6134

ベスト・オブ・フィジカル・グラフィティ2枚目


最近ブログを書いてないですが、前々から書きたかったことを書きます。事の発端は、「もう死んだ人たち」のバイオリニスト、「ストラディバリウス」こと波多野敦子さんが、Led ZeppelinのPhysical Graffitiってあまり二枚目を聴いてない・・・という話をしたのですが、それってどういうことかというと、二枚目には代表曲が入ってない、という話だったのです。私は、そんなバカな・・・と思ったのですが、確かに考えてみると、わりとよく話題に出る曲は1枚目に入ってる。で、「二枚目って目玉曲が無いよね?」みたいなことを言われた時に、「何をおっしゃる!ワントン・ソングがあるじゃないか!」と言ったんですが、どうも波多野さんはワントン・ソングを把握してないらしい・・・
ちなみに、私はLed Zeppelinのヘビー・リスナーではないですが、フィジカル・グラフィティはZepの中でも、おそらく1番か2番に好きなアルバム。そして、そこそこ良く聴いてたアルバムなのですが、確かに全体的には覚えてない曲(曲名がパッと出てこないレベル)が幾つかあるなぁ・・と。で、よくよく考えてみたら1枚目は全曲、ぱっと曲名だけで曲が思い出せるけど、2枚目には思い出せない曲もある。そんなわけで、ここ数日は、フィジカル・グラフィティの2枚目だけ聴く、というのをよくやってみました。時には友人も巻き込んで・・・
そこで、今日は私の中のフィジカル・グラフィティ2枚目ベスト10を発表します。(どーでもいいですね)
第一位 The Wanton Song
 間違いなく2枚目で一番好きな曲。なんといってもシンプルでメチャメチャカッコイイ、ジミーのリフ。そして、ボンゾの特徴が最大に生かされたドラム・パターン。そして、なんとも凄いことに、「サビに歌がない」という革命的な曲!(あそこをサビだと思ってるのは私だけかもしれないですが・・・)それにジミーにしては珍しい(?)ディミニッシュ系のコードを使い、ちょっとオシャレ。間違いなくナンバー・ワンです。
第二位 Down By The Seaside
 この曲は、ツェッペリンにありがちなミドルテンポな曲ですが、一番好きなのは後半のテンポチェンジの瞬間。でも前半の曲もエレピもギターもとても好きな演奏。
第三位 Night Flight
 個人的に音楽の好みだけで考えたらIn The Lightが三位かと思ったんだけど、なんか、わりと個性のないこの曲、癖になるんです。ツェッペリンにしては珍しくオルガン・メインの曲。その他ギターやドラムのアイディアはツェッペリンにしては普通の曲。とくに、ストーンズかよ!って突っ込みたくなるようなギターで5度6度を行ったり来たりするお決まりのフレーズも出てくる。でも意外に好きな曲。次の曲へのつながりがカッコいい。(次の曲がカッコいいだけかも)
第四位 In The Light
 そういうわけでこっちが4位。この曲はシンセが活躍する曲。なんかツェッペリン・ファンに言うとガッカリしてしまうかもしれないけど、Blackmore’s Rainbowみたい。でもボーカルのエフェクトやドラムのテンポなど、とてもツェッペリンらしい。ちょっと癖のあるリフもとてもジミーらしい。中期以降のツェッペリンの良さが沢山ある曲だと思う。初期に通じるギミックも沢山あるし。ハードロック部分じゃないチェンバロっぽいパートがいい曲だ。
第5位 Sick Again
 ココらへんはもうだいぶ順位は関係ないかも。この曲はハードロックだし変拍子だし、ツェッペリンの面白い方面の曲だと思う。一枚前だとOceanの役割というか。他の名曲に追いやられ、あまり印象がない曲だけど、ボンゾのバカみたいな8分音符連打のキックは聴きどころだと思う。
第6位 Ten Years Gone
 もう正直ココらへんから曲名言われても曲が出てこない。でもこの曲は結構好き。ジミーはこの頃きっとオシャレコードに、はまっていたんだろうと思われる。ドラムがすぐに出てこないアレンジがツェッペリンの良さだと思う。歌いだしとか声がちいさくて雰囲気が最高にいい。
第7位 Black Country Woman
 この曲とか、普段聴かないし、たまに聴くといいよね〜的な曲だと思う。ツェッペリンのアコースティック方面っぽい曲想だし。しかしこの曲、昔、拍の頭がずれたまま聴いてたなぁ・・・いつのまにかなおってしまった。そしてこの曲の好きなのは途中で出てくる四つ打ちのキック!四つ打ちの名曲ベスト・テンに入れたいナイス・ドラム。すごい影響を受けてる。これって、ジョンジーはマンドリンとかそういう楽器を弾いてるのかな?ベースが入ってないような。たぶんブルース・ハープはパーシーのオーバーダブだろうから、ベースを入れてないのはわざとだってことだよね。
第8位 Bron-Yr-Aur
 曲のクオリティからいけばこんな下位じゃないけど、やはり曲名とか印象に残ってないので、こんなものか。しかし、ギターソロ曲だと思うんだけど、聴き直してみるととてつもなく音が凝っている。ジミーの演奏も素晴らしいと思う。で、エフェクトも素晴らしいと思う。
第9位 Boogie With Stu
 これ、なんなんだろう。面白いっちゃー面白いけど、ツェッペリンのクオリティではないような気がする。個人的にはイアン・スチュワートも特に好きではない。
第10位 
 9曲しか入ってないでしたね。

