20年前のライブ

今日は殺害サミットに奇形児のドラマーとして出演してきました。今日の出演者は30年くらい(ちかく?)前から活動してるような方々でした。THE SADIST、餓鬼道、恐悪狂人団、そして奇形児。実際私は、当時は全く知らなかったわけですが、それは私がその世界に疎いだけで、音楽に詳しい人なら当然知ってる存在なわけです。実際、奇形児のキーボドのプロレタ(リアート本間)さんは私と同じ世代なのに詳しく知ってるわけですから。私は90年代初頭から演奏をしてて、それ以降いろんな人と知り合えてるわけですが、実際THE SADISTの山崎マゾさんや恐悪狂人団でギターを弾いてた須原敬三さんといった大御所とも90年代なかば以降ご一緒(対バンですね)させてもらえる事があったり、餓鬼道で今ギターを弾いてる森本さんも、たまたま先月知り合いになれたりとかしてるわけです。そして奇形児にはメンバーとして参加させてもらってるし。まぁ、なんとなく完全な後追いですが、日本の80年代のインディーズ・シーンを少しは知れたり関わりが持てたりしてることにはとても感謝してます。
さて、これらの知り合いの他にも、今日はex奇形児、exハイテクノロジー・スーサイドのツージーさんにも会えたし、プロレタさんに社長(THE CRAZY SKB)も紹介してもらいました。怖い人なのどうなのか、恐ろしいメイクでよくわからなかったのですが・・・。でも光栄です。あと今日は殺害サミットの先輩でもあるexモッシュルームのマヒマヒも見に来てくれました。マヒマヒも殺害サミットなんて10年以上ぶりと思われますが、社長やプロレタさんはマヒマヒのことを覚えてたみたいでした。
で、タイトルと関係ないことをずっと書いてるようですが、実は今日あった人の中で一番驚いたのは、別の人なんです。帰る間際にこれもプロレタさんのお陰で判明したんですが、20年前よく対バンさせてもらってた、あの!(って知り合いには言いたい!)ラパンナジールの!!!あれ?本名書いていいのかなぁ?芸名があったかなぁ・・・とちょっと不安なので、ラパンナさん!全く気づかなかったんだけど、知ったときはメチャメチャ感激しました。ほんと長くやってると、こんな、ほぼ20年ぶりに対バンできることなんてあるんだなぁ・・・と。
そうそう、私がライブを始めた頃ってのはほぼ20年前、1993年で言うと、その間私はMELT-BANANAってバンドでドラムを叩いてただけなんだけど、(当然)高円寺20000Vとかで色々なバンドと対バンしてました。きりひと(KIRIHITO)、EXIT(ハケルダマ)、ラパンナジール、ラッパーズ(ビックE)、HEAD CASE、ガジ、Korean Budhist God、THE TEXAS CHAINSAW、FAITH OF BLIND、ブッチャ-& ボンドヅ、KK NULL、AVALANCH、マスタード・マスターベーション、スペース・ストリーキングス、非常階段、MEXCO、電動プリン、M.O.I、ビデカズ・・・たぶんこのへんが知り合いだったり、知り合いだった人だったりでした。で、実は今でも会う人が結構いるわけです。POP鈴木さんとかASE君とか、ヨシノトランスさんとか・・・。そういう意味で当時よく会ってたのに、この時期以降まったくどうしてるかわからなかったのがラパンナジールだったわけです。そのボーカルの「ラパンナさん」と、まさか20年後に殺害サミットで再会できるとは!!今はベースを弾いてましたが、やはりラパンナ以降、音楽のジャンルも変わったりしながら、活動をし続けてたようです。ほんと凄いね、プロレタさん教えてくれてありがとうございます!気づかずに終わっちゃってたら、なんて勿体無かったんだろう、と思う。たぶん、そういうことって沢山あると思うんだけどね。
最後に私にとっての記念写真、殺害ロゴの前で演奏する私。撮影:マヒマヒ
IMAG0292.jpg

One thought on “20年前のライブ

  1. 餓鬼道復活したんですね(^_^)
    おめでとうございます(^-^)/
    元餓鬼道、HEAD CASEのギターさんでした(^_^) それでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です