6134

コード譜

loversleap.jpg
今日は主に曲を覚えるために譜面を作ってたんですが、譜面といってもこの程度のマスターリズム譜。まぁ、この曲は関係ないんだけど。こういうのを書く時って、本来はコードを正確に書いていくものだと思うんだけど、そういうことをいつもしてるうちに疑問に思ってくるんだけど、コードってどれだけ正確に書く必要があるんだろうか。そもそもコードで音楽を捉えることに疑問を感じてるので、コードを書いていくことが無駄に感じることが多い今日この頃です。でも、結局こういう譜面に頼るのは、コードとかよりも、小節数や、音の移りわかりのタイミング、キーなどのおおまかなことを把握するためかなぁと思ってます。
ちなみにこの譜面は、もちろんジェネシスの名曲、supper’s readyの一部、lover’s leapなのですが、ジェネシスがコードで曲を捉えてるとは思っていないので、コードで書くのは便宜上というか、それこそ曲を把握するためです。書いてみると、8小節区切りで曲が進行することや、リピートするときにどのタイミングで2番カッコに行くかとか把握できます。他の曲の譜面を作るときも、コードをだいたいで書いていく事によって、曲の流れが把握できます。
ちなみにジェネシスの面白いのは、例えばこの譜面だと17-19と21-23はギターは同じなんだけど、ベースラインが変わるので、コード譜を作ると別のコードになるってことです。もちろん音楽としてはそれはあたりまえのことなんだけど、コード譜で音楽を捉えると、見事なアレンジのように聴こえるし、曲が複雑に見えてしまうってことでもあります。
ちなみに、ややこしいコードがわからない人に簡単に説明すると、数字はだいたいルートから数えて何番目の音が入るかを書きます。6ってかいてあったら、ド(コードがC)の場合、ドレミファソラのラが入るわけです。で、5と3は入るのが前提で、3が半音下の場合はmってつけます。4とか2とか9の時はsusとかaddってつけることがあります。sus4の場合は3を弾かない、とかややこしいルールが色々あります。なので、コードの付け方は、決して合理的では無いと思います。仕方なくみんなそれに従ってるんだと思います。
ちなみにFがルートのコードで、3度がフラット(半音した)で、5度もフラットで、6度が入ってるコードをFm-5 6(エフマイナー・フラットファイブ・シックス)って書いてしまったんですが、これは例外的に、dimって書きます。あー、ややこしい。
しかし、ビックリするくらい字が汚いね・・・

