ベース・マガジン


なんと、ベース・マガジンに載りました!私の記憶だと、実はむか~し一度ベース・マガジンに載ったことがある気がするんですが、今回はなんと恐ろしいことに、見開き2ページ!そして・・・in COLOR !
さっき気づいたけど、表紙に名前までのってるよ!いやー、皆さんのおかげです。
実際、5月にインタビューや写真の撮影をしてもらいました。まぁ、私が載った、というより、私のベース(Gibson EB-3L)が載った!といっても過言ではないというか、ベース・マガジンですからベースの写真を撮るのですが、なんかとても不思議な気分になりました。なんせ、ぶっちゃけ、2年ほど前に楽器屋のwebで写真を見て、欲しくなって、大阪まで買いに行って手に入れたベースですが、この2年、というか実質1年半くらいの間に、運良く大活躍してもらい、全国紙に写真が載るまでになったっていうのが、なんかうれしい。
2年ほど前までは買い手がいなくて(大げさですがw)、売りに出されてたんですよ。売りに出されてる時も綺麗に撮影されていたわけですが、今回撮影してもらったのは、意味合いが違う!そんな気がして喜ばしいw
だからみなさん、ベース・マガジン、手にとって私のベースの晴れ姿を見てやってください。p154-155です。
ところで、インタビューの内容ですが、つくづく私って、うまくしゃべることが出来ないんだなぁ・・・と思いました。というのも、原稿をチェックさせてもらったんですが、その時点で私の言ってることが意味がわからない!なので、申し訳ないと思いながら、いくらか修正させてもらいました。それで、だいたい意味がわかるようになったんじゃないかなぁ・・・?普段いったいどれだけ私がちゃんと喋れてないか、恐ろしくなります。
それでもって、原稿はチェックしているので、大きな間違いやオカシイところはない、と言いたいところですが、実際は2つほど気になってるところがあります・・・それをここで、説明させていただきたいw
まず、一つ目ですが、原稿って誌面になった時点で、なんというか変化があるのですが、インタビューの段落の頭の部分に、ちょっと太文字で、なんかその段落のメインになるようなフレーズを書きだしたりするじゃないですか。あれ、なんていうのかな?
まぁ、その部分だったり、メインキャッチコピーみたいのだったりは実際手にして初めて見れるわけです。(雑誌は小川さんにもらいました、ありがとうございます!)
それで、その見出し的な部分に、「音楽を演奏するときはチューナーではなく、弦がどうキレイに響くかで音を合わせる。」って書いてあるんですが、まぁ、私の説明不足なんですが、内容の中で、ジム(オルーク)はチューナー使わないし、音を実際に鳴らしながらその音をチューニングしていて、そういうところを私は学ばせてもらってる、っていうことを言いたかったのですが、これだと、まるで私がチューナー使ってなくて、弦の響きで音を合わせてるみたいなのですがw。私はぶっちゃけ、チューナーも(たまに、こっそり?)使ってるし、弦がどうキレイに響くかでチューニングするのは主にギターの話です。ベースでもそういう考えが影響されてないわけではないですが、基本的にはギターの話ですw
そしてもうひとつ、これは完全に私のミスなのですが・・・最後のほうで、uminecosoundsのGARDENとヤマジカズヒデのソロのGARDEN、両方ともGibson EB-3Lを使ってて、前者がリアピックアップ、後者がフロントピックアップ、なので、聴き比べて見てください、なんて言っちゃったのですが、ふと気になって、そのあとレコーディングしたマルチを聴き返してみたら・・・どうもuminecosoudsの方は、ジャズベじゃね?
実際にまたジャズベつないで音を確認すると・・・うーん、完全にジャズベだね。ジャズベじゃないとこんなふうに弾けないし・・・あぁぁ・・・完全に間違えた。
なんか普段ウミネコのライブの時にEB-3Lのリアでこの曲を弾いてるので、完全にそうしたと思ってた・・・すみません。間違えました。でもやっぱりこれはジャズベで良かったんだな。ジャズベやはり好きですw
そんなわけで、こちらが誌面です。ナスカ・カーのTシャツ着ていったのに、うっかりベースで隠しちゃった。
bass-mag-s.jpg

One thought on “ベース・マガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です