後このことばかり書いちゃいそうだけどね。また続きは次回。
あ、そうか!amazonがあるからリンクが貼れるんだ!

6134

ドラム・セッティング

ライブのリハーサルの時、写真を撮ってみました。
IMG_4293.jpg
なんか、薄々気づいてはいたんですが、ミュートに使ってるタオルが客席側からだとかなり目立つんですね・・・自分から見るとほとんど見えないのですが。今日はFOOLSのドラムのやっちゃんさんとこの話をしたのですが、私はガムテープとかでミュートするのが面倒くさいのでタオルを洗濯バサミ的なもので挟んでとめてるんですが、客席側から見ると結構ひどいですね・・・達久くんは薄手の布を綺麗に折りたたんで、テープでとめたりクリップでとめたりしてたんですが、私は、ハンドタオル&洗濯バサミ(というか、本当はバネクランプ)と、なんか雑なのかも。昨日もらった奇形児のトートバックを次回からミュートに使うかも。
さて、急にライブの話をしますが、今日はわりと丁寧にドラムのチューニング&セッティングをしたようなしてないような・・・で、やはり全然叩きやすい。この前のような失敗(オープンリムのかかり損ない)もほとんどなかったと思う(厳密には曲中ずっと浅くリムをかけて叩こうとしてる曲は多少当たりハズレがあった・・・)。まぁ、全体の演奏がうまくいった、とは言わないけど、余計な失敗は少なかったかも。でもですよ、やはりZenのシンバルはZenのシンバル・・・ハイハットとか、ライド、クラッシュ全部、やはり叩いててリハーサル(スタジオ)の時のような(普通のシンバルの)音は出ない。っていうか、16″のクラッシュはある程度以上の音が出ないし、18″のほうにいたっては、かなり割れてるけど、なんか割れてても割れてなくても大して変わらないんじゃないの?っていう印象。交換してもらう気にもなれなかった。
ところで、なんとなくカメラを構えたら、ポーズをとってくれる、我らがスーパーベーシストの写真も勝手にアップ!
IMG_4292.JPG

6134

奇形児

日付が変わって今日になってしまいましたが、「奇形児」のライブがあります。
reddyed.jpg
なんと、EARTHDOM9周年?私がよく着てるT-shirtsにEARTHDOM 5thって書いてあるTシャツがあるんだけど、たぶん奇形児で出演した5周年にもらったんだと思うんだよね。ってことは、もう奇形児4年もやってるのかな?と思って調べたら、確かに2010年の夏に入ってるので、もう4年超えてました。
IMG_4288.JPG
さて、今日(昨日だけど)は珍しくリハにスネアを持って行きました。最近の失敗・・・本番になるとスネアの高さが変わって叩きづらい・・・というのを解消するために、今日からもう本番で使う予定のスネアでリハーサルしました。しかし、スネアを変えると面白い。タムやフロアタムもいつもと違う感じにして、いい感じの音でリハが出来ました。でも、明日(今日)はまたライブハウスのドラムなんで、そううまくは行かないんだよな・・・そもそもEARTHDOMはシンバルがZenだし・・・
まぁ、でも明日(今日)はベストを尽くそうと思います。よろしく!

6134

井手健介と母船

日付が変わって今日になってしまいましたが、「井手健介と母船」のライブに参加します。
2/11水祝 東高円寺UFOclub
■The Silence(馬頭将器+荻野和夫+JAN+吉田隆一+岡野太)
■井手健介と母船(井手健介+山本達久+須藤俊明+羽賀和貴+ジュネーヴの4時)
■マリアハト(mmm+柱谷+高橋洋成)
OP18:30前売¥2500+D
ご予約0353060240
前にも書いたんですが、普段は墓場戯太郎がベースを弾いてます。墓場戯太郎こと池部くんが仕事でどうしても出来ないので参加してますが、池部くんのベースが素晴らしいので、かなりコピーしました。そして井手くんの曲も素晴らしいです。もう歌えるくらい(替え歌できるくらい)馴染んでます。
羽賀くんのギター(サウンドに注目)、ジュネーヴさん(ジュネさんて呼んでいるけど、ホントはそう呼ばないほうがいいと思ってる。)のアコーディオン&コーラスもスペシャルです。とりあえず、知らない人はチェックしてみてください。
今日のライブはいいライブになると思います。まだ間に合う人は是非来てください。出番が最初なんで、早めにね。
あ、今年、達久くんとのリズム隊、初ライブだ!今年もよろしく!
あ、それと私、人生初のUFOクラブでのライブです。自転車で行きます。

