鈴木秋則-バッタリ度★★☆☆☆

2008年の5月19日、この日は、大学の同期で今ではラテンの世界で活躍してる

ピアニスト斎藤崇也に誘われて、新しいバンドに参加することになって、その顔合わせのために三軒茶屋で待ち合わせることになった日でした。このバンドは、幸耕平さんという作曲家の大御所の方が

プロデュースしたバンドで、私は結局10月に一度ライブをやっただけで終わってしまったのですが、

なかなか貴重な経験が出来た面白いバンドでした。

ラテンにゆかりがある人ない人が集まって、カバーやオリジナルを20曲近く演奏した気がします。

顔合わせの時点では、タカヤしか顔を知らない状態でしたが、そこにどんどん、初めて会う人が集まって

くる状況で、それなりに緊張感と楽しみがあったそのとき・・・

アキノリくんが現れた・・・もちろん、全然関係なくただの偶然、というかバッタリです。

アキノリくんと会うのも何年ぶりかだったし、結婚した噂を聞いてたくらいで、最近は全然会うきっかけも

ない感じだったので、偶然でも会えて嬉しかった。

アキノリくんの話は最近でも松江さんとよくするのだが、松江さんと会ったきっかけでもある

のちにTREMOLO FANになるセッションで初めて会って、その後、一緒にSPOOZYSに入って、しばらく

一緒にバンドをやってた関係です。

まぁ、アキノリくんといえば、作曲家、演奏家、大太鼓、タオリング等で有名な人ですが、

この頃は普通にバンド仲間として楽しくやってました。

うーん、二つの話をいっぺんに書いた感じだなぁ。

タカヤもアキノリくんもキーボーディストなんだけど、おそろしくかけ離れた二人だなぁ。

二人ともピアノ弾くのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です