ep

msnのライブを終えて、その2

7/22、3年ぶりのMSNのライブの感想とか色々書こうと7/24に一度挑んだんですが、結局消してしまいました。でも最近ライブの時の写真を送ってもらったので、それを紹介しつつ、ライブのことを書きます。
msn722.jpg
まず、全体像。坂口くんが入っても、今までとあまり違和感が無い!マヒマヒの見た目の変化のほうが大きいんじゃないかな?レーシックしたし、髪も短いし、服装もオシャレ(それは前から?)。セットリストは、1.TEXAS 2.Gate of Difference 3.n1曲名未定 4.noFat 5.msg 6.MB〜That’s All と言った感じです。3曲目、曲名無いんだけど、どうしたもんだろ。これは作りかけの新曲で途中は坂口タイム、後半はマヒマヒ・タイム、という展開。まぁ、任せたよ!っていう感じです。4曲目は新曲というには結構前(6年くらいまえ?)からやってるかもしれないんですが、まぁ、新しめでしかもだいぶ今回は変えました。メロディも変えたし構成も変えたし、フレーズも増やしたし。というわけで、いつ完成かわからない新曲です。それ以外はいつもの感じでした。
さて、いきなりライブのハイライト
senobi.jpg
坂口くんに言われて気づいたけど、左端マヒマヒ、背伸びしてる???スズキさんはたぶんジャンプの前後?。え?スズキさんがジャンプしてる時ってマヒマヒ背伸びしてたの?と、まぁ、そんなことはいいとして、なかなか普通のバンドらしからぬいい瞬間を捉えた写真だと思います。
それと注目は
kenban.jpg
これなんですが、上の鍵盤がだんだん手前に傾いてきて、弾きづらいどころか下の鍵盤のボタンが押せない・・・というとんでもない状態に陥った坂口くん。まぁ、私は演奏中に気づきませんでしたが・・・坂口くんボタン押すのにいつもより時間かかってるなぁ・・・くらいにしか思ってませんでした。こんな状態でも、バッチリ演奏してくれる坂口くんさすが!
ではでは、最後は楽屋の集合写真
gakuya.jpg
写真を撮ってくれた北見さんありがとうございました!
次のライブもお楽しみに!他にも新曲あるんだよね。坂口くんも作る予定だし!

