ニンニキ


uminecosoundsの新作、「混沌としてすいません」が出ます!出ますっていうのはちょっと嘘なんだけど、ライブ会場で新作CDを販売します。なんでライブ会場だけで販売するかって言うと、いろいろ事情がありまして、CDショップや通販では買えないシステムなのです。そういうのも、「ライブ会場に来る楽しみ」ってことにならなないかなぁ?というわけで、9/11のuminecosoundsのライブにて販売します。このCD、なにげに6曲も入ってて、しかもどれもクオリティは結構高いです。なんと主にコテくん(ドラム:コテイスイ)をフィーチャーした作品になっているんですが、コテくんボーカルが2曲、古里おさむくんボーカルが残りの4曲という内容で、作曲はなんと半分の3曲がコテくん!そんなわけで、コテくんファンには待望のCDとも言えるわけです。
内容的には、語るとキリがないので、少しだけ書きますが、uminecoのアルバムmasalaの録音の時に全曲録音した、つまりアルバムに入らなかった曲達なわけです。アルバムに入れる入れないはレーベルのディレクターに任せたので、つまり、完全にアルバムに入れる用に録音した楽曲たちなわけです。まぁ、言い換えれば、ディレクターは、こっちのCDに収録された曲達の破壊力についていけなかったわけです。
とりあえず、この1曲だけYouTubeで聴けるようにしました。コテくん作詞作曲、ボーカルも半分担当の「ニンニキ」です。作詞は半分おさむくん。しかし、「コテ、天才!」と言わしめたこの曲、どうですか?いきなり「ニンニキニキニキ、ニンニキニキニキ」そしてマイナーコードで「ハッピー・・・」。ついていけないのもわかります。
この曲のドラムかっこ良くないですか?完全にLED ZEPPELINをイメージしてるんですが、曲調はあまり関係ないですね。この曲調関係ない感じがコテくんっぽいかなとも思うし、新しいuminecosoundsだと思うわけです。イントロの流れるようなアルペジオ(by ヤマジさん)も、まったく曲調関係無いですよね。すでに歌詞も歌もすべて曲調関係ない気もするし。つまり、なんにも関係ないってことなんでしょうか。混沌としてすいません。
ちなみに、サビ(?)は、おさむくんが歌詞書いて歌ってるんだけど、最初はヤマジさんがサビの歌詞を書きました。そのバージョンも録音してあるんですね、実は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です