6134

急に決まったライブ

ライブのお知らせ!
12/3(月)@原宿 CROCODILE
★水晶の舟duo/紅ぴらこ(g/vo)、影男(g)
http://www.suishounofune.jp
★ヨシノトランス(シタール)+須藤俊明(dr)
Charge: ¥2,000
19:30~
というわけで、急にライブが決まりました。一週間を切ってる状態でライブが入るって、いったいどういうことなのだろう???謎です。でもヨシノさんに誘ってもらってライブやります!ドラム叩きます!10月末にヨシノさんとspiritjackヒラノさんによるユニットmotherskyに参加させてもらってライブをやりましたが、今回はヒラノさんも前回ベースの横山玲さんも参加できずで、おそらく二人だけの演奏になると思います。ドラムとシタールの二人組の演奏って・・・個人的には友人のバンドContiを思い出さずにはいられないんですが、どうなるかサッパリわかりません。でもすごく楽しみです。対バンの方は知らないのですが、ホームページをみる感じ、限りなくダークですね。というか灰野さんっぽいんですが、ゆかりがある方なのでしょうか。
そもそもこれまた、クロコダイルというお店に出るのが初めてです。ほんと、東京の老舗だと思われるんですが、今までは全く縁もなく・・・過去に一度だけチコヒゲさんのライブを見に行ったことがあります。あれ?そんな事あったかなぁ?記憶が曖昧。加奈崎さんのライブだったかな?

6134

もう死んだ人たちツアー

石橋さんともう死んだ人たち、ツアーが始まりました。
16日はジム・オルークとレッドゼツリンのライブです。
2012.11.14 (wed) OPEN/START 18:30/19:00
VENUE オリエンタルホテル広島 3F 天使のチャペル 3F
ADV/DOOR ¥4,000/¥4,500(税・サ込) クラブオリエンタル会員料金:¥3,700/¥4,200(税・サ込)
LINE UP 石橋英子 with もう死んだ人たち
TICKET 2012.10.1発売 オリエンタルデザインギャラリー 082-240-9463(直)受付時間 11:00~20:00
INFO オリエンタルデザインギャラリー 082-240-9463(直)受付時間 11:00~20:00 http://www.oriental-hiroshima.com/gallery_live/concert.html
もう死んだ人たち、もう死んだジョン・ケージを演奏する
2012.11.15 (thu) OPEN/START 19:00/20:00
VENUE 旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
ADV/DOOR ¥3,500/¥3,500(翌日のシャングリラ公演の証明付き¥500OFF)
LINE UP 石橋英子 with もう死んだ人たち
TICKET 旧グッゲンハイム邸事務局 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
INFO 旧グッゲンハイム邸事務局 TEL : 078-220-3924 http://www.nedogu.com/blog/archives/6127
SHOS 10 PARA、ジム・オルークとレッドゼツリン
2012.11.16 (fri) OPEN/START 18:30/19:30
VENUE 大阪・梅田Shangri-La http://www.shan-gri-la.jp/
ADV/DOOR ¥3,500/¥4,000(1drink¥500別)
LINE UP PARA、ジム・オルークとレッドゼツリン(山本達久、須藤俊明、波多野敦子、石橋英子 )DJ: BIOMAN/金本武志(蒼月書房)、音響: 西川文章 
TICKET Shangri-La予約: info@shan-gri-la.jp ※必ず公演日名、お名前、お電話番号、枚数をご記入の上、お申し込み下さい。確認次第ご返信いたします。/ ぴあ / ローソン / e+
INFO 梅田Shangri-La 06-6343-8601
WWW 2nd Anniversary “印象波” ~PARA × 石橋英子 with もう死んだ人たち~
2012.11.17 (sat) OPEN/START 17:00/18:00
VENUE 渋谷WWW
ADV/DOOR ¥3,500(税込/ドリンク代別)
LINE UP PARA、石橋英子 with もう死んだ人たち
TICKET e+ / ぴあ[P:181-149]/ ローソンチケット[L:72347]
disk union各店舗(お茶の水駅前店 / 新宿本館地下1F 日本のロック・インディーズ館 / 下北沢店 / 吉祥寺店/池袋店 / 渋谷中古センター)WWW店頭
INFO WWW 03-5458-7685 http://www-shibuya.jp/schedule/1211/002870.html
というわけで、広島、神戸、大阪、東京と4箇所4日連続でライブです!どこか来れる人は是非来てください。広島のオリエンタルホテルのライブですが、自分のライブ予定で(税・サ込)なんて初めてみました。
chapel.jpg