6134

『新選組オブ・ザ・デッド』

8日、Zombie,Don’t Runのライブ、無事終了しました。見に来てくれた人、ありがとう!2/4にいくらか内容を書きましたが、映画『新選組オブ・ザ・デッド』(4/11公開)のサウンドトラックのために作らたバンドの初ライブでした。もともと同じメンバーで大江慎也さんのバンドthe cuttersをやってたわけですが、高橋浩司さん(HARISS,The Everything Breaks,THe COMMONS,DQS)ドラム、ヤマジさん(dip)ギター、私ベースなのですが、もともと大江さんのバンド、初めた瞬間だけ私、キーボードでした。なので、今回はサウンドトラックってこともあり、私はベースとキーボード両方やりました。気分はゲディ・リーです。まぁ、歌いはしませんが。で、ラッシュみたいなバンドなのかっていうと、全然そういうわけではなく、このバンドのコンセプト(?)は、高橋さんが「ゾンビっぽい」って言ったらOK、という感じだと私は思っています。そんなわけで、サウンドはロックあり、不穏な感じあり、でも曲が主張しすぎない(?)という感じだと思います。そして、結構ゾンビっぽくなってるらいしいですw
で、セットリストをヤマジさんがツイッターでアップしてたのでここに貼ります。
setl.jpg
さて、この適当な曲名も私は結構気に入ってます。実は、映画『新選組オブ・ザ・デッド』で使われてるのはこのレパートリーのうちの2曲だけなのです。ほかは、使われなかったバージョン(というかかなり変えたアレンジで使われてる)と、使わなかった曲(映画に合わなかった)です。ちなみに、映画の中のバナナマン日村勇紀さんの役名が屑山下衆太郎(くずやまげすたろう)なので、それにちなんだ曲名が多いです。
そして分かる人には分かる、最後の曲はカバーです。本家『ゾンビ』のサウンドトラック、ゴブリンの「ゾンビ」!これはもちろん高橋さんのチョイスですが、実はやってみると凄く難しい!でもメチャメチャ楽しいし、ヤマジさんや高橋さんのサウンドになるし、私は頑張ってキーボードとベースをやりました。これ、みんなに聴いて欲しいです、Zombie,Don’t Runの”Zombi”カバー。
ちなみにオリジナルはこちら。

さて、映画で使われてる曲は2曲しかやってないんですが、映画ではほとんどの音楽がZombie,Don’t Runの演奏です。主題歌はサンボマスターさんです。他にもちょっとだけ他の音とか使われてますが、途中の効果音とか、私のベースやヤマジさんのギターが沢山使われてます。そして、なんと映画のメインテーマ、これも実はライブではやってないです。(リハーサルしてみたけど、ライブに合わないし、楽器が足りない!)なので、映画楽しみにしててください。これ、結構自信作ですw 
というわけで、公開まで楽しみにしててください。
SOTD.jpg

6134

ウミネコカレー、オープン!