6134

family tree of DIP

無断転載ですが・・・
ftod.jpeg
ちょっと遠慮がちに見えないくらい小さくアップしましたが、本物はこちらにあります。水野さんが作ったDIPのファミリー・ツリーです。私は高校生の頃とにかくカンタベリー好きで、ブリティッシュロック集成というマーキーの別冊に付いてたカンタベリー・ファミリー・ツリーをよく見てたので、懐かしいです。私にとってはファミリー・ツリーといえば、カンタベリー。他にも確かディープ・パープルとP-FUNKのは見たことがあるけど。しかし、DIPのファミリー・ツリー、見てみると面白い!結構知ってるバンド名もあるし、最近話題にしてたバンドとかもある。
で、いきなりライブ告知ですが、次のライブは
10/31(水)
高円寺ペンギンハウス
「再び出会う世界」
出演: 川口雅巳ニューロックシンジケイト、
mothersky (ヨシノ/Saz,Spiritjack/g,横山玲/b,須藤俊明/dr)
pagtas(ゲ:山田民族、庄司宏光)
19:00/19:30
私は、DIPファミリー・ツリーの左上のほうにある、電動プリンのふたり、Spiritjack(ヒラノさん)と、ヨシノさんと共演します!というか、ヨシノ(ヨシノトランス)さんは元DIP、ファミリー・ツリーの真ん中ですが。ベースの玲さんについては、また後で。ヨシノさんのエレクトリック・サズ(トルコの方の楽器)と声を中心に、即興的に展開していく予定です!私、叩きまくりだと思います。
そして次のライブは
11/3(土)
名古屋KD japon
君の好きなひとvol.3〜ウミネコになりたい〜 1
uminecosounds(古里おさむ,ヤマジカズヒデ,須藤俊明,コテイスイ),
ザ・ソファーズ,FU-MU,林万里江(Art)
名古屋に行きます。uminecosoundsはDIPファミリー・ツリーの下の方の真ん中よりちょっと右です。DIPのファミリー・ツリーにはLOUDSは入ってないけど、uminecosoundsで私も入れてよかった!ファミリー・ツリーに載るのは嬉しいです。そんなわけで、このメンバーで初めて名古屋に行きます。KD ハポンも懐かしい。
そしてその次のライブは
11/9(金)
亀戸ハードコア
出演:ヤマジカズヒデ-本庄克己-須藤俊明 
ゲスト:三浦真樹×横山玲
19:00/ 20:00 3,000yen /3,500yen
DIPファミリー・ツリーにはのっていませんが、ヤマジさんのソロ、ヤマソロです。今回は3人です。元DIP THE FLAG、ファミリー・ツリーの真ん中の上から始まり、主に右側中心に活躍しているドラマー本庄さんと、私はキーボードで参加です。前回参加したけど、今回はゲストで出る三浦真樹さんはファミリー・ツリーの左側の上の不失者、裸のラリーズ、割礼あたりから始まり、現在は横山玲さんとデュオで活動してることが多いです。そう、ここで玲さんが出てくるわけです。
そして、そのあと
11/11(日)
小倉GALLERYSOAP
ヤマジカズヒデ × 本庄克己 × 須藤俊明
open / start 19:00 / 19:30 ticket
前売り3000円 当日3500円(1 drink orderです)
三人で小倉に行きます!
というわけで、これから4つのライブは全てDIPファミリー・ツリー絡みのバンドという奇跡が起きてます。
その次の週は「もう死んだ」ツアーが始まります!それはまた後日!

6134

バッタリ日記

バッタリ日記というのをつけてるんですが、バッタリ人と会ったらブログを書いてるのですが、会った日に書かないで、しばらくおいてから書くようにしています。だいぶ昔から書いてるんですが、2005年以降のブログはhttp://d.hatena.ne.jp/alibaba_studio/ここにあります。
そして、一応バッタリの基準はライブハウスやスタジオなどはナシにしてます。スタジオやライブハウスでは当然よく知り合いに会うので。あれ、でもたまに書いてるなぁ。予期してない場合だけ書いてるかな。予期してたらバッタリじゃないので、予期できないような人にあったら書いてるかな。
しかし、このブログの時間差がだんだんひどくなってきて、最近は3年前にバッタリ会ったことを日記として書いてます。っていうか、あまりもう覚えてないんだけど・・・つまり、バッタリ会った時に名前と日付と場所をメモっておいて、それを順番に書いていってるわけです。で、やっと2009年のバッタリが書き終わりました。
ところで、バッタリ日記とは関係ないんですが、16日に久々にHARCOに会いました。2000年ころから結構長くサポートでベースを弾かせてもらってて、アルバムも3枚くらい参加させてもらってます。3枚くらいっていうか、ミニアルバムがあるから数えづらい。まぁ、久々といっても1年か2年ぶりくらいなんですが。で、その次の日、松江さんから電話がかかってきて、松江さんと久々に会いました。松江さんも2000年ころから一緒にバンドを色々やっていて、SPOOZYSや、Jun Matsue Group、Tremolo Fan、そしてHARCOのサポートも一緒にやってたし、最近まで長澤知之くんのサポートも一緒にやってました。でも、そんな松江さんと会ったのも1年以上ぶり。すごい偶然こういうのが続くなぁと思ってたら、次の日、元ウミネコ・サンライズの勝原大策くんに会いました。しかもちょうどHARCOと大策くんの話をしたばかりで。大策くんも2005年ころの知り合い!そして、その次の日は・・・元nasca carの西岡由美子さんとライブ会場でバッタリ会いました。確か2005年ころのnasca carのメンバーは中屋さんと西岡さんと松江さんと私でした。そして、その次の日はこれまた2005年頃一緒にライブをやってたスズエリさんを・・・見かけた気がするんですが、声をかけようとしたらいなくなってた・・・ので、声かけそびれました。
というかんじで、2000年代半ばにすごくよく会ってた友人達に立て続けに5日で5人に会ってる・・・一部偶然に。そして、みんな数年ぶり・・・みたいな。こういうのってとても不思議で、このまま死んでしまうのかと気になり始めてたけど、今日(6日目)は誰にも会わなかったので、大丈夫そうです。

