ep

8月のライブ

8月のライブです!
8月3日(水) 勝井祐二セッション 「フェスティバル FUKUSHIMA! 関連公演」
勝井祐二 山本達久 須藤俊明 @新宿ピットイン
開場19:30/開演20:00 ¥3000+税(1dr付)
勝井さんと達久くんと3人で演奏します。勝井さんと達久くんの演奏、音楽はホントに凄いです。一緒に演奏すると全く客観的になれないですが、こんな二人と演奏できるのは光栄です。
8月6日(土)@富山フォルツァ総曲輪
柴田聡子とポニーテールズ
エレキギター山本精一/ベース須藤俊明/ドラム一樂誉志幸/シンセ西滝太/音響DubMasterX
富山ですが、柴田聡子ちゃん、バンド名義ライブやります!
これまた、また出来て嬉しいライブです。楽しみです。
と、8月のライブは2つだけですが、どちらもROVOの方が・・・
ROVO、20周年おめでとうございます。

ep

奇形児 2010-2016

2010年の半ば、Loudsをやめる直前だった頃、亀戸ハードコアの西脇さんから電話があって、奇形児がドラマーを探しているけど紹介していいか?と聞かれたんですが、その少し前に奇形児のライブを偶然亀戸ハードコアで見てたので、「是非」とお願いして、加入することになりました。自分にとって珍しいというか、おそらく初めてであった、全員知らない人のバンドに加入という経験でした。もちろん、一度ライブ見たことあったけど、全曲知らないし、バンド名は知ってたけど聴いたことありませんでした。
しかも入ってすぐに、初のCDの録音というのが控えてて、かなり緊張がある状態での加入でしたが、ボーカルのYASUさん、ギターのヒロシさん、ベースのツージーさん、キーボードのプロレタリアート本間さん、皆いい人で、すぐに馴染めました。埼玉のスタジオにレコーディングに行って、初のCD「頭を丸めて今スグ出家しろ!念仏唱えて自らを葬れ!」を作りました。個人的には出来に不満がありますが(それを言い出したらだいたいそうなっちゃうけど)、収録曲はどれも好きなアルバムです。

そして、2010年に3回、2011年に5回、2012年に6回とライブをやって来ました。12年の最後のライブは大阪に遠征。皆で車で行きました。この頃までヒロシさんが大阪に住んでたので、ライブのペースもゆっくりで、しかも80年代の曲は少なめで、パンク色も少ないバンドでした。そして、大阪のライブを最後にベースがツージーさんからセイジさんに変わりました。ここで初めて、前から知ってる人加入です。でもセイジさんも知ってただけで、全然世界も世代も違うのですが。
2013年からセイジさんも積極的にバンドに関わり、ライブは年間9回、2014年も9回のライブ、そしてアルバム「脱・人間 紛いモノの狂気は世の中を不快にさせるただの糞」を作りました。このアルバムは、録音ミックスもやらせてもらい、製作にだいぶ関わりました。曲調的にかなり幅があって、自分的には「?」な部分もありますが、なかなか楽しいアルバムです。

そして、2014年の暮れには同じ感じで過去の曲達をレコーディグした「Reborn Or Hell?」を製作&リリースしました。そういえば、これCDとDVDがついてるようですが、DVDは見たことありません。このCDは良い感じだと思います。

2015年にも10回のライブ、そのうちのひとつは、原爆奇形階段、つまり、原爆オナニーズと奇形児と非常階段の合体バンド、これはこれで楽しかったです。なんかよくわかりませんが、色んなロックの曲のカバーをやりました。最後のライブは、奇形児ワンマン、1時間を2セットくらい、恐ろしく体力を使うライブでした。
そして今年2016年に入り、ライブも3回くらい、7月にまたワンマンをやりましたが、そこを最後に奇形児を脱退しました。こんなに充実してるのに、なんでやめるんでしょうね。メンバーも最高だし、自分がドラム叩いてる唯一のアクティブなバンドでした。でも、やめました。今まで有難うございました。
なんだかんだで、7年にわたって参加して、ライブも50本ちかくやり、ドラマーとして滞在したバンドとしては最長です。まぁ、THERMO、MSNもドラムだけど、これらは加入したというより、自分がやってるユニットという感じだから別とすると、MELT-BANANAよりLOUDSより奇形児のほうが長くやってました。CD3枚も一番多いかも。MELT-BANANAは2枚で抜けちゃったし(結局3枚ぶん参加はしてるけど)、LOUDSは1枚しか出してない。ちなみにTHERMOもMSNも2枚しか出してない。
奇形児は9月にライブが決まってます。私個人としての希望でもあるんだけど、新しいドラマーを迎えて、どんどん活躍して欲しいです。客観的に見ようとする自分もどうかと思うけど、ドラマーが変われば、まだまだ良くなると思ってます。
そして私はドラムで活動してるバンドがなくなりました。MSNはあるけど、ライフワーク的な面もあるし、2年くらい活動してないしね。20年くらい、なんかのドラマーとして活動してきたけど、それが終わりました。またそのうちなんかのドラマーになるのか、もうドラマーじゃなくなるのかわかりません。なんとなく後者な気がしてるけど、ドラムが叩けなくなったわけではないし、自分のためにはドラム叩いてると思います。
だからあれだね、ライブハウスでドラムのところに座るってことが、この先あるのかどうかだね。なんかありそうな気もするけど。