ep

フジロック終わった。

世間的にはまだフジロックの最中ですが、私は昨日2日目に前野健太とソープランダーズで出演させていただき、その日のうちに家に帰って来ました。前野くんのステージの間(27日の昼12:30〜)、ほぼ快晴で、人もたくさん集まってくれていて、とても楽しいライブをやって来ました。前野くんも絶好調だったし。で、ライブ後、次がトクマルシューゴの出演でしたが、雨が降ってきて・・・というか、そもそも楽屋(車で10分くらい離れてる?)に帰ったので、トクマルくんのライブは見れませんでした。その後も楽屋で過ごすも、雨が全然やまず、ライブ会場まで歩くと40分とか離れてるはずなので、雨の中(というか泥の中?)歩いていくことは到底出来ず、楽屋に夕方までいて帰りました。つまり同日の出演者、ビヨークはおろか、何一つライブを見ずに帰って来ました。同じ日の出演者にはトクマルシューゴをはじめ、スザンヌ・ヴェガ、ダニエル・ラノワ、ガース・ハドソン(ザ・バンド)、別のステージではKillswitch Engage等、雨の苗場じゃなければ見たいと思うアーティストも出演してたのですが、とにかく土砂降りだし、外にいる人達が信じられない・・・私は食堂や楽屋でのんびりしてました。
ところで、会場に入ったのは前日なのですが、その日も雨が降ってましたが小ぶりになった瞬間に頑張って苗場食堂というステージにヤマジさんを見に行きました。そしてヤマジさんやコテくんと会い、ホテルに戻って部屋でMステ(?)を観て、夜にはまた雨が殆ど降ってないタイミングでU-Zhaanと勝井さんのライブを少しだけ見に行きました。でも基本的にはホテルから出てない・・・部屋でみんなで飲んだりしてたんですが、石橋さんとビールやツマミの買い出し(ホテル内)に行った時に、私が「フジロックに出演してるアーティスト(主に外タレ)とかって、有名な人でも顔とか知ってる人ってほとんどいないなぁ・・・ビヨークとロバート・スミスくらいかなぁw」なんて話してたら、そのしばらく後に石橋さんが「今、ビヨークいたね・・・」って!私全然気づいてないんですけど!その他いろんなタイミングで「あそこに座ってるのダニエル・ラノワだね」とか、「隣のテーブルのあの女性スザンヌ・ヴェガだよ」とか、全然わからないんですけど私!有名人ひとりもわからなかった私ですが、喫煙所で隣にたってたのが奥田民生さんだってことはすぐにわかった・・・
そういえば、会ったわけではないんですが、ちょっと遠くにブッチャーズの田渕さんが通ったのに気づいた・・・割と最近uminecosoundsでtoddleと対バンさせてもらったばかりだったんですが、いまいち面識がないのと、この4日ほど前に同じくブッチャーズの小松さんにバッタリ会った時に面識ないのに話しかけてしまう・・・という恥ずかしい思いをしたばかりだったので、挨拶をしそびれてしまいました。
ところで、話は変わって急にベースの話。今回のソープランダーズはFender Jazz Bassを使いました。なぜかというと、主に新曲でJazz Bassじゃないと出来ない(たぶんね)ことがあったからです。それで、その代わりというか、BOSS GE-7BというEQを使ってみました。リハではうまく行ったんですが、っていうか、本番の最大の失敗は借りたベースアンプでした・・・レンタル機材、任せっぱなしにしてしまったんですが、見てみてびっくり・・・普段のリハーサルスタジオで使うベースアンプの半分以下の大きさ・・・・え!?こんなんじゃ聴こえるわけないのに・・・と思いつつも後の祭りなので、とりあえず当日のサウンドチェック。聞こえないというより、聴こえる音量まで上げるとスピーカーが負けるのか全部歪んでしまう。スピーカーのあたりで・・・ビョーって言ってしまう。仕方ないので、ボリュームはすごく下げて(笑えるくらい聴こえない)、モニターさんにコロガシから返してもらうことに。こうすればちゃんと聴こえるけど、今度はアンプじゃないので音域によっての音の出方が違う・・・しょうがないからモニターさんにアンプ(超小さい音)をメインにコロガシに返してもらう。でも今度はモニターが床に振動してビョーって鳴り出す・・・こんどはスタッフがモニター・スピーカーを変えてくれて、どうにか落ち着く。でもまぁ、やはり音的にはやりづらかったなぁ・・・といいつつ、関係ないくらいハイテンションで楽しく演奏してましたが。
ちなみに下の写真は一般的なフジロックのお客さんの格好。まったくもって音楽を聴く格好ではない・・・
IMG_2348.jpg

