ms7 compact2

奇形児ワンマン

さて、3か月ぶりに新宿duesにて、奇形児ワンマンライブ。前回、奇形児フリーライブというかんじで、ブログに書いたのですが、今回はフリーではなく普通にライブ、でも全曲80年代というわりと勢いのある曲ばかり15曲という怒涛のライブ?をやって来ました。ところで、前回のブログでも書いたのですが、とにかく狭いイベントスペースです。でも別に悪くはないです。いやむしろ結構いいかも。ちなみに、前回載せた写真ですが、
IMG_3850.JPG
こんな感じ。っていうか今更前回のを読み直してますが、ドラムに関しては、確かにAジルの16inchはイマイチ、っていうかそもそも割れてて、変えてもらったんだけど、それでもあまり好きじゃない。っていうのもそこそこわかってきたので、叩く率が若干低い右手側にセット。そして、前回のブログ通り、それ以外は別に悪くない。いや、ハイハットもイマイチだった。2002とか、そんなんだった気がするけど、そもそもスタンドが開け閉めするとカコカコいう。それって普通?よくわからないんだけど。さて、前回の反省点?というか前回スネアのヘッドが黒くて変だったのを覚えていたので、今回はスネアを持って行くことに。
IMG_4104.JPG
さて、写真がだいぶ赤いけど、こんなかんじで、久々に自分のスネアでライブ。まぁまぁ・・・まぁ、いいんだけど、途中でピッチが落ちたかも・・・だいぶ響かなくなってきて、なんと何を思ったか、私、曲が始まってからチューニングをし始めてしまった。わりとスローなテンポで始まる「ヒポコンテリア」という曲で、チューニングキーをスネアに挿したままだったので、ふと思いつき、イントロの途中でチューニングを上げだしてしまった。そして、なんとなく普通に次のボルト(?)に移動して、上げて・・・ってやりだした時に、「演奏中には無理だ!」って気づいてしまい、どうしよう!?となり、左手にチューニングキーを持ったまま演奏を続けたんだけど、どうにもスティックが持ちづらい(当たり前だ)!スネアの上にタオル・ミュートがあるから、その上に一旦チューニングキーを置いて、演奏を続けてたんだけど、やはり演奏中にはねて動き出したので、スネアのヘッドの上を動き出した・・・それもどうだろう、と思ったので、今度は右手でチューニングキーを拾い、そのまま演奏。なんか左手より違和感がない。このまま持ったまま演奏しようか考えたんだけど、なんかちょっと気合が入らないと思い、またタオルの上に置く。そして、また転がり出す・・・そして、曲が終わる。という事件がありました、すみません。
でも一番の問題は、実は別のこと。このお店のドラム椅子ですが、前回も書いたのですが、今どきネジ式ではなく、ただチューニングキーで止めるタイプ。これでは私の握力では自分の体重を支えるほどキツく締めることが出来ないので、前回店員さんに締めてもらいました。なので、今回も高さを決めたあと、店員さんにお願いして、締めてもらうことにしました。同じ店員さんだったんじゃないかと思います。前例もあることだし、情況わかってくれたんだと思います。しかし、いざライブが始まってみると、「ん?なんか少しづつ椅子が下がってきてる気がする・・・」となってしまったわけです。そして、4,5曲終わる頃には、明らかに低い!このままやると、高いテーブルで食事をする子供の気分になってしまう!ちなみに、私はここ数年オープンリムで叩くのやめたので、高さがちょっとくらい変わってもどうにか叩けます。しかし、それにも限度がある!こんなにいいテンションで盛り上がってるライブなのに、椅子を上げるということで中断したくない!というのと、どうにもこうにも叩きづらくてしょうがないし、子供になっていく気分(ベンジャミン・バトン的な感じ?)との葛藤の挙句、結局7曲目くらいで椅子を上げました。さて、いちどそれをやりだすと、案の定というか、自分の力でおもいっきり締めても、数曲後にはまた下がっちゃうわけですよ。なので、また椅子を上げる・・・という作業の繰り返しのライブになってしまう。もう、椅子くらいちゃんとしたやつ買ってくれ!って願いつつも、ライブが終わるまで数曲ごとに椅子を上げる私。上げるって言ったって、おもいっきり締めたネジをゆるめて、チューニングキーでストッパー外して、適当に1cmくらい上げて、また思いっきり締めるという作業なので、結構大変なんですよ。ということは置いておいて、お客さんスミマセン、盛り上がってる途中で椅子直してて・・・
さて、そんなんで、ライブは終わりました。前日にリハした時は、しんどくて死にそうだったんですが、それより遥かにハイテンションでライブをやりつつも曲順を工夫したおかげで最後まで頑張れました。またこんなワンマンをやりたいですね。でも、duesでやるときは椅子を持っていかないとかもしれませんね。いや、スネアと椅子を持って行くなんて無理!