6134

Aria Pro II CSB-380

IMG_1260.jpg
忘れかけてた自分のベースが帰って来ました。「返って来ました」が正しいのかな?でも「帰って来ました」の方がしっくり来る。貸してた言うより、預かってもらってた感じかな。たぶん少しは役に立てたことがあれば嬉しいんだけど、今は役目を果たして引退して、私の家に返って来ました。このベース、私が初めて買ったベースです。別にベーシストになろうと思ったわけでもなく、中学生か高校に入った頃か、一緒にバンド始めた仲間、ギターはみんな持ってるけどベースは誰も持ってないから私が買いました。もちろん当時のヒーローはDURAN DURANのジョン・テイラーですが、ジョン・テイラーがどんなベースを使ってるかなんて気にしてなかったので、Aria Pro IIなのはたまたま。まぁ、でももしかしたら、なんとなくイメージあったのかなぁ。とりあえず、八王子の楽器屋で一番安い中古を買ったような気がするんですが、まぁ、久々に持ってみたけど、全然悪くないですよね。昔の国産のベースだからか、ちゃんとしてる。ジョン・テイラーが使ってたSB1000の廉価版のCSB-380です。今はじめて知ったけど。
しかし、まぁ、これ、いつ使ったんだろ?まず、高校生の時のバンドは、このベースを買った後わりとすぐにベースを弾きたいって友達が入って、私はギターを弾いてた。高校生の時はわりとずっとギターを弾いてた。でも一度ベースで学園祭に出たことがあるんだけど、その時は友だちのESPのベースを借りて弾いてた。高校卒業したらしばらくドラム叩いてた。そして、スミスのコピーバンドではギターを弾いてた。で、ついに一度カルチャークラブのコピーバンド(何やってたんだろ俺)で、ベースを弾いたんだんけど、もしかしたらその時にコレを使ったかも!
その後(だいぶ後)GOMES THE HITMANに入って友達からFender Jazz Bassを借りて、それ以降メインはずっとそのJazz Bass(つまり借り物)。たまに友達にフレットレスを借りてライブやレコーディングで使ったり、5弦ベースを借りて、ライブをしたりしてたけど、このベースは基本的には使ってない。もしかしたら、GOMESに入って最初のライブ何本かはこれでやってたかも・・・
その後、このベースは松江(潤)さんがベースを買うまでのあいだのつなぎとして、松江さんちにお邪魔してたんですが、昨日帰って来ました。しかし、帰って来たけど、とくに活躍の場が無い。でもなんせ初めて買ったベースだし愛着があるし、何か使いたい。ちゃんと使えるし、たぶん。このベースを使う機会を作りたい。そういう思いでこれからの音楽活動をしたいと思います。
いや、それ以前にJazz Bassを弾く機会を作りたい!
ちなみに、さらっと書いてしまったけど、ベースを貸してくれてる友達には本当に感謝してる。貸してくれた友だちも!