6134

今月のライブ

次のライブは
uminecomomo12-2.jpeg
12/12/12(水)『第6回 ウミネコ集会』
今年最後のウミネコ集会
ゲストは百々和宏と見汐麻衣(デュオ)!
セッション有!もちろんカレーも有!
open19:00 / start19:30 前売¥2,200 / 当日¥2,500(ドリンク別)
出演 uminecosounds
ゲスト:百々和宏と見汐麻衣(デュオ)FOOD:ウミネコカレー
チケットぴあ182-270ローソンチケット74064イープラス
O-nest 03-3462-4420
というわけで、奇跡的に12が揃った日に、今年最後のuminecosoundsのライブをやります。とりあえず、来年の予定もないので、決まってる最後のライブです。見たことない人、是非見に来てください。ゲストにモーサムトーンベンダーの百々さんが出ます。それと、名前(噂)だけよく聞いてる見汐麻衣さんが出ます。会うの楽しみです。
そして次の日はヨシノトランスさん、spiritjackさん、横山玲さん、私の四人でのmotherskyのライブです。
12/13(木)新大久保EARTHDOM
EARTHDOM PRESENTS
・MARBLE SHEEP
・MOTHER SKY
・川口雅巳ニューロックシンジケイト
・幾何学模様
マーブルシープってドラム、イワモーターとか早川さんかなぁ?このあいだ一緒にやった川口さんともまたご一緒!楽しみです!
と、この2日連続でヤマジさん、ヨシノさんとライブをするんですが、ついこの間ヤマジさん、ヨシノさん、私(ドラム)の3人でやったセッションライブがYouTubeにアップされてるので紹介します。


紹介しますとか言っておきながら、その場の雰囲気で楽しんだライブだったので後から見るのは恥ずかしいので、ちらっとだけ見る程度で見て欲しいですw下の、その2の方がまとまってる感じですね。その1の方は、ホント適当・・・ドラムの話ですがw
そして今年最後のライブは、奇形児、大阪でライブです。
12/16(日)大阪 心斎橋King Cobra
■公演名 : 『BLACK LODGE』
■出演者
●Live Band:
・奇形児
・S.H.I
・Technocracy
・FRAMTID
●DJ:
・SHIGA-CHANG
・MINAMI
開場 18:00 開演 19:00・ADV.1,800 ・DOOR 2,300
■チケット取扱い店舗・KING COBRA : 06-6211-2875 http://king-cobra.net/
というわけで、奇形児初の大阪ライブです。対バンのS.H.IにはTHE RUDE BOYSの玉井さんがいます!会うのが楽しみです!
と、ライブ予定を書いてたら、馬鹿みたいに「楽しみです!」とばかり言ってるなぁ、私。