ep

久しぶりにライブ日記 2

前回久しぶりにライブ日記と書いたのが去年の11月だったのですが、ライブの記録というかメモのために書いてたのがやっぱりとても役に立ちました。今回、前回と同じ荻窪クラブドクターで奇形児のワンマンがあったのですが、ドラムがどうだったか確認するために自分のブログをみて確認できました。
前回のブログからわかったことは、とりあえず、ライド・シンバルがダメだったということ。なので、今回はとりあえず、ライドは持っていくことにしました。とりあえず部屋に何かしら一枚ライドがあるので、それを持っていくことに。ハイハットや他のシンバルはツバメスタジオに置いてあるので、取りに行くタイミングがなかったので、あきらめることに。あとシンバルケースもツバメスタジオなので、ライドを適当な袋に入れて持っていくことに・・・
今回は、荷物はスネアとライドだけにして、ペダルとかは持っていくのやめました。お店ので全然問題ないです。とりあえず、前回の写真と、今回の写真。上が前回、下が今回です。
IMG_5315.JPG
IMG_6131.JPG
あぁ・・・写真のアップ具合が全然違った・・・でもまぁ、だいたい分かるかな。上の写真は明らかにヤバイ感じのライドが見えますね。今回はそれを回避するために持って行った自分のライド。なんだかわかってませんでしたが、Aジルジャンの22インチでした。どっちにしろ20インチの自分のシンバルケースじゃ持っていけなかった。
さて前回みたいにチェックした感じを書くと、バスドラOK、タムは今回は両方ともOK!、ハイハットは相変わらずダメ・・・残念なことに他のシンバルも今回はダメなものに変わってしまってました。つまり、まともなシンバルは自分の持って行った22のライドだけ。そして、自分のスネアは相変わらずいい音しないんだけど、今回はシンバル以外のドラム全体が結構いいかんじだったので、よかったです。しかし、シンバルがヤバイ・・・曲のアクセントで鈍い鉄板を叩くようなことをしたくない・・・自分のライドだけでは演奏できない・・・それで、妥協しつつ一番いいと思ったのが、左手のシンバルをお店のライドにしてしまい、右も18インチという、若干大きめのシンバルで全体を統一してしまう方法、それが(下の)写真の状態です。前回(上)よりタムが小さくなったのではなくて、シンバルがでかくなったのです。
あと、今回はスネアのタオル・ミュートもやめました。スネア以外がよく鳴るので、スネアが一番鳴ってない状態だった。まぁ、そんなこんなで、本題は「ライブハウスのドラムをメモしておくと次に便利だ」というようなことなわけですが、一応ライブの内容はと言いますと、奇形児のワンマン、前半後半で合わせて2時間位、色んな曲を演奏しました。あと、久しぶりにそれだけ長い時間演奏すると、後半は自分の耳がハイ落ちしますね。最後はもうシンバルが何かなんて自分にはどうでもよくなっちゃいました。ライブは楽しかったです。
というわけで、次回のライブのためにこうしてドラムをブログに載せることはとても自分にとって有意義だということなのですが、実はこのライブで奇形児を脱退しました。つまり、もう次のライブが無いということです。奇形児脱退に関しては、また別の機会に書きたいと思います。いままでありがとうございました。

ep

いわゆるゆうや

去年、劇団SWANNY 「ゴミ、都市そして死」で共演させてもらった石川ゆうやさん、新宿ゴールデン街のbarダーリン、スナックハニーのマスターなのですが、今年4月の火事で被害に遭ってしまいました。
それで、有志の仲間でチャリティCDを作ることになったということで、そのオムニバスCDが「いわゆるゆうや」です。
4b4edd5dbe33e91895146316cc218c29.png
参加ミュージシャン〔順不同〕
Los Kayos,石橋英子,ibitsu,Jim O’Rourke ,カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久),celebs,竹久圏+やけのはら、Hair Stylistics,空間現代,前野健太,石原洋,坂本慎太郎,Jun Konagaya a.k.a.GRIM,insect taboo,Oren Ambarchi,JOHN MCENTIRE
イラストレーション: UTOMARU
撮影: 菊池茂夫
ライナー: 柳下毅一郎
デザイン: 高橋ヨシキ
という、私もほとんどの人を知ってるメンバーで作られました。私も石橋英子さんの曲でベースの演奏と、録音ミックスをさせてもらってます。
チャリティが目的なので、余計なことを言うのはなんですが、売り切れてしまうと思われる貴重なCDなので、早めに購入しておいてください。(一人一枚で)←顔文字風。
もちろん(全部かどうかは知りませんが)新曲とか新録とか、そういうものです。