ms7 compact2

uminecosoundsワンマン

昨日はuminecosoundsのワンマンでした。わりといつもやってる渋谷O-nestの上の階にある7th Floorという席とテーブルがいくらかあるお店でやりました。「masala」レコ発を9月11日にやった後、「混沌としてすいません」レコ発をどこでやるか色々考えて、結果昔からの知り合いが働く7th Floorになりました。いろいろ条件があって、中でもカレーは重要だったりします。厨房を借りられて、お客さんが会場で食べれる、というのがね。
そんなわけで、たぶん9月中に昨日のライブは決まってたんだけど、10月ころにツイッターか何かで、その同じ日にいつもやってるO-nest(つまり下の階)で前野健太、MANNERS、マリアハト(mmm)のライブが入ってることが発覚!だから何だ?って話だけど、まぁ、実際は年末に同じ場所に知り合いが集まってる!というちょっと楽しいイベントだなと思ったわけです。ちなみにMANNERSは見汐麻衣さんのバンドで、キーボードは坂口(光央)くん!
さて、そんなわけで、昨日ライブだったんですが、普通にリハーサルも終えて、会場をオープンしたあとは下のフロアに行き、みんなと歓談。MANNERSのサウンドエフェクトで来てる中村宗一郎さん(peace music)が早速上にウミネコカレーを食べに行く、みたいな面白い状況になり、uminecoのライブをしに戻った時も坂口くんが上に来て、楽屋でみんなでカレーを食べてました。そのとき、コテくんが言い出したのか、一曲目の「アラビア」で坂口くんにピアノを弾いてもらおう!と。実際のCDでは私が弾いてるのですが、9月のライブの前にリハーサルでピアノを弾いてみたり、ベースにしてみたりしたけど、やはりベースにしようということで、私はベースを弾いてます。今回も少し考えたんですが、ベースにしたので、7th Floorにあるピアノは端に寄せてしまってたのですが、なんかコテくんがそのピアノを動かせるか聞いてくる!と、かなり無茶なことを実現しようとし始めたので、こちらも、とりあえず、慌てて坂口くん用に譜面を書く!そして、ヤマジさんのiPadで一瞬曲を聴いてもらう!みたいな、その直後にステージに出ていき、それを実演!uminecosounds + 坂口光央というぶっつけ本番的なスペシャルユニットでライブをスタートさせました。
umi+saka
すみません、この写真、ツイッターにアップされてたものを買ってに拝借してます。というわけで、uminecosoundsの中で、ピアノを弾く坂口くん。ピアノがあまり動かせないので、立って弾いてます。
さて、そんな感じで、ライブも始まり、最初に1時間ほど演奏。「混沌としてすいません」の全曲と「masala」から数曲演奏。そして、しばらく休憩&カレータイム、ということで一度ステージを降りたのですが、ここから、私はベースを持って走って楽屋の裏にある階段を降りていく、そうするとそこにはスティックを持った石橋英子さんが待っていて、2人でO-nestのステージ脇に。そうするとステージで歌ってる前野くんが気づいて、私らを紹介してくれて、ステージに。そして、ネストで前野健太とソープランダーズ(の一部)で2曲演奏しました!
さて、2曲演奏し終わったら今度はまた走って階段をのぼると、7th Floorでは休憩中の余興としてヤマジさんのギターソロ中。コテくんと2人でステージに行き、なんとなくそこに音を足していく。そして、ヤマジさんがループをフェードアウトしていき、そこから本気の余興としてのストーン・ローゼズのコピー!ストーン・ローゼズなんて大学生の時に一瞬聴いたことあるだけ!でも楽しみました。その後はこれまたうろ覚えのティーンエイジ・ファンクラブのコピー!というグダグダ余興をした後、さて後半に入ろうと思ったら、なんとここに、前野健太が現れた!そして、前野くん+uminecosoundsという謎の状態で、バックバンドの誰も知らない(私も知らない)前野くんの曲を一曲演奏!
B4arM-LCMAAUETw.jpg-large
この写真もツイッターから勝手にもらいました・・・すみません。そんなわけで、余興タイムも終了、後半はファーストアルバム「uminecosounds」からの曲やカタカナ時代の曲などを演奏。そんな感じで結果としては2時間以上もあるライブをやってました。2時間半?長かったかもね。
そう、私としては、たぶん前人未到の「ワンマンの間に他のライブもやる」ということをやって来ました。だからどうした、って話ではありますが、楽しかったです。疲れたかどうかっていうと、階段を駆け上がったりしたので息が切れました。
で、自分がとった写真はこれです。
IMG_4093.jpg