6134

DVDレンタル



スモーキング・ハイとドッジボール、わりとどちらも最近みた映画・・・というかDVDですが、私にとってはある共通点があります。とりあえず、引っ越してからテレビは見ないことにしたので、唯一の娯楽、というかテレビをつけてすることといえば洋画を見ることなんですが、とにかくDVDの旧作レンタルは安くて楽しい!もっといい方法もあるだろうとおもうけど、引っ越してから、近所のGEOとTSUTAYAに行ってガンガンDVDを借りてます。そして、ほぼ洋画なんですが、またその内の70%くらいはコメディを見てます。まぁ、昔からコメディしか見ないんだけど、むかし見てたサタデーナイトライブ(SNL)のメンバー達の映画と違って、最近のSNLのメンバーや定番のコメディアンの映画を見ることがとても多いです。その中でもよく見るのは、セス・ローゲンとベン・スティラー!このふたりは、私にとっては大体はずれがありません。
で、この2本の映画ですが、別にセス・ローゲンとベン・スティラーが共演してるわけでもなく、これといった共通点があるわけでもなく、私もたぶん9月ころみたものと11月ころにみたものなのですが、私にとっても共通点というのは、いままで借りたDVDにデータのエラーが出たのがこの2本だけなんです。たぶん傷とかそういうものだと思うんだけど、とりあえず、普通に見れてるのに途中でDVDが止まっちゃって、パソコンに入れてみてもダメージ・データみたいなこと言われたり・・・そんでもって、凄い困るので、しょうがなく少し先に飛ばして再生してみたり、パソコンでわりとなんでも再生してくれる動画プレーヤーで再生してみたり、色々苦労しながら、なるべく見える場所だけでもみて、最後まで一応を見ようとするんですが・・・まぁ、どちらも最後は見れたし、話も大体わかった、でもどちらも見れてないシーンが数分はあるんです・・・これが、凄い悔しい。
とりあえず、DVDを返しに行った時、取り寄せてもう一回みるか、返金するか、どちらかを選ばなければなので、面倒臭いので返金してもらうんですが、たったの100円返金してもらうだけなんですよね。なんかわざわざ借りに行って2時間かけて楽しんでみて、映画は楽しいのに最終的にはディスクの傷のせいで不完全な満足になってしまい、ちょっと残念な気持ちになって、謝られて100円渡されるのがなんか納得いかない。
でも自分がビデオ屋でバイトしてた時も、ほとんど同じ対応だった。思い出してみると、言われない限り返金はしてなかったけど、代わりに別のビデオを(タダでというかその料金で)借りていってもらってた。なんか、他の映画が見れるなら、得かなぁと思ってたけど、そうでもないね。お金返してもらったり他の映画見たりしても、見れなかった残念感は残るしなぁ・・・
また何年か経って、これらのタイトルをまたレンタルするかもしれない(なんせ私は見た映画の内容をほとんど忘れる)。その時はデータのエラー無しで、ちゃんと見たいなぁ、と思うくらいこの2本の映画は面白いです。あ、そもそもドッジボールは見るの二回目だった!

6134

私インタビュー

http://www.cinra.net/column/ongakuriyu/ongakuriyu03-1.php
uminecosoundsの全員インタビューの一環で私のインタビューがCINRA.netに載りました!このあいだのベース・マガジンといい、珍しく私なんぞのインタビューというものが世に出る今年でした。もう死んだ人たちやuminecosoundsのお陰です。
このインタビューの日、同じ場所に(古里)おさむくんがいたんだったかな、シンラの柏井万作くんもいて、その状況で初めてお会いした金子厚武さんという方にインタビューしてもらったんですが、ちなみに、この次の日くらいにもう死んだ人たちのインタビューも金子さんにしてもらいました。と、まぁ、その場では質問してもらっても、まともに答えられない・・・そんな感じで、自分ってなんて言葉に出来ない奴なんだろうと思っていたのですが、このあいだこの原稿をみた時、「金子さんすげー!」って思いました。よくあれだけ喋れてない私からうまく話を繋いでくれました!私は完全に意味がわかるし、ほとんどその時思ったことを書いてくれてる気がする!まぁ、その時思ったことだけど・・・
自分で読み返してビックリしたのが、紙コップの件!こんな事言った!コレ分かりやすい例えになってるのだろうか?でもうまく文章にしてくれたので、私にはよく分かる!と思うので、もしよかったら是非2ページ目まで読んでください。その他、読み返して思ったことは・・・まず最初のメンバー同士見る見ないの話は、WATCH OUTの話です。少女時代の話はたまたまハジメ(ガネ)君に聞いた少女時代のアレンジの話を思い出して言ったのでした。着ているTシャツはTHE RUDE BOYSです。
その他補足・・・曲の長さの話は2秒とか言っちゃったけど、ホントは10秒とか30秒の話だったと思う。2秒くらい余韻の長さで変わっちゃうしね。あと、色々バンド名が書いてあるんだけど、これは自分で言ったのか調べてもらったのか覚えてない。THERMOやnasca carが無いけれど、言い忘れかも知れない。あと、そこに書いてあるバンドで、LOUDSだけは辞めたので、現メンバーではないです。
最期まで読んで思い出したけど、uminecosoundsの初のアナログシングルが出ます。
jacket2.jpg
uminecosounds
『まちのあかり』(12inchアナログ盤)
2012年12月17日発売
価格:1,575円(税込)
ROOM FULL OF RECORDS / RFOR004
[SIDE-A]まちのあかり
[SIDE-B]まちのあかり(Crystal Remix)
全然しらなかったけど、クリスタルさんという方は(((さらうんど)))っていうユニットの人なんだそうです。ずっと前からアチコや鬼くん(カシーフ君?)がつぶやいてる、私がずっと「皿うどん」だと思ってたユニットの方です。しかも「(((  )))」は、お皿を表現してるのかと思ってました。みんなそう思ったりしなかった?
曲はこれです。

これ貼るの二回目?だよね?