ms7 compact2

ジェネシス ムック

IMG_4047.JPG
ただのジェネシス・ファンですが、今月このジェネシスのムックが出たのは嬉しいです。なんていうか、まぁ、まったくニュースが無いバンドってわけではないけど、そこそこ新しいイベントがあるのは嬉しいですね。日本初のジェネシス・ムックということだと思うんですが、単純にいろんな写真とかが載ってる本を買うことが出来て嬉しい。そして、そこそこ安いのが嬉しい。CD1枚より安いんじゃないかな。CDの値段知りませんが。
もう、このムックのことで書きたいことが山ほどあるんだけど、そのうちの一部は否定的な意見ですがw、それは置いておいて、まずこれをかって真っ先に読んだところを報告!
まずは、復刻創世記のイワノフさん(ってライブで紹介されてたと思うんですが。)によるキーボードの解説&イワノフさんのコレクション紹介!なるほど、メチャメチャためになる。確かにARP PRO SOLOISTを使ってるのは知ってたけど、結構メインで使ってるんですね。普通にODYSSEYとか使ってるのかと思ってたんですが、そんなこと無いんですね。ツアーにピアノ持って行ってないって、確かに言われてみたらそうですね。その代わりにRMIとかCPとか、確かにそのイメージですね。実際そうなんですね。それ以外にもMXR PHASE100とか、Roland VP-330とか、普通に知ってるけど使ってるのを知らなかった機材の情報とか、嬉しいですね。読んで気づいたんですが、たしかにステージにRoland RE-201とか乗ってますね!ちなみに、私が持ってる機材はRoland RE-201だけ・・・と言うのが普通ですが、実はなんと!
IMG_4059.JPG
ARP PRO SOLOISTがあるんですね〜!まぁ、厳密には人から譲り受けてるものなのですが、実家にあったので、持ってきました。音出ない、と思ってたのですが、ずっといじったり掃除したりしてたら、かろうじて音は出るようになりました。レスポンスがおかしかったり、接触的におかしかったりで、演奏レベルではちょっとだけ難があるけど。でも、たしかに、やっぱりトニー・バンクスの音!まぁ、プリセット(のシンセ)と言っても、簡単なフィルターとポルタメントと、タッチ・センシティビティ(オレの壊れてるかも・・・)というのがあるので、完全に同じ音になるかどうかはわからないけど、基本的には同じ音がします!最高!シネマショウの音の切り替えも出来る(はず)!
さて、キーボードの次は、ドラマーの紹介。これは、なんと昔からの友人、大久保くんの弟が書いてた!というか、大久保徹さんは元ドラム・マガジンで、辞めるちょっと前に山本達久特集でお世話になった人。さて、内容は昔のジョンっていうドラマーから、フィル・コリンズ、ビル・ブラッフォード、チェスター・トンプソンの紹介と言った感じ。たかが4ページでフィル・コリンズのドラムは語りきれない!って私は思いますが、その通り、非常に簡単に説明されてます。そして、ブラッフォードのことなんて私はわりとどうでもいいのですが、しっかりチェスター・トンプソンと同じくらい説明されてます。私にとってはブラッフォードはやはりクリムゾンやUK、ブラッフォード(バンド)、あ、一応イエス!での演奏がブラッフォードであって、ジェネシスの客演に関してはブラッフォードの良さもたいして出てなく(個性的ではあるけど)、それほど興味を持っていない。やはりチェスター・トンプソンとのツインドラムの方が盛り上がる!という、どうでもいい私見は置いておいて、ジェネシスのドラマーっていうムックがあってもいいくらいドラムに関しては興味がありますね。ドラム・マガジンで作って・・・と思ったけど、だいたいあの雑誌とか、間違えるから、やっぱりいいや。
さて、その次に読んだのが、復刻創世記インタビュー!楽しみにしてました。ライブを見て以来、個人的にも中島さんと知り合えたし、そもそも、このムックが出るのも中島さんのツイートを見て知ったしね。そして内容ですが、もう出だしから最高ですね。「コピーをする際、正直マイク・ラザフォード役以外はどうとでもなるんですよ。」この発言wまさしくジェネシスをあらわしてます。キング・クリムゾンやピンク・フロイド、EL&Pやイエスだけでなく、例えばDeep Purple、Led Zeppelin、Rolling Stones、Beatles、なんでもいいんですが、マイク・ラザフォードほどなんとも言えない立場のメンバーがいる、そして、重要でもあるっていうバンドってありますか!?(一応知らない人のために書きますと、足のペダルでシンセのベースを弾きながら12弦ギターでアルペジオしてたり、ギターからベースに持ち替えたり、12弦ギターと4弦ベースのダブルネックを使ってたり・・・曲の盛り上がるところでベース弾かずにひたすらギターでカッティングしてたり。)
それを今復刻創世記でやってる方(田原さんという方ですね)が、一番ジェネシス・マニアでは無さそうなのがまた面白いですが、こういう人がいないと出来ないんですよね。私もそうなりたいと思ってます。スティーブ・ハケット役の松田さんという方も、スティーブ・ハケットの魅力として、興味深いことを書かれてます。
また早く復刻創世記のワンマンが見たいですね!
それまで、とりあえずジェネシスのビデオ見て待ってます・・・
ムックの話はまたいつか。