ms7 compact2

12月のライブはワンマン

今月のライブは3つだけなんですが、凄いことに全部ワンマンです。自分にとってこんなことは初めてなんじゃないだろうか。なんでそんなことに気づくかというと、とにかく演る曲が多いからです。3つのライブが、3バンド全部別で、全部自分がメンバーとして参加してるバンドで、全部ワンマンっていう変な感じです。どれも普通の曲を演奏するバンドだしね。
そんなわけで、今日はその3バンドを紹介しつつ、3つのワンマンのお知らせをします。
images.png
まず、こちら、どっかから拾ってきたバナーで、バンド名ですが、GOMES THE HITMAN。たぶん90年代の後半からベースで加入。2000年代半ばまで結構活動。そして、今年7年ぶりの活動再開。メンバーは作詞作曲のリーダー山田稔明(vo.g)、キーボード堀越和子、パーカッションからドラムの高橋結子、そして私ベース。私以外は基本的にオリジナル・メンバーだけど、私もほぼオリジナル・メンバーといってもいい感じ。このバンドは音楽的には私の趣味と違い、普通にイメージするJ-POPに近い音楽をやっている。ロック的ではなく、歌を中心にギターやキーボードで彩る感じの音楽でしょう。山田の詞・メロディはとても評判がよく、けっこう人に詞曲を提供している。
で、ワンマン、12/7に恵比寿 天窓 switchにて、でも、ソールドアウト。
menu_ttl_off.png
さて、次のバンドuminecosounds。こちらもベースで参加。もともとレコーディング・エンジニアとして関わったのをきっかけにあるときからベースでサポート参加。その後、古里おさむ(vo.gt)、ヤマジカズヒデ(g.vo)、コテイスイ(dr.vo)、私(b)の四人にメンバーが固定してバンド化、というバンド。それが2011年で、今までにアルバムを2枚リリース。セカンドは今年の夏に出たばかり。音楽的には私の趣味と違って、ギターロック的な音楽。でも日本語の詞と、ゆったりとしたテンポ感が特徴的なフォーク的な雰囲気もあるロックバンド、だと思う。バンドの中心人物である古里おさむが、主に詞曲を作っていて、それがバンドの軸になってるけど、最近ではメンバー全員の曲をもちよって演奏してたりする。で、今回は新たに作ったCDの発売記念ライブ!「uminecosounds 2 混沌としてすいません」というタイトルの6曲入りミニアルバム?なんだかわからないけど、CD作ったので、記念ライブ!ちなみに、古里おさむはカレーを作るのが本職。ライブ会場でウミネコカレーを出店。今回のライブももちろんウミネコカレーあり。
uminecosounds 『混沌としてすいません』発売記念ワンマン公演
日程:2014年12月9日(火)
会場:東京・渋谷 7th FLOOR
開場:18:30 開演19:30
チケット代:¥2,500(前売)  ¥3,000(当日) 共にドリンク代別
出演 uminecosounds
ウミネコカレー販売有り!
THANK YOU SOLD OUT!!!!
というわけで、実はこれもソールドアウト。でも、おさむくんのツイートによると、当日キャンセル待ちとかあるのかもしれない。チェックしておいてください。
title-bar20141004_1.jpg
そして最後は奇形児。言わずと知れた80年代日本のパンク・ハードコア黎明期を代表するバンド。ギタリストのヒロシさんはその後、筋肉少女帯、ばちかぶり等に参加したことでも知られる・・・みたいな。ボーカルYASUさん、ベースはFOOLSの福島誠二さん、キーボードが殺害塩化ビニールのいくつかのバンドでの活動で知られるプロレタリアート本間さん、そして、私がドラムです。私が参加してからもう4年くらいたち、アルバムも2枚出してます。そして、先日は3枚目というか、過去の音源(曲)を今のメンバーで録り直す、という新しい音源のCD(ライブDVD付き)も出ました。そんな流れもありつつのワンマンですが、ライブハウスではなく、新宿のdisk unionのイベントスペースでのライブになります。まぁ、ライブハウスと言えなくもないのですが。ちなみに音楽的には私の趣味とは違って、ハードロック〜パンク、ハードコア、ラウド・ロックというか、基本的にはロックですが、エグい日本語の歌をエグい声で歌う唯一無二のボーカリストYASUさんの世界観!といった音楽です。で、こちらはチケットがまだあります。よかったら見に来てください。若干、見た目が怖い客もいるかもしれないけど喧嘩とかは無いと思います。そして、こじんまりした小綺麗なところでやるので、女性でも安心して来ていただけます。
奇形児 ワンマンGIG
日程:12/12(金)
時間:OPEN 19:30 / START 20:00
出演:奇形児
料金:前売り¥2,000 / 当日¥2,500 (別途1ドリンクオーダー)
(ソフトドリンク¥300/アルコール¥500)
予約は、kikeiji.comとかでよろしくです!定員があるので、予約してもらえたほうがありがたいです。
ではでは、3バンド分の曲を覚えます(嘘)。