6134

MSNその2

えーと、考えてみたら、昨日書いたことは意味がわからないような気がしたので、もう一度同じような内容のことを書きます。MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSはだいたい1997年頃から活動をし始めました。私とキーボードのノリヤと当時大阪在住のサックス吹きのマヒマヒの3人で始めたので、マヒマヒ&スドウ,ノリヤで、MSNというバンド名をつけました。で、最初はデモテープを作ってたんですが(つまり最初のデモテープはベースは私が弾いてた)、あるときライブに誘ってもらい、じゃ、ベースを誰かに弾いてもらおうと思い、ノリヤと私の共通の知人のスズキヒロユキさんに加入してもらいました。この時点でもまだ、スズキさんなので、MSNということで大丈夫ってことになりました。正確にはMSSNになったんだけどね。それから後は昨日書いた通りなのですが、実はここからが本題。最近活動してなかったのはノリヤが仕事&家庭で忙しいので、ライブはあまり出来ない・・・となると、みんな会わない。たまに会うとバーベキューをしてしまう・・・練習しない。ということで活動が止まりました。なので、ノリヤに相談して、別のキーボードを入れて活動しようって話になったので、実は前からキーボード奏者を探してました。で、たまたま「もう死んだ人たち」のツアー中に(山本)達久くんに相談したら、「MSNだったら坂口くんがいいいと思う!」ということで、そのすぐ後に紹介してもらい、そして今日現在、MSNの新たなメンバーとして、坂口くんに参加したもらってるわけです!坂口光央くん、自分のユニットSTAND ALONE-404、Guru host、Cojoの他にもteneleven、Polylis、Alan Smithee’s MAD Universe、たたみ、大谷能生MJQTなどにも参加してる忙しいミュージシャンではありますが、ここ最近2回ほど一緒にリハーサルをしてます。っていうか、演奏も最高だし、音楽性も人間性も最高だし、とにかく有難い。坂口くんありがとう!山本達久ともう死んだ人たち、ありがとう!
ところで、もうお気づきかと思いますが、坂口くん、当然イニシャルはS、下の名前をとってもM、そう、完璧なわけです。でもまぁ、ノリヤがいないからといってバンド名をMSSSとかMS&MSSにするとか、それもなんなので、バンド名はMSNのままにしようと思います。ノリヤはとりあえず、永久メンバー(原爆オナニーズの中村達也さんや横山健さんみたいな扱い)ってことで。
そして、昨日のブログに写真だけアップしてたわけなのですが、その理由は、実は坂口くんってノリヤに似てるんです・・・なので、MSNを元々知ってる人が見たら、「あれ?ノリヤ?」って思うかなと思って、名前を書かずにアップしてみたんですが、実際の反応は、ノリヤを知らない人から「あ、坂口くんだね!」って反応ばかり頂いて・・・さすが坂口くん。
そんなわけで、これから活動を再開していきそうなMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSをよろしくです。最後に動画を貼っておきます。

セカンドを出した後に、一曲だけ雑に作曲&録音した、ライブ会場限定音源です。雑な曲だし、適当なのですが、すごく久々に聴いてみたら、6:49〜8:14の間だけ奇跡的にカッコいいと思う。久々に聴くと色々なアイディアがくだらなすぎて笑えましたが。あ、ちなみに画像は静止画だから動画じゃないね・・・