ep

前野健太とソープランダーズ

前野健太とソープランダーズのライブが近々2本ありますが、まず一つ目はフジロックです!とりあえず、とても有名なロックフェス(?)なんですが、行くの初めてです。2日目(7/27)昼12:30からFIELD OF HEAVENというステージに出ます。あと友達数人につっこまれましたが、フジロックのポスターなどに、どさくさに私の名前まで載ってます。前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久)という感じなのですが、ジムや石橋さん、達久くんはアーティストとして活動してる人なので、まぁわかるのですが、たぶん雰囲気で私の名前も入れてくれたんでしょう。お陰で高校の時の友だちに連絡もらったりしました。
ところで、たぶん私はこういう野外フェス的なものは苦手だと思う、というより野外とか山が苦手なのですが、折角の機会なので楽しんでこようかと思ってます。といいつつ、雨がふると聞いて、もう外出する気が失せましたが。あと、当然のことかと思うんですが、自分が興味あるような出演者はいないですよね。ぶっちゃけ名前も知らない人がほとんどだし、ヘッドライナー的にバンドのロゴが書いてある人たちも読めやしない。The Cureが出るなんてなかなか気づかなかったよ。ザーッとみて興味があったのはKillswitch Engageくらいかな。とくに好きなバンドってわけではないんだけど、興味を持ってる。あとsparksが来るのか〜、とかガース・ハドソンが来るのか〜、とか・・・それくらい。
まぁ、それはいいとして、ステージは楽しんでこようと思います!フジロックに行ってる人は是非見に来てください。あ、あとちなみにフジロックの世界では前野健太とソープランダーズのことを略して「マエプラ」と言うそうです。
さて、その次のライブは普通に東京です。
渋谷CLUB QUATTRO 開店25周年企画
「QUATTRO QUARTER」〜THE MAN I LOVE〜
2013 8.5(月)開場18:00 開演19:00
【出演】
前野健太とソープランダーズ/GRAPEVINE
【チケット料金】
前売り3,800円(税込み・整理番号付き)別途入場時ドリンク代500円
当日4,300円(税込み・整理番号付き)別途入場時ドリンク代500円
playguide:チケットぴあ・ローソンチケット・e+
Pコード:199-059 Lコード:76786
問合せ:渋谷クラブクアトロ Tel:03-3477-8750
http://www.club-quattro.com/quattro-quarter25th/lineup/
ついでなので、その次の前野健太ライブも!
2013年8月25日(日)
神奈川・由比ヶ浜海岸 SEACRET BOX BY OTODAMA
『SEACRET BOX BY OTODAMA ウミガメに乗ってやってきました ~竜宮城へようこそ!~』
【出演】前野健太とソープランダーズ/東京カランコロン / Hermann H. & The Pacemakers /opening act:植田真梨恵
OPEN/START 16:30/17:30
前売り\3,500(D代別) / 当日\4,000(D代別)
会場URL:http://www.otodama-beach.com/
住所:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜海岸 滑川交差点下
【プレイガイド】
イープラス/ローソンチケット/ぴあ(Pコード:560-866)
【問合せ先】
OTODAMA 運営事務局(11:00~20:00)046-870-6040

ep

ヘンリーテニス


突然ヘンリーテニスの事を書きますが、来週のMSNの復活初ライブに対バンで出るヘンリーテニスは、私ととても深い関わりのあるバンドです。というか、元メンバーです、私。たぶん、最初にあったのは、ヘンリーテニスが主催してる「みんなの戦艦」というイベントに、むかしMSNが出る告知がされたけど、それが実現しなかった、っていう繋がりだったような気がします。何だか忘れたけど、そんなんでお互い知り合ったヘンリーテニスのリーダー奥村くんと飲みに行ったりしてました。奥村くんは確かエビとか食べれなかったような・・・。それで、なんというか 音楽の趣味が近くて、盛り上がってたんですが、ヘンテニのキーボードがちょうどいなくて困ってるところだったので、私が参加したような経緯だった気がします。おそらく私がキーボードで入った初めてのバンドなんじゃないかな?
記憶が間違ってるかもしれないけど、結局、前後の時期に4bonjour’s partiesの植野くんが加入したので、私は主に単音シンセ(と言ってもノートパソコン)と、鉄琴というパートにコンバートされました。あ、思い出した!最初はぐっちゃん(山口くん)が鉄琴だった!で、しばらくやってて、奥村くんと一緒に曲を作ったりして、アルバムも作る段階になった時に、私がバンドを辞めたんだと思います。なんでだったかよく覚えてないけど、まぁ、大人の事情なのかな。そんなわけで、アルバムのレコーディングはエンジニア、アレンジャー、そして一部演奏者として参加しました。で、アー写に映るのを遠慮(拒否?)して、ヘンリーテニスから離れていったんですが、その後もヘンリーテニスのメンバーとはたまに会