6134

もう死んだタイム

さて、色々ライブが終わったので、これから「もう死んだタイム」です。今月は2回ライブがあります。
2012.10.19 (fri) OPEN/START 18:30/19:00
OGRE YOU ASSHOLE「(100年後)」リリースツアー
VENUE 新代田FEVER
ADV/DOOR SOLD OUT THANK YOU!!
LINE UP OGRE YOU ASSHOLE、石橋英子 with もう死んだ人たち
TICKET SOLD OUT THANK YOU!!
INFO 新代田FEVER http://www.fever-popo.com/schedule/2012/10/19/
2012.10.20 (sat) OPEN/START 19:00/19:30
MAX TUNDRA 秋の全国ツアー
VENUE 六本木 SUPER DELUXE
ADV/DOOR ¥2,500 / ¥ 3,000
LINE UP MAX TUNDRA、石橋英子&もう死んだ人たち
TICKET&INFO 六本木 SUPER DELUXE https://www.super-deluxe.com/room/295/
どちらのイベントもメイン・アクトではないですが、2マンなのでたっぷり演奏できると思います。
そして今月はもうひとつライブがあります。
ヨシノトランスさんに誘ってもらったセッションのライブで、またまたドラムで参加なのですが、とても楽しみにしてます。
10/31 @高円寺ペンギンハウス
「再び出会う世界」
出演: 川口雅巳ニューロックシンジケイト、 mothersky (ヨシノ/Saz,Spiritjack/g,横山玲/b,須藤俊明/dr)
    pagtas(ゲ:山田民族、庄司宏光)
    19:00o/19:30s/1800円+1d
元-電動プリンのお二方と、最近は三浦真樹さんとよくデュオで演奏してる横山玲さんと4人で演奏することになるはずです!ヨシノさんとは前に一瞬だけ一緒に演奏したことありますが、他の方々は初めて!楽しみにしてます。そして、対バンにはついこの間(15日)一緒だった山田民族さんと庄司宏光さんがいるではないですか。偶然って凄いなぁ。山田民族さんってすごい昔から知ってるけど、なんか一緒に野球大会に参加した人・・・みたいな印象なんだけど、記憶があってるかどうか・・・そんな人と月に二度も対バンなんて、縁があるなぁ。

6134

もう終わったからいいんだけど

奇形児のライブをやって来ました。
ちょっと体調が悪かったので、リハをやったあと家に帰り、また本番の時間だけ行きました。最近ドラムでライブをする機会が少ないので、EARTHDOMでの率が高いのですが、ここのドラム環境ってちょっと変だと思います。まず、誰もが気になることなんだけど、シンバルがたぶん全部Zenn。Zennというメーカーはサウンドハウスで売っているのは知っているけど、あまりの安さ故、誰も買わないブランドだと思ってます。ところが、意外に・・・このシンバル、そんなに困らないんです。たしかに音がいいわけではないけど、他のライブハウスによくあるセイビアンやジルジャンの安いシンバルに比べたら全然いいような気がする!というか、そもそもZennだということで期待させてないから期待以上なのかな?でも、ホントに困らない。ホント、セイビアンやジルジャンの安物のシンバルを入れてるライブハウス、一度Zennを試してみたほうがいいんじゃないかな?リハスタもそう。安物のシンバルになってるところが最近多いんだけど、ホント耳障りだし、練習にならないと思う。確かに消耗品だけど、、私がドラムを叩くなら入りたくないスタジオってのが幾つかあって、それは基本的には安物のシンバルの所です。
あと、EARTHDOMでとても変なこと、それはドラムのモニターが後ろの左右にあることです。初めてこの状況でライブというかリハをした時、あまりにも気持ち悪くて店員さん(PAさん)に片方消してくださいと頼んだら、なんか結構面倒くさいみたいで、すごい手間をかけさせてしまった。それ以来いつもわざわざスピーカーを片方消してくれてたんですが、今日はおそらく初めてのPAさんだったので、久々にそのままの状態、つまり後ろの左右から音が返ってくる状態でした。またお願いしようか悩んだんですが、もうバンドにも慣れたし、一回この気持ち悪いままやってみようと思い、特に何も言わず、本番も後ろの左右からモニターが返ってくるという気持ち悪い状態でライブをしました。まぁ、ハッキリ言って自分に余裕がでてきたのか、そんなに気にならなかったです。
ところで、過去に2度ほど、(他のライブハウスですが)PAさんのミスでモニターから爆音が耳元でなってしまうという事故がありました。ハッキリ言って死にそうです!正直それが怖くてモニターを使うのが嫌になるくらいです。ライブ中にやられたこともあります。ひっくり返りそうになりましたが、演奏を止めるのもなんなので、我慢して演奏を続けました。もちろん演奏はガタガタです。ヘッドフォンでもこういう事故がありがちですが、PAはホント怖い。二度と無いよう願いします。
あ、あと思い出した!スネアとペダルを借りたんだけど、借りたスネア、なんでクリアのヘッドが張ってあるんだろう?過去に他のお店でもあったんだけど・・・クリアのヘッドって使ってる人いるの?まぁ、いるんでしょうね。会ったこと無い気がするんだけど。
IMG_1250.JPG