6134

MSN

最近、日記を書いても写真や動画をつけてないので、なんか、ポリティカルなことを書いてる人のブログみたいに見える気がしたので、今日は写真や動画をつけます。まず、今日の一枚目。
suzuki.jpg
MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSのリハをしてきたので、メンバーの写真を撮って来ました。MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSはそもそも1997年ころから活動してるバンドで、インターネットをし始めた頃だったので、MICRO SOFT NETWORKからバンド名をつけました。厳密にはMicrosoft Networkかな。もう15年も前ですね。それからわりとコンスタントにライブをして、CDも作ってリリースして、2005年くらいまで活動してました。その後、あまり活動しなくなり、最後にやった2010年のライブが3年ぶりでした。そんなバンドが最近活動を始めつつあります。
mahi.jpg
当時長髪だったサックスプレーヤーも髪を切り、レーシックにしたり、色々変化があります。ちなみに、2003年にファーストアルバムを自主でリリースして、2005年にセカンドをアメリカのCuneiform Recordsからリリースしました。でもアメリカでライブやったりはしてません。ちなみにどちらもレコーディングにはギターに松江潤さん、パーカッションに高橋結子さん、ウキ君も参加してます。で、リリース後に新曲を幾つか作ってたんだけど、そこら辺で適当に停滞してライブをやらなくなりました。しかし、今日のリハではなんとその作りかけ(?)の曲に新たな展開(?)も付け足し、まさに動き始めてるわけです。
sudoh.jpg
ドラム叩いてる私、って感じですが、コレはポーズです。まぁ、フロアタムの上にある便利なレコーダーでリハを録音したりしてるわけです。ちなみにMSNのアルバムは基本的に私が録音してます。というかMSNの録音をするためにマイクやら録音機材を買い始めたのかもしれません。でも、ファーストの頃は確かほとんどがアナログミックスだったので、ミックスダウンは4人で、フェーダーを動かしながらマスターに落としてたかも知れません。セカンドの録音の時にDAWになりました。こんな感じで始めたバンド&録音だけど、今でも聴いてくれてる人がいたり、聴いてくれる人が増えてたりするのは嬉しい限りです。といいつつも、ファーストは完全に品切れ、セカンドはレーベル任せなので、自分達では売ってません。amazonとかで買えるはずですが。ところで、こうのようにメンバーの写真を一人づつアップしてるのは、個人的には4コマ漫画のようなつもりでやってます。instagramでアップして、ツイッターにも共有してるのですが、誰もオチに気づいてくれない気がしてるので、ここでもう一回アップしてます。そして、4コマ目がこちらです。
sakaguchi.jpg
ではでは、動画は次回。

