山篭りと山籠りって何が違うの?

このあいだのジムのツアーの途中、四日市の会場から山本達久+須藤俊明の音源を会場で販売始めました。最近達久くんと山籠りしながら録音している数々の実験的ユニットを今回2枚のCDRにしました。一枚はこちら。
YPS.jpg
山本ピエゾウとスドオシレーターというユニットです。スドウオシレーターかな?今年の夏以降、達久くんとピエゾ・マイクを作り始めたのですが、達久くんはその自作マイクとドラム、そしてフィードバックとエフェクトを使い、私はピエゾからエスカレートしてオシレーターを自作し始めて、いくつかのオシレーター使い、その2人のユニットとして作った作品です。作った作品って頭痛が痛いと一緒?
もう一つの作品はこちら
U-O.jpg
ちなみに、ジャケットはほぼ色違いですが、タイコウさんが撮ってくれた2人のソープランダーズの時のオフショットを使わせてもらってます。実物の写真はこちらのDAYSというページに有ります。
そして、こちらの録音も同じく山籠り中の録音ですが、こちらはドラム・ベースによるデュオ的な録音から2人のキーボードによるセッション、そして、こちらにもピエゾとオシレーターのセッション等、わりと幅が広く、こちらのほうがちょっと音楽的です。そして、こちらの作品は若干、私達のこれからの作品のアウトテイク集という意味合いもあるのですが、まだ本チャンが無いのにアウトテイク集ってどういうこと?ということです。これらは今、「UNAGICICA」というプロジェクトで進行中です。それが何なのか、まだ2人もハッキリわかってないと思います。
というわけで、この2種類のCDRはライブ会場で一枚1000円で販売します。ぶっちゃけ変わった作品なので、マニアックな人にオススメです。

2 thoughts on “山篭りと山籠りって何が違うの?

  1. 詳細、紹介下さってありがとうございます!
    ライブ会場限定ですかー!
    聴いてみたいものです。

  2. はい、ライブ会場限定です。で、どの会場で販売できるかちょっとわからないので、見つけたら是非よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です