6134

10月前半ライブ

10月前半のライブがたくさんあって、それを書きたかったんだけど、しまったことにもうひとつ終わってしまった・・・
2012/10/12(金)『第5回 ウミネコ集会』
会場:渋谷O-nest
出演 uminecosounds、會田茂一(band set)
FOOD:ウミネコカレー
お陰様で楽しいライブでした。
そして、明日
奇形児企画 「痺れ肉棒絶倫注射の夜.vol3」
2012年10月14日新大久保アースダム 
奇形児、VIVIAN BOYS、東京ホームランセンター、破落戸 
18:30/19:00 2000/2500
色々特典がありそうなので、奇形児ファンは是非皆さん来てください。
そして明後日
10/15 @渋谷 LUSH
サンスポ vol.3
LIVE : 大島輝之+波多野敦子+須藤俊明 / Amephone’s ATTC /大谷能生ユニット
■Open 19:00 / Start 19:30  ■Advance 2000 / Door 2500 (+1D)
というライブがあります。私はドラムで参加予定です。大島さんとはドーピング・ヘッズ以来の共演。波多野さんは「もう死んだ」仲間です。大島さんが歌うと思います。私と大島さんは結構昔から知り合いなのですが、ここ最近波多野さんを通してよく会うようになって、いずれクロックスというバンド(?)を結成する予定です。なので、このユニットはクロックスの前身バンドになるのではないか・・・と、私は思っています。そんなわけで、このライブ是非来てください。

6134

MSNリハ

久々にMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSのリハをやって来ました。といっても、実は今までと違う。それはそのうち報告します。しかし久々に演奏したけど、msgという曲があるんですが、かなり無茶な曲だなぁ。たぶんBPM=190くらいで、終始7/8で演奏していて、私の中では高速フィル・コリンズなのですが、かといってBrand Xではない・・・。この曲、MSNの長年のライブレパートリー(といってもこの曲が出来た頃からライブをあまりやってませんが)なのですが、2ndアルバムを出した後に作った曲なので、音源化されてません。ニコニコ動画にライブがアップされてるのですが、それはSpace Shower TVのDAXという番組の映像がアップされてます。で、このライブ以降さらに曲が長くなって9分ちかくあるのですが、全編通して7/8。そう信じて今まで演奏してきましたが、今日、どうも合わないと思っていたところが、一箇所だけ私がドラムを8/8で叩いちゃってたことに気づきました。今まで合わなくてごめん!
今日はわけあってMSNの音楽性を話し合ってたのですが、実は私(とノリヤ)がDEEP PURPLEの影響が大きいという話をしました。MSNはゲストで松江さんがギター弾いてくれたこともありますが、基本的にギターレス、でもハードロック!なので、最初はORGANでロックしてました。ORGANでロックといえば日本人の私達にはDEEP PURPLEの存在がとても大きいです。MSNはハモンドをマーシャルに突っ込む、というスタイルで活動してきました(実際途中からそうとも限らなくなりましたが)。とにかく私にはジョン・ロードの影響が大きいです。クラシカルだとかそういうことではありません。スモーク・オン・ザ・ウォーター、スペース・トラッキンのリフを弾いてるオルガンがカッコいいんです。キース・エマーソンとか、リック・ウェイクマンとかでは無く、ジョン・ロードです。ちょっとだけトニー・ケイ(イエス)はカッコいいと思ってますが。
そんなジョン・ロードも今年無くなってしまいました。

