ジェネシス ムック


IMG_4047.JPG
ただのジェネシス・ファンですが、今月このジェネシスのムックが出たのは嬉しいです。なんていうか、まぁ、まったくニュースが無いバンドってわけではないけど、そこそこ新しいイベントがあるのは嬉しいですね。日本初のジェネシス・ムックということだと思うんですが、単純にいろんな写真とかが載ってる本を買うことが出来て嬉しい。そして、そこそこ安いのが嬉しい。CD1枚より安いんじゃないかな。CDの値段知りませんが。
もう、このムックのことで書きたいことが山ほどあるんだけど、そのうちの一部は否定的な意見ですがw、それは置いておいて、まずこれをかって真っ先に読んだところを報告!
まずは、復刻創世記のイワノフさん(ってライブで紹介されてたと思うんですが。)によるキーボードの解説&イワノフさんのコレクション紹介!なるほど、メチャメチャためになる。確かにARP PRO SOLOISTを使ってるのは知ってたけど、結構メインで使ってるんですね。普通にODYSSEYとか使ってるのかと思ってたんですが、そんなこと無いんですね。ツアーにピアノ持って行ってないって、確かに言われてみたらそうですね。その代わりにRMIとかCPとか、確かにそのイメージですね。実際そうなんですね。それ以外にもMXR PHASE100とか、Roland VP-330とか、普通に知ってるけど使ってるのを知らなかった機材の情報とか、嬉しいですね。読んで気づいたんですが、たしかにステージにRoland RE-201とか乗ってますね!ちなみに、私が持ってる機材はRoland RE-201だけ・・・と言うのが普通ですが、実はなんと!
IMG_4059.JPG
ARP PRO SOLOISTがあるんですね〜!まぁ、厳密には人から譲り受けてるものなのですが、実家にあったので、持ってきました。音出ない、と思ってたのですが、ずっといじったり掃除したりしてたら、かろうじて音は出るようになりました。レスポンスがおかしかったり、接触的におかしかったりで、演奏レベルではちょっとだけ難があるけど。でも、たしかに、やっぱりトニー・バンクスの音!まぁ、プリセット(のシンセ)と言っても、簡単なフィルターとポルタメントと、タッチ・センシティビティ(オレの壊れてるかも・・・)というのがあるので、完全に同じ音になるかどうかはわからないけど、基本的には同じ音がします!最高!シネマショウの音の切り替えも出来る(はず)!
さて、キーボードの次は、ドラマーの紹介。これは、なんと昔からの友人、大久保くんの弟が書いてた!というか、大久保徹さんは元ドラム・マガジンで、辞めるちょっと前に山本達久特集でお世話になった人。さて、内容は昔のジョンっていうドラマーから、フィル・コリンズ、ビル・ブラッフォード、チェスター・トンプソンの紹介と言った感じ。たかが4ページでフィル・コリンズのドラムは語りきれない!って私は思いますが、その通り、非常に簡単に説明されてます。そして、ブラッフォードのことなんて私はわりとどうでもいいのですが、しっかりチェスター・トンプソンと同じくらい説明されてます。私にとってはブラッフォードはやはりクリムゾンやUK、ブラッフォード(バンド)、あ、一応イエス!での演奏がブラッフォードであって、ジェネシスの客演に関してはブラッフォードの良さもたいして出てなく(個性的ではあるけど)、それほど興味を持っていない。やはりチェスター・トンプソンとのツインドラムの方が盛り上がる!という、どうでもいい私見は置いておいて、ジェネシスのドラマーっていうムックがあってもいいくらいドラムに関しては興味がありますね。ドラム・マガジンで作って・・・と思ったけど、だいたいあの雑誌とか、間違えるから、やっぱりいいや。
さて、その次に読んだのが、復刻創世記インタビュー!楽しみにしてました。ライブを見て以来、個人的にも中島さんと知り合えたし、そもそも、このムックが出るのも中島さんのツイートを見て知ったしね。そして内容ですが、もう出だしから最高ですね。「コピーをする際、正直マイク・ラザフォード役以外はどうとでもなるんですよ。」この発言wまさしくジェネシスをあらわしてます。キング・クリムゾンやピンク・フロイド、EL&Pやイエスだけでなく、例えばDeep Purple、Led Zeppelin、Rolling Stones、Beatles、なんでもいいんですが、マイク・ラザフォードほどなんとも言えない立場のメンバーがいる、そして、重要でもあるっていうバンドってありますか!?(一応知らない人のために書きますと、足のペダルでシンセのベースを弾きながら12弦ギターでアルペジオしてたり、ギターからベースに持ち替えたり、12弦ギターと4弦ベースのダブルネックを使ってたり・・・曲の盛り上がるところでベース弾かずにひたすらギターでカッティングしてたり。)
それを今復刻創世記でやってる方(田原さんという方ですね)が、一番ジェネシス・マニアでは無さそうなのがまた面白いですが、こういう人がいないと出来ないんですよね。私もそうなりたいと思ってます。スティーブ・ハケット役の松田さんという方も、スティーブ・ハケットの魅力として、興味深いことを書かれてます。
また早く復刻創世記のワンマンが見たいですね!
それまで、とりあえずジェネシスのビデオ見て待ってます・・・
ムックの話はまたいつか。

2 thoughts on “ジェネシス ムック

  1. いやぁ~。ま、このご時勢によくぞこんな本出してくれました!って本でした。急な取材依頼だったのですが、それより「え~!私にも記事書かせてくださいよ~~」でした(笑)。担当の人が「いやぁ、正直、もっと早くお知り合いになれたら」と残念そうでした。「次回、ぜひ!」なんて言ってしまいましたが、次回はいつなのでしょうか?笑。私も文句というか「お~~い!それは違うぞ~!」が諸々ありました。あのドラム解説も参加したかったです。Arp Prosoloistお持ちなんですね?復刻創世記専属のヴィンテージキーボード専門の格安修理屋がいますよ。もし、なんかあったら言ってくださいね。

  2. 中島さん、コメントありがとうございます!
    中島さんの「お~~い!それは違うぞ~!」を教えて欲しいです!いつか!
    復刻創世記専属の修理屋さん!いいですね!もし修理するときは相談させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です