イールショック・バッタリ第3段

前川和人 -バッタリ度★★☆☆☆
2009年のバッタリひとつ前のバッタリと合わせて3連続の奇跡のバッタリ最終人物はもちろんエレクトリック・イール・ショックのベースの前川さんです。ホントに奇跡的に1年の間にイールショックのメンバー3人全員とバッタリ会いました。前川さんは高円寺の駅だったかな。今(書いてるのは2015年)では阿佐ヶ谷のスタジオのZotでレコーディング・エンジニアとしても活躍してる前川さんですが、この時はたぶんまだエンジニアをしてないと思います(まぁ、5年も経ってるけどね)。
もともとイールショックを知ったのはいつごろだったか、たぶん2000年前後だと思うんだけど、micro musicってレーベルがあったような・・・インターネットに情報がない・・・道産子アナルやボストン・クルージング・マニアや・・・ちゃんと思い出せないけど、その流れで知ったのか・・・あ、たぶん藤井くん(music from the mars)がやってたPullというバンドでヘルプで2回ほどドラムをやったことあるんだけど、その時に知り合ったのかな?でも、その頃から、私が日本で一番好きなロックバンドです。他にロックバンド知らないかもしれないけど。とにかく、私がカッコイイと思うロックをやってる貴重なバンドです。バンドの3人のバランスも最高!
さて、そんなわけで、前にも書いたんですが、この頃はまだ前川さんだけよく知ってた状態でしたが、この数カ月後、ちょっと不幸が関係する話ではあるのですが、私がイールショックに1回だけジャイアンさんの代わりにドラムで参加させてもらったことがありました。これは自分でも孫の代まで語り継げる話だと思います。でもライブ中に気合が入ってたせいで(?)ドラムのペダルの踏むところがパッキリと折れてしまいました。それが悔やまれる。それが2011年の出来事。
2012年には前川さんが関わってた板橋のスタジオでのレコーディングの仕事を前川さんと一緒にやりました。そして、その後は前川さんのスタジオでの仕事も阿佐ヶ谷に移り、今年(2015)もそこでお世話になったりしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です