今日、2月6日に西永福でウミネコカレーがオープンします。ウミネコカレーの説明をわりと無駄に長くしてみたいと思います。
店長の古里おさむ君に初めて会ったのはたぶん2004年、当時私はHARCOのベースで、CLUB QUEで対バンだった古里おさむくんのマネージャーがちょっと前からの知り合いで(といいつつ、もう完全に忘れた・・・)、普段対バンに全く興味を持たない(ってほどでもないけど)私もなんとなくおさむくんを覚えてたんですが、翌々年の2006年にちょっとした縁で、おさむくんがその頃やってたバンド「ウミネコサンライズ」のレコーディングを(エンジニアとして)することになり、しかも私の実家のALIBABA STUDIOに何度か来てもらってアルバムを完成させたのでした(といってもボーカルは日向さんやおさむくん本人が録音した)。その時にコテくん(ドラム)とも会いました。そのアルバムは結局リリースされませんでした。
今度は2007年ころから「ウミネコサンライズ」のメンバーがどんどん変わっていき、私もたまにヘルプ的に参加するようになりました。最初の1回だけドラムだったけど、あとはベースで。そうこうしていくうちに、2009年には、またレコーディングをすることになり、今度はベーシストとして数曲参加しました。それが「夕焼け」で、この時にバンド名がウミネコサウンズに変わりました。まぁ、メンバーが抜けていってしまったんだよね。なので、これ以降、メンバーがかなり流動的で、私がベースだったりキーボードだったり、golfの関根卓史くんがキーボードだったり、メカネロの林くんがベースだったり、コテくんがドラムだったり、もっ(森信行)くんがドラムだったり、water water camelの田辺玄くんがギターだったり、シャムキャッツの藤村くん(ds)と菅原くん(g)だったり、あと他のパターンあったっけ?まぁ、そんなこんなでした。
で、2011年からヤマジさん(g)、コテくん(ds)、私(bass)の固定メンバーでuminecosoundsになったわけですが、カレーの話関係ないのにこんなに長く書いてしまった。
で、結局のところ、おさむくんがいつからカレー屋なのかわからないのです。知り合った頃、というか2006年の頃は、確実にカレー屋ではありませんでした。どっちかというとコーヒー好きのイメージ。uminecosoundsになった頃はもうカレー屋だったのかな?カレー屋と言っても、新宿にある草枕というカレー屋の厨房で働いてたわけです。ちなみに、ウミネコサウンズの「夕焼け」が出来たころ、まぁ、私もサポートだったし、おさむくんのことを個人的に良く知ってるわけではなかったんですが、私が当時たまに行ってた笹塚のカレー屋さん「エムズ・カレー」に行ったら、入り口のところにフライヤーが貼ってありました。なんで?って思ったんだけど、その頃からおさむくんはカレー屋にシフトしていったんでしょうか。
uminecosoundsになってしばらくして、ヤマジさんがおさむくんにヨシノトランスさんを紹介したのを覚えてます。おさむくんはヨシノさんにインド旅行の話を聞いてた記憶があります。その後、おさむくんはインドに行くようになり、現地でカレーを勉強しに行くようになりました。もうどれだけ行ったのかわからないけど、かなりあちこちにインドに修行に行ってるはずです。
ここ最近はumincosoundsのライブは「ウミネコカレー」という名前でおさむくんがカレーを作って会場で販売するカタチになりました。それはuminecosoundsのライブに限った話ではなく、他のイベントにも出店するようになってました。そして、なんかわからないけど、スペースシャワーの番組のカレーの関係でスペシャ(TVなの?)にも出るようになったようです。(見れないから、わからないんだけどね!)
そのおさむくんがついに、去年の暮れから自分たちで内装をやった(というかツバメスタジオの君島さんがかなり手伝ったw)、実店舗、ウミネコカレーが西永福に今日オープンなわけです。
ちなみに一昨日、ヤマジさんと2人で食べに行った写真がこちらです。
IMG_4261.JPG
まぁ、これです、っていってもなんですが・・・とりあえず、これはチキンとポークのあいがけです。メニューは他にベジがあるようです。西永福の北口(だと思う)を出て商店街を井の頭通りに向かう途中のすき家があるところを右折して、たぶん3件目です。徒歩1分以内くらいです。まぁ、今日はオープンで混んでるかもしれないので、のちのち、行ってみてください。私もそのうち行きます。
おさむくんが真剣にカレー作ってるはずです。カレー作るのが大好きみたいです。
えーと、詳しいことわからない、けど、11:30-15:00と18:00-22:00だっけかな。定休日あったかな?カレーは900円くらいだった気がします。連絡先はこちら。といいつつ、今は忙しくてテンパってると思う。

6134

Zombie,Don't Run

2月8日(日)
@ザーザズー代々木
“ROCK the MIRROR BALL 2015 < 1st quarter >”
出演 wilberry / VIOLETS /
Zombie,Don’t Run(高橋浩司、須藤俊明、ヤマジカズヒデ)
開場 18時30分開演 19時00分
前売 2800円(1D別)
さて、もうすぐこのバンドのライブです。初ライブです。メンバーは2013年の暮れに大江慎也さんのバンドメンバーとして集まった3人、shinya oe and the cuttersのthe cuttersってことでしょうか?その3人で新たな試み!というか、ゾンビ好きの高橋さんの縁で、4月に公開されるバナナマン 日村主演映画『新選組オブ・ザ・デッド』のサウンドトラックをレコーディングしたのですが、そのバンドでついにライブもやることになりました!
高橋さんは相当ゾンビに詳しいのですが、私もヤマジさんもたぶんゾンビには詳しくないです・・・でも最近私はゾンビものの映画を見てみたりしてます。
さて今日はそのバンドでリハーサル。初めていくリハーサル・スタジオで、リハーサルもかなり楽しかったです。とにかく、ヤマジさんや高橋さん、私も含めて、今までの他のバンドと違います!ライブがどうなるかわからないのですが、かなり楽しみです。あまり語ってしまうとネタばらしになるので、とっておきますが、この3人だから出来る面白い音楽です。
で、久々に、私の機材。
IMG_4256.JPG
まぁ、これバラしてるときに撮った写真ですが、久々に左に写ってるRoland FC-200を使います。これライブで使うのいつぶりだろう・・・たぶん3年ぶり?久々に出したら電池ケースのところが腐ってしまってたけど、ちゃんと動きました。電池は抜かなきゃね!もう電池は入れません。さて、このバンド、次のリハで更なる展開を計画中。ライブがどうなるか、ホントに楽しみ!