っていうか、ジョン・ロードが見たくてYouTubeをみて思ったけど、私の好きなドラマーって左利き!私は昔はイアン・ペイス大好き、今はフィル・コリンズ。昔の私のメガネはイアン・ペイス・モデルでした。(自分でそう言ってただけだけど)

6134

【もう死んだ人たちと行くツアー】

【もう死んだ人たちと行くツアー】から帰って来ました。石橋さんが「もう死んだ人たち」に含まれるかどうかは置いておいて、いろいろ楽しいメンバー、共演者に会えた楽しいツアーでした。厳密に言うとツアーの初日は東京新代田のFEVERかな?いつもの死んだ人たちに、チューバの高岡さん、ヴァイオリン、コントラバスの千葉くん、ゲストにサックス坂田明さんのメンバーでのライブで、アンコールには前野健太くん、キーボードのカフカも加わっての演奏もありました。そしてその後は、前野健太とDAVID BOWIEたちもPAのZAKさんも参加しての盛大な打ち上げで、石橋さんが物販のCDを打ち上げの店に忘れて帰ってしまうほどでした。DAVID BOWIEたちのドラマーのPOP鈴木さんに色々POPさんの過去の話を聞けて面白かった!「ガイアの病」の話とか、「カメラ(SSE)」の話とか!
そして、次は福岡、23日にも書きましたが、ジムのライブも含めてのツアー、「アナログフィッシュ」や「ゆーきゃん」も一緒の打ち上げ!
そして先週末は大阪、四日市、名古屋。大阪はいつもの「死んだ人たち」に加え、スティールパンのトンチさんとクラリネットやサックスのカメイナホコさんも参加した大人数で、女性が多い「死んだ人たち」でした。対バンには「山本精一と5年前に終わった男たち」が出てくれたのですが、打ち上げで山本精一さんやドラムのTAIQUIさんと話ができて楽しかった。TAIQUIさんは初めて会ったのですが、失礼な話ですが、どんな活動をしてる方か知らなかったのですが、聴いてみてビックリ!!!まず、最初に「デイブ・シンクレアと演奏した時・・・・」と言ってる所で、な・・・何事!?と思ってたのですが、その後も「別の時にリチャード・シンクレアとも演奏したことがあるんだけど・・・」え??(失礼ですが)何者!?ほんとに失礼ながら聞いて驚いたのですが、アイン・ソフのドラマーでした!本物だ!いやー感動した。実はそれだけではなく、話を聞いてるうちに、なんとULTRA BIDEのドラマーだったことも聞いて、更に驚き!元パンクバンドのドラマーで、そののちプログレバンドのドラムをやってるなんて、おこがましいですが、まさに私の先輩!と思いました。
そして、四日市は「もう死んだ人たち」とフレデリカ(演奏した店)のスタッフで打ち上げ&食事!凄い美味かった!あ、ライブも四日市は特別で面白かった。PAがあまり無いことは前に書きましたが、達久くんの借りたドラムがgracyというドラムで、すごい良かった。
そして最終日、名古屋は台風が来て、見に来れなかったお客さんが結構いたみたいで残念だったけど、ライブ自体は良い感じで出来ました。ライブ後には台風去ってたし。対バンのOgre You Assholeは、台風と共に去ってしまったけど、打ち上げでは何故か得三でJAZZ非常階段を終えた坂田明さんと豊住芳三郎さん、doubtmusicの沼田さんも来て盛り上がっておりました。これまた恐ろしく貴重な話も聞けたし。
とまぁ、ツアーが楽しかった、ってことを長々書きたいけど、これでも短くまとめて書きました。
悲しいこともありました。運転手「P」さんが帰り道、速度オーバーで捕まりました・・・
そんなわけで、TAIQUIさんがデビッド・シンクレアと演奏したというキャラバンの「グレイとピンクの地」のB面を貼っておきます。久々に聴きます。