6134

ブログだったら書いていいのか? と思うんだけど。

ツイッターで思わずつぶやきそうになったんだけど、あまり不特定の人に伝わってしまうのもどうかと思ったので、書くのやめたことなんだけど、ブログに書いちゃおう、と思ったわけです。個人の意見だからといってネット上で何言ってもいいとは思わないんだけど、ちょっと気になったので書いちゃいます。というか、今日見に行ったライブの音が悪かった・・・某Dというバンドのライブを下北沢の某Gというライブハウスでみたのですが、すごい残念。まぁ、下北沢のGなんて、gardenとgarageと・・・・とかそういうのは置いておいて、その某Gは改装前はとても音が悪いことで有名でした。私も2度ほど出演したことがあるのですが(ドラムとベースで)、演奏者はそこそこやりやすく良いライブが出来たと思ってても、客席では・・・みたいな話だったんだけど、大改装をして、横向きが縦になってから初めて見に行ったんだけど(つまり見に行ったのは初めてかも・・・)、まぁ、どうにも音が悪いわけですよ。PAさんもバンドについてるいつもの人だし、バンドの音も根本的にはいつもと一緒のはず、なのに、どうにもならないかんじ。確認のために他のバンド(出演者)の音も聞いたけど、やはり同じ。でも、だれもそんな話してなかったから、もしかしたら自分の耳の調子が悪かっただけかも・・・きっとそうだ!
それはそうと、ライブハウスも改装して、某Dというバンドも新曲だらけのライブ、楽しみにしてたのに、あの音の悪さ(もう自分の耳のせいってことになってるけど)、すごく残念。挙句の果てに、フラッシュ的な目潰しの照明。私は結構あれが苦手で、目を閉じて終わるまで我慢するか、見えないところに逃げてしまう。そんな残念な私。しかし、それで思い出したけど、新代田にある某Fってライブハウスも音が悪いので有名。あのサイズはみんな音が悪いのだろうか?でも、なんかFに関してはバンドによってはちゃんといい音になってるし、なんかコツみたいなものさえクリアできれば、問題というほどではないような気がしている。つまり某Gもどうにかなるのかもしれないと、期待している。でも、それを確認するためにはまた、誰かを見に行くか出演するかしなければだけれどね。
それはそうと、自分も昨日は名古屋のKDハポンって言うライブハウスでuminecosoundsのライブをやって来ました。ここはPAがあまりないというか、楽器類はほぼ生音かな?って感じの店なんだけど、これまた私は全く納得のいく音響で出来なかった。歌がね・・・おさむくんの声がちゃんと出力されてない感じで、すごく残念だった。結構良いライブを出来てるかと思うんだけど、PAがね。もちろんその店の前提なわけだから、音が合わないバンドはしょうがないって面があると思うんだけど。店の感じはとてもいいし、すごく合うバント、というか音楽があるのも間違いないし。
でもまぁ、とりあえず、最初のところに戻ると、自分が気になるのは、やはり自分の耳が変なのか?っていうのと、あれがいい音だって思ってる人間が結構いたりするの?っていう不安と、あれ以上良くする方法はないの?っていうのとか、俺ってそもそもライブに向いてないの?ってこととか、自分が演奏してる時にこういう思いを他人にさせてるの?ってこととか、うーん、やはりいちばん気になるのは、みんなあの音でいいのか?(もしくはあの音がいいのか?)ってことかな。昔からよく思うことなんだけど。ライブハウスって音が悪いことが結構多いじゃない?それを超えるパフォーマンスを・・・なんて言ってるとリスナーもミュージシャンも育たないってことにならないか・・・?
といいつつもこれからライブを続ける私です。でも、ライブハウスも、もっと音楽に合わせていい音になって欲しいなぁ。「いい音」って曖昧すぎだけどね。

6134

鍵盤を弾いて思ったこと

タイプライターのqwertyという文字の配列は、タイプライターの技術的な限界から打鍵速度を落としてアームの衝突を防ぐために考え出された配列だと言われる(途中からwikiをパクった)。ピアノ(キーボード)の鍵盤もそうなんじゃないか?って思うくらい合理的とは思えない!とにかく転調が出来ない。全てのスケールで別の運指が必要になる。それに、押さえる位置が白鍵と黒鍵で距離、高さが違うため、弾きやすい運指と弾きづらい運指がある。ちなみに、私のように大して運指も出来ない人間にとっては白鍵だけのスケールが弾きやすいけれど、ある達人の話で、「白鍵だけのフレーズは鍵盤に上下の高さの違いがないから弾きづらい」というのを聞いたけれど、確かにわかる気がする。
さて、私が気づいたことですが、つまり音楽を演奏するってことは、まぁ何の楽器にせよ、それなりに訓練が必要なわけですね。ピアノなんて楽器の中では合理的な方で、割と誰でも楽しめる楽器だけれど、そこそこ弾くためにはかなりの訓練が必要だと思うわけです。つまり音楽を作ることもそれなりの努力を超えてかないと、いいものは作れないと思ったわけです。なので、昨今のパソコンを使ってだれでも音楽が作れる!なんて言ってるこの時代に、いい音楽なんて出来るわけない。と思ったわけです。まぁ、本当にそうだとは思ってないけど、誰にでもできるって言っちゃうと、音楽ってなんてつまらないものなんだろう、って思えてくるわけです。
でも、まぁ、楽器弾くのは楽しいから、誰でもやってみよう!って言いたいんだけどね。音楽を作ってる(楽器を演奏してる)っていうのは、そういうことじゃないと思う。