6134

ABP

このあいだ、というか一昨日の書き込みの時に気づいたんだけど、最近自分のブログにアマゾンの画像(リンク)をはると表示されないということが多くて、なんでだろう?って思ってたんだけど、ふと他のブラウザで確認したらちゃんと画像が出てる・・・つまり、普段使ってる(ブログを書いてる)ブラウザだと表示されないということに気づきました。そして、その原因が機能拡張のABPというものだったことにも気づきました。
how-adblock-plus-works.png
ABPってこういうやつなんだけど、私が普段使ってるブラウザ(google chrome)の機能拡張で使ってるんだけど、これがすごく便利。ABPってadblock plusってやつなんだけど、これを使うことによって、とりあえずYouTubeの広告が消せる。というか、これだけのために使ってるけど、ホント便利!YouTubeって広告が出るようになった時に、使いづらくなって残念だ・・・と思ったけど、だれか広告が出ないようにしてくれるんじゃないかなと思って調べたら、それがABPだった!よくわからないけど、設定することによって、広告を消せるだけじゃなく、いろいろな表示も消すことが出来る。なので、私はYouTubeは、とにかく邪魔なものを全部消していって、間違えて必要なものを消してしまった時に元に戻す、という方法で、かなりスッキリした画面になっています。一時期やりすぎて、何も見えなくなってしまったけど・・・
という、使いこなすととても便利と思われるABPですが、私のブログに関しては、amazonのリンクが広告扱いとなってしまったため、表示されなくなったわけでした。まぁ、広告扱いというか広告なのですが。
でも、簡単にそのサイトだけABPを外すことが出来たので、今では問題なく使えてます。
ところで、iPhoneでもよくYouTubeを見るのですが、これは仕方なく広告を見たり待ったりしてます。iPhone用のABPみたいなものも調べたことあるんだけど、よくわからなくて。iPhone使いこなせなくて・・・
というわけで、誰か知ってたら教えて下さい。
あ、書いてた目的は、もしABPを使ってこのブログを見てくれてる人がいたら、ABPをこのサイトは外してください。amazonの広告が無いと、意味の分からない文章を書いてる時がいくらかあります。
ちなみにサイトに広告らいしい広告はありません。ジャケをクリックするとアマゾンに行けるようにしてあるだけです。(一応アフィリエイトになってるけど、売上は2年で40円しかない。)

6134

2月のライブ

今月のライブのお知らせです。
2/8 Zombie Don’t Run (ヤマジカズヒデ、須藤俊明、高橋浩司) @ 代々木zher the zoo w./wilberry,VIOLETS
2/11 井手健介と母船 @ 高円寺UFO クラブ w./The Silence,マリア・ハト
2/14 奇形児 @ 新大久保 EARTHDOM w./鉄アレイ,HAT TRICKERS
もういっこあるんですが、それは後日。
8日は渡辺一志監督、バナナマンの日村勇紀が主演する映画『新選組オブ・ザ・デッド』のサウンドトラックのために結成されたバンド、Zombie Don’t Runの初ライブです。初ライブっていうか、続くんでしょうか?ちなみに映画は4月11日(土)に東京・新宿バルト9ほかにて全国公開です。今までに無い、サウンドトラックのためのバンドです。ライブが良いかどうかはわかりませんが、今までにやったこと無い感じのバンドではあります!なので、かなり楽しみだし、もしかしたら二度と出来ないかもしれないので是非見に来てください。
11日は、井手健介と母船です。初めて参加します。井手健介[vo/g]、山本達久[drs]、須藤俊明[b]、 羽賀和貴[g]、 ジュネーヴの4時[cho/acc]というメンバーです。普段は墓場戯太郎がベース弾いてます。珍しいライブなので、是非来てください。
14日は、奇形児、ドラムです。過去にLOUDSや奇形児で、沢山バンドが出るイベントでご一緒してる鉄アレイ、HAT TRICKERSが対バンですが、今回は3バンドなので、たっぷりやります。奇形児初めてだよ〜って人も是非!
さて、あとひとつは18日です。よろしく!