ms7 compact2

明日は奇形児。

いろいろなことをやっていたら、告知をすっかり忘れてた。奇形児ライブ。明日、新代田FEVERです。
そしてなんと!奇形児のHPが出来ました!奇形児 official siteです!
そこからのコピーですが、明日の詳細。
2014/11/29
FEVER presents【 – Noise Slaughter – vol.4 】
BB / WRENCH / MINOR LEAGUE / 奇形児 / SLIP HEAD BUTT
※缶バッジ販売有り
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2500 (+1drink) / DOOR ¥3000 (+1drink)
L:74420
LAWSON、e+にて 9.23(tue) Ticket on sale!!
LAWSON PC|MOB / e+ PC|MOB
FEVER店頭にて 9.23(wed) Ticket on sale!!
BB
WRENCH
MINOR LEAGUE
奇形児
SLIP HEAD BUTT
という感じです。WRENCHとかMinor Leagueって世代的には自分の世代と近いはずだよね。見たこと無いかもだけど・・・Fight For Your Rightなら見たことあるかも・・・それはいいか。
さて、今回はライブの告知しつつ、奇形児のリハの写真をアップ!っていうかまた楽器の写真をアップ!
IMG_4030.JPG
といいつつ、リハーサルにドラムとか持っていかないんだよね。これがスタジオに置いてあるドラムです。これを叩きます。変わった色ですね。しかし、普通2タムでセッティングされてるんだけど、いちいち一個外して、リハが終わったら戻す・・・これって面倒くさいんだよね。世の中、1タムのほうが普通だと思うんだけど・・・。
さて、普段のリハーサルの時は、基本的にドラムのチューニングを多少します。だれもチューニングしてないんじゃないかな、と思うので、少しだけします。基本的に音程を下げます。高いと跳ね返るからです。いや、違うかな。でも、下げるか上げるかって、なかなか難しくて、ホントは曲によって変えたいけど、そんなことやってられないので、基本的には低めにします。そして、だいたいいつもミュートします。タオルで。
ところで、ここのスネアがバシャバシャとうるさい。でもそれの原因の一つは、部屋の一面が鏡で、それがドラムの正面なので、音が跳ね返ってくる感覚がある。ドラムって部屋によって音が全然かわるから、いいドラムでも部屋がダメだと意味ないし、逆もまたそうなんだよね。そんなわけで、そこを気にしてれば、いいスタジオになると思うよね。でも、シンバルとか安物を買ったらダメだよね。最低でも・・・
IMG_4031.jpg
これくらいじゃないと。ちなみに、これってなんていうのか知らないけど、このROCK CRASHってやつ、16inchのは、あまりいい音がしない。18inchのは結構いい感じ。そもそも自分が16inchを好きじゃないのかもしれないけど・・・ちなみに、ライドはなんかわからないけど、音がちょっとくもり過ぎ。なんとなくクリーニングしたら良くなりそう。ハイハットはちょっとうるさい。以上がいつも奇形児でリハーサルしてるスタジオの感想です。あと、他の人の音が聞こえづらい。それって大問題か!
IMG_4034.JPG
でも、壁にいろいろ貼ってくれてる。よくしてもらってます。

ms7 compact2

ナスカ・カーとギター物語その3

前回からの続きです。そんなわけで、ギターを買って、ライブになるわけですが、今回はエフェクターを変えました。
IMG_4044.JPG
っていうか、そもそも、いつも何を使ってるかなんて気にしてないんだけど、こういう風にブログに残すと、2月の時のエフェクターが分かるね。便利だね。まぁ、今気づいたんだけど。さて、そんなわけで、二回前のブログにも載せた2月のエフェクターたちと比べながら紹介しますと、まず、ディレイ、パワーサプライは一緒です。で、チューナーを乗せました。で、そのためにABボックス的な、エフェクトループのボックスが登場。なぜなら、チューナーを通すと音が悪くなるから!って言いたいところだけど、そもそも、接触がちょっと悪いので。さて、エフェクトループを使うと、ワウもバイパスできるし便利!と思い、いつものワウもループの回線に!で、メインがRATと、たまにFUZZだったんだけど、もうFUZZってハウるし、あまり意味ないので、メインに家になぜかあったTOKAIのTOD-1という謎のオーバードライブを使うことに!でも、これ、エフェクターのオンオフで音が途切れるという最低なエフェクター。でも、これもループボックスに入れれば、スイッチを別にできる!トゥルーバイパスになる!ということで採用。音長くしたい時のためにRATも入れて、これで完成。オクターバー忘れたけど、もう結構重いので、こんなもんじゃないでしょうか・・・。さて、そもそも、エフェクターを何使うかとか、超適当なのの理由に、なんと、今更ですが、じつはナスカ・カーは一度もリハしないのです。そもそも大阪のバンドだし。そして、今年唯一ナスカ・カー以外でギターを弾いたビックEもリハに入らないのです。つまり、私はギター・アンプを使ってギターを弾くのは本番のみ!スタジオでのリハは一度も無し!こんなんでちゃんとした音作りなんて出来る訳ありません!歪ってどれくらい歪むのかわからない!アンプ何使うかわからない!そんな状況でライブを迎えるわけです。っていうか、普段ギター弾いてる人も、ライブハウスのアンプによって変わるんだろうけどね。
さて、ライブ初日、秋葉原CLUB GOODMANです。よく行くけど、出るの久しぶりかも!そして、高品格というある意味ベテラン・バンドのリハの後に、初めてギターアンプで鳴らす、私のフェルナンデス!
IMG_4049.jpg
なんとなく、JC-120は避け、フェンダーではなくマーシャルを選んでみる。フェンダーがいい音するのは知ってるけど、マーシャルつないでメタル気分(またはパープル気分)を味わいたい。さて、繋ぐ前に気になる、なにこのキャビ?なんか形が違う!Bキャビ?あ、でもそんなの私には関係ないか、他と比べられないんだし。さて、JCM2000という割りと馴染みのあるヘッド(と言っても自分で使うことは稀だけど)。音を普通に出してみると、思ったよりカリカリしてる。もうちょっとナチュラルかと思った。で、アンプのキャラを楽しみたかったので、アンプはクリーンのチャンネルじゃなくてちょっと歪ませておいた。そして、例のTOKAIのオーバードライブなどを繋ぐと、うっすらフィードバックする。なるほど、これは面白い。たいしてボリュームはあげてないんだけど、そこそこ、大音量風の音がする。そもそも、ナスカ・カーは打ち込みが爆音でなってるので、音が聞こえづらい。そんなわけで、とりあえず、弾いた感じでコントロールするんだけど、なかなか面白い。初めてアームも使い(今までアームを持ってなかった)、フィードバックをアームで揺らすなんてことが、簡単に出来る!主に松江さん、ヒロシさんからの影響で、アーミングでロック感を出してみる、というのが楽しい。
さて、ついでに二日目のアンプ。今度は二万電圧なんだけど、マーシャルかampegかJC-120って言われて、まぁ、JC-120は無しとして、マーシャルかな、と思ったんだけど、私の前にリハしてたKIRIHITOの圏さんが普通にampegを使ってて、いい感じ!そしてマーシャルは900ってやつで、なんかカリッカリしそうな気がしたので、ampegを使ってみることに。
IMG_4054.jpg
前日のgoodmanより遥かに狭いステージのため、ドラムの音がデカく打ち込みのモニターも格段にしづらい!しかし、このアンプ、前日のマーシャルより、全然フィードバックしない。というか使いやすい。アッテネータがついていて、便利。リハではこれを使って、音量を調整して上手くいったけど、本番はアッテネータはずしても音量が足りないwなんなんだこの音量差w というハイテンションでライブを終わらせたので、演奏は自分であまり聴こえてません。音量上げると打ち込み聴こえなくなるからね。でも、ライブは楽しかったですよ!
というわけで、ギターの話がほとんどのナスカ・カーの2デイズの話ですが、ライブやバンドのことも書くと切りがない。2万の日は、久しぶりに朝まで打ち上げして、楽しかった。みんなのお陰ですが、イベントを仕切ってくれてた早川コブさんに本当に感謝してます。で、朝5時まで早川さんと中屋さんと飲んでたんだけど、早川さんの家がうちから数百メートルということが判明・・・

ms7 compact2

ナスカ・カーとギター物語その2

そんなわけで、前の続きですが、実家に新たなネックを探しに帰ったのですが、とりあえず、実家にエレキギターが3本あることはわかってる。で、1本は完全に友人の、1本はレスポールモデル、そしてもう一本は、何かストラトっぽいもの。というわけで、ネックが外れる(外していい)ものは、そのストラトっぽいものだけなので、早速チェックしてみると、フレットが一個多い・・・そして、ネックのジョイント(っていうのかな?)から、フレットの多いぶん指板が飛び出してるわけではなく、ネック自体が長い?ボディのザグリ(?)が長い?ので、上手くはまらないのかも知れない。そして、ネックのジョイントのネジの位置もちょっと特殊な気がする・・・ちなみにYAMAHA RGX520P みたいな名前のギターなんだけどね。そんなわけで、ネック交換は中止。
さて、実家に帰る目的のもう一つ、ハードオフに行く!というのがあって、ハードオフの目当ての一つにはDVDプレーヤー(今どき・・・)がもう一台安く欲しい・・・というのがあったので、それも買いに行きました。見事に1000円で、使えるジャンク(リモコン付き)を手に入れました。というわけで、そのついで(?)に安いエレキギターも探したわけです。ネック買うノリでギターを買っちゃおうという考えです。ちなみに、家にあったRGX520Pですが、ちょっとパーツが無いところもありますが、持ってきてみて、修理したらちゃんと使えました。それを使う手もあったのですが、ピックアップがハムハム。で、最近買ったパーツの中にセイモアダンカンのシングルコイルってのがあったので、それをどうしても使って見たかったので、却下となりました。
というわけで、ハードオフを3件まわって、エレキギター(とDVDプレーヤー)を探したのですが、結構気に入ったのが2本。一つはCharvel by Jacksonの24フレット・ギター、SSH(シングル・シングル・ハムのピックアップ)、ボディが薄っぺらくてフロイド・ローズのライセンスのブリッジ。なんと4000円。しかし、これはピックガードが無いモデル。つまりボディに直接ピックアップを固定するタイプ。そして、もう一本が、フェルナンデス、22フレット、SSH、ひどい赤でダサい15周年モデル。ヘッドクラッシューというフロイド・ローズもどきのブリッジ。5000円。しかも、回路(ポット系)が基本的に壊れてる。しばらく悩んだけど、なんかフェルナンデスを選んでしまいました。ちょっとしっかりしてるように見えたんだよね。
IMG_4038_2.JPG
これです。ヘッドの形がダサい(by 誠二さんfrom 奇形児)とか、色とか、実はフレットに15th Aniversaryって書いてあるとか、そういうことはどうでもよくて、フレットがある、弾きづらくない、安い、の理由で選んでるからね。
さて、さっそく家で壊れてるポットを前のフレットが無くて弾けないギターのポットと入れ替えることに。ついでに、セイモアダンカンのピックアップ(frontに)と、前のギターの謎のピックアップをセンターに移植してみることに。その他、アームやキャパシタなど、ないものを全部移植。そして、完成したのが、
IMG_4041.JPG
この、見た目をさらにメチャメチャにしてしまったギター。しかし、ギターの配線を何度かしてるうちに、なんとなくわかってきたよ、ギターの仕組みを。セレクターっていうのは、裏から見ると反対なんだよな、とか、ポットの違う足に配線してしまうと、トーンが逆になったりするんだな・・・とか。まぁ、すぐ忘れるだろうけど。
そして、いざ、このギターでナスカ・カーのライブの予習を始めたわけですが、実は初めてロック式のナットのギターを使ったんですが、使いづらい!まず、ロックしなければいいか、と思ってたんですが、かなりチューニングが狂う。仕方ないので、ロックすることに。そうすると、チューニングを合わせるときに、ついついペグを回してしまう!無意識でペグを回してるのに音程が変わらないから、どれだけ回してるかわからない!(ロックを外すと一瞬ビヨン!ってなる。)しかし、それに少しづつ慣れていき、ライブ本番には普通に使えるようになりました。
買ってから、三日後にライブ!っていう感じでした。
というわけで、また続きは次回。

ms7 compact2

ナスカ・カーとギター物語その1

一昨日、昨日でナスカ・カー2デイズ、ライブ終了しました。今年はナスカ・カーのライブに4回参加!という過去に無いほど参加できたのですが、それでも1回だけ東京なのに参加できない時がありました。つまりナスカ・カーは今年5回東京でライブしたってことですね。中屋さんも仕事もかわり、これからどんどんナスカ・カーでの東京ライブのチャンスも増えるかもしれません。みんなCD買って、ライブに来てくださいね。

ところで、今年ライブが多いというのは去年にはアルバムが出たからなのですが、前にも書いたかもしれないですが、このアルバムの製作を始める時点では、私はまだナスカ・カーのドラマーでした。で、ベースも弾こうと思っていたのですが、アルバムが完成に近づくにしたがい、関西勢のメンバーがどんどん加入していき、アルバムでは、関西女性ドラマーが2人、ベーシストが1人という編成になっていて、私のドラムやベースをいれる部分が少なくなってしまい(といいつつ、結構演奏してます)、なんか勢いで結構私はギターを弾いてしまったのでした。あと、ゲストでMSNのマヒマヒにサックスで入ってもらったり。というわけで、アルバムが完成した後には、関西女性ドラマー2人に、ベーシストがライブに参加できなかったのでベースは打ち込み、そして私&スズキジュンゾ君がギターみたいな形でライブが始まり、その後サックスでマヒマヒも参加して、私が出れなかったりジュンゾ君が出れなかったりの感じで東京ライブをやっております。
そんなわけで、私は今年の2月から急にギターを弾くようになったのですが、基本ベースを弾いてるので、そこそこケーブルとかエフェクターとかあるんですが、ギターをライブで弾いたのは、大学生の頃くらい!という感じで今年のギター生活は始まりました。2月のブログにアップしてるのですが、
gtr.jpg
こんなセットで始めました。でもこのギターって高校の友達の山下から借りてる(預かってる?)やつで、山下のでもないのかも。よくわからないけど、うちにある唯一まともっぽいギターなので、これで、ナスカ・カーのレコーディングをやってました。なので、そのままライブで使用。というのが2月3月のライブでした。
さて、問題は、先月山下から連絡があり、このギターを返して欲しいと。まぁ、もちろん、持ち主に返るだけなので問題ないのですが、問題は11月のナスカ・カーのライブのギターをどうするか!?そこで、今月くらいからずっとギターの研究&修理をはじめました。まず最初に、もう一本持ってた謎の安物ギターのピックアップなどの配線を直し、ピックアップを変えてグレードアップする、というのから手をつけ始めて、5000円〜1万円くらいかけて、パーツを買い足し、すこしグレードアップしました!って、いうギターをいざ、弾いてみたら、「なんか弾きづらい・・・」。何故?と思い、まだ山下に返す前のギターと弾き比べたら、明らかにフレットが無い(すり減ってる)!フレットが無いとこんなに弾きづらいのか!?と、修理を終わってから気付き・・・ショック!こうなったらネックを買い換えるしか無い!と思ったんですが、それにまた数千円もかけて、うまく行かなかったら嫌なので、実家にある要らないギターのネックと入れ替えよう!という発想になり、実家にギターを探しに行ったのが先週でした・・・ってところで、長くなるので、やめます。続きは次回。

ms7 compact2

ナスカ・カー2days

東京でのナスカ・カーのライブが2日連続であります。
【11月22日(土)秋葉原クラブグッドマン】
18:30~ ¥2000/2300+d
出演:高品格,ナスカ・カー,THE DEADPAN SPEAKERS,DIN REMOTER,ele-phant,
【11月23日️】
”ブラックアングル:reboot001”
11.23(sun)@東高円寺二万電圧
19:00〜 ¥2000/2500+order
出演:KIRIHITO,Nasca Car(OSAKA),TADZIO,ヘアサーファーズVS奇形フールズカー
どちらもkirihito(&高品格)の早川さんがブッキングしてくれたのですが、メンツも異様な面白さ。といいつつ、グッドマンの方は、基本的には高品格(たかしなかく)くらいしか、知り合いがいない、と思っていたのですが、なんか、DIN REMOTERって聞いたことあるなぁ、と思ったら、なんとGajiのユウコさんのバンドじゃないですか!つまり大学の先輩・・・ってことですね。高品格は、メンバーいろいろ昔から知ってるし!
そして、ややこしいのが23日の方、KIRIHITOの方ですが、KIRIHITO、TADZIOまでは、まぁ、わかります。しかしTADZIOって色んな所で会うなぁ。最後に書いてあるバンドですが、サーファーズの宮原さん(昔から対バンとかしてる割には面識がない)以外が・・・たしか、ヒロシさん(奇形児G)、誠二さん(奇形児&FOOLS:B)、やっちゃんさん(FOOLS:DS)、と、奇形児関係のバンド仲間が参加!その上に、中原(昌也)さん、それに中屋さんまで参加するって話ですよね・・・なんなんでしょうね、このお祭り感!
ところで、このナスカ・カー2デイズは、私は今までどおりギターで参加します。このためにギターを買いました!そして、話によると、サックスでマヒマヒも参加すると思います。あとはよく知らないです!ナスカ・カー!

ms7 compact2

GOMES THE HITMAN二回目のライブ。

GOMES THE HITMAN、7年ぶりの二回目のライブは、ちょっと前に書きましたが、恵比寿天窓 switchというところで11/16にやりました。どうやら7年前くらいにこのswitchというところでよくライブをやっていたらしく、久々に戻ってきた感のあるライブだったのですが、私もハッキリ建物とか覚えてるわけではなかったけど、恵比寿の駅から何故か自然に足がむいてたどり着きました。記憶には無いけど、確かに入ってみると知ってる場所、そんな感じ。ところで、天窓って「てんまど」って読むんだよね?いつもみんなスイッチって言ってるから「てんそう」なのか「あままど」なのか、実は知らない。そして、GOMES THE HITMAN以外で出演したこと無いし、見に行ったこともない、そういう不思議なライブハウスです。貼ってあるポスターも基本的に知らないひとばかり。
さて、出掛けに急に調子悪くなった(行きたくなくなったのか?おれ?)ので、勝手に30分遅刻していくことにして、会場に入ってみたら、案の定、ドラムやキーボードのセッティング中でベースのセッティングに入るスペースが無い、っていうか、つまりステージが狭いので、ステージ上に私がいるだけで邪魔になるだろうと思い、もう30分位時間を潰してから、セッティング。で、今回も楽器紹介。
IMG_4021.JPG
まぁ、ベースはいいとして、アンプがこれ、何?ashdown?EB220?なんだかわからないけど、まぁ、なんとなくこういうアンプ苦手なんだよね。神保町試聴室もこれに似たやつがあったけど(evo iiiってやつだったかな?)、なんか気に入らない。でも、まぁ、そんなこと言っててもしょうがないので、なんとなく音をだす。そして、先にも書いたけど、とにかくステージが狭い!私の左1m弱のところにはライドシンバルがあり(つまりベースのヘッドがシンバル用のマイクスタンドにぶつかるくらい)、右50cmくらいのところにはピアノのボディがある。あ、でもここのピアノ、グランド・ピアノの短いやつで、すごい短いw変な楽器wかわいいけど。で、まえ1mくらいのところに山田が立ってる、という情況。なので、このベースアンプでもいいか、ってくらいの音量の小ささでやることにしたんだけど、音量が小さいと、とにかくスピーカーの前しか聴こえない!つまり、このアンプいくらか高い位置に箱馬で上げてるけど、それでも座った時がベストポジションで、立つとあまり聴こえない!
まぁ、半分くらい座って演奏しようかな、とか、本番はもうちょっと音吸われてベース聴こえるだろうと思ってたんだけど、まぁ実際は座って演奏なんてほとんどしなかった。でも音は思った以上吸われて、わりとベース聴こえた。でも、まぁそれでも、割と聴こえた程度で、普通の感覚だと聴こえてないくらいで演奏してたけどね。でも、それくらいでも楽しいんだよね。間違えた時に気づくのが0.2秒くらい遅れるくらいで。って、何の話だろう・・・間違えるなよ、って話だよね。ちがうか。でも、ほとんど間違えてないんだけどね。GOMESの曲って、覚えてなくても歌を聞いてれば次の音が分かるんだよね。だから、覚えなければいけないのは、ほとんど間奏だけで。間違えたのは、本番調子に乗ってマイクから離れて歌を歌い出したら間違えた・・・ファンの皆さん、スミマセン・・・
さて、ついでにどうでもいい情報。わりと普段からピックを持ったまま指弾きをすることに慣れてきた私ですが(って話をあまりしたことないですが、わりとふだんからピックを持ったまま指で弾いてます。たまに必要があるので。)、今回はなんと!ベースアンプの上に置いてあるけっちゃんのエッグ・シェイカーを持ったまま一曲弾けました。さすがに弾きづらいけど、弾けないことはない。何の自慢なんだろう?って思うでしょ?まぁ、意味がないわけではないです。
そんな流れで、最後にはシェイカーを持った女性陣の写真を。
IMG_4024.JPG
ちっちゃいグランド・ピアノの奥にいるタロー(こと堀越)。お気に入りの髑髏シェイカーを持って。
IMG_4026.JPG
ドラム・パーカッションのけっちゃんもお揃いの髑髏シェイカーを持って。
最初、髑髏シェイカーを貸してくれようとしたけど、さすがにこれは持ちながらベース弾けないだろうと思い、普通のを借りました。あ、今回もGOMESのこと(曲のこととか)をあまり書かずに終了・・・

ms7 compact2

今日の日付でもバッタリ日記のことを書きます。

さて、今日もGOMES THE HITMANのリハだったので、機材のことを書こうかと・・・と思ったけど、ほとんど写真も取らなかったし、いつもとだいたい同じだから、まぁいいか、別のこと書きます。でも一応。
IMG_4016.jpg
今日はけっちゃんがドラムを持ってきました。会場のドラムに近いものを持ってきて、それに合わせて練習って、なんとも贅沢なリハーサルだよね。でも写真を撮り忘れたので、ケースの写真を。なつかしい、たぶんこれってGatewayっていうドラムショップのケースだよね。むかしけっちゃんがこれの青いのを持ってた気がする。
さて、リハーサルはそんな感じで、スタジオでバッタリ イトケンさんに会ったりしたけど、でもまぁ、帰りの電車でも知り合いにバッタリ会いました。で、私は昔はバッタリ会った人について書くバッタリ日記ってブログに書いてたんだけど、それが、会ったその日に書くのではなく、ただ少しづつ遅れていっただけなんだけど、最終的には5年前のことを書くブログという謎のブログになってました。で、実はその理由の一つにそのブログにそもそもあまりログインしないからパスワード忘れたり・・・みたいなところもあったので、ふと思い立って、さっきこのブログに移動してみました。なので、左のカテゴリーのところに「バッタリ」って増えました。なので、気が向いたら見に行ってください。さっき書いたけど、2010年の日付で書いてるから、そうしないと見れないんだよね。今後もそれで更新する予定。

ms7 compact2

GTHのリハーサルとか

もう一昨日くらいの話ですが、次のGOMES THE HITMANのライブのリハーサルしてきました。次のGOMES THE HITMANのライブは、今度の日曜日に恵比寿のSWITCHという場所でやるのですが、おかげ様でソールドアウトになってます。7年ぶり効果があるのか、新しいリスナーの方々が興味を持ってくれてるのかわからないですが、ありがたいことです。今後もライブがあると思うので、GOMES THE HITMAN.comをチェックしてライブに来てください。どうやったらいいのかわからないけど、GOMESの中心人物、山田稔明のブログやら、メール・マガジン的なものもかなりアクティブらしいので、チェックして下さい。
そんなわけで、まず足元から。(って、つまらないのはわかって書いてます。雰囲気だけギタリストっぽく書いてるだけです。)
IMG_4010_2.JPG
今回はオクターバーとコーラスと、いつものsansを持って行ってみましたが、パワーサプライからの電源を供給するケーブルを2本しか持って行ってなかったので、どれか一つ諦めることに・・・まぁ、オクターバーをあきらめました。うん、実際要らないしね。コーラスも要らないんだけどね。
今回はメンバーの機材の写真ではなく、勝手にケースの写真を撮りました。まず、けっちゃんから。
IMG_4007_2.jpg
コンガのケース、いいですねぇ。シンバルのケースもいいですねぇ。ウインドチャイムのケースは自作でしょうか?あとはプラケですねぇ。そういえば、昔けっちゃんがゴメスでドラムじゃなくてパーカッションをやってた頃は、でかいプラケを2つか3つ、なかにいろんなパーカッションが入ってるおもちゃ箱みたいなのを持ってきてたなぁ。それに、コンガ2本に、その他諸々、パーカッションの時のけっちゃんはホントに荷物が多そう。コンガのスタンドも持ってきてたし、ジャンベやボンゴのスタンドも持ってきてたしね。今でもパーカッションの時はそうなんだろうけどね。まぁ、それだけ、ケースにもお金や手間がかかるわけだね。大変だよね。
IMG_4008_2.jpg
山田のギターのケース。ギターのケースって、この形が一番いいよね。なんていうか、ポケットが上と下にあって、重要なのは上のポケットのすぐ下のところに持つところがあること!手前の青いケースで言う、真ん中辺の黒い取ってみたいなところ。これあると、すごく便利。そして、このケースくらい、そこそこふわふわのやつがいいよね。
IMG_4009_2.JPG
そして、タローのケース。特に何も書くことがない普通のケースですね。下のハードケースがオルガンで、上のソフトケースがシンセだね。奥の黒い革っぽいやつがアコーディオン。そして、やはりプラケとか。ミキサーとかペダルとか、キーボード周りってやはり小物がたくさん必要なんだよね。ペダルって、ボリュームとかダンパーの話ね。ペダルのエフェクターは使って無さそう。
ところで、山田の写真だけど
Screen Shot 2014-11-12 at 12.48.59 AM.png
これに写ってる、tech21の細くて小さいエフェクターいいね!見た目が!FLY RIG 5って言うものみたいだね。この小ささでたぶん三つのエフェクター内蔵。フットスイッチは5個あるし、ツマミは14個ある!音とかはわからないけど、この感じは凄くいい!と思って、ベース用が無いか調べたら、無さそうだった。でもみてるとtech21のものっていろいろ欲しくなる。しかし、これ、見た目おもちゃっぽい割には3万円くらいはする。まぁ、9000円くらいで売ってたら、ホントにおもちゃなんだろうなぁ・・・と思ってしまうけど。最近そういう物多いしね。
機材のことを書いてたらいろいろ書きたいことがあるけど、いちいち長くなるので、今日はこんなところで。
機材のこと・・・とか言いながらケースは機材に入るのか?って思ったけど。(「機材をケースに入れる」だろ!っていうのとは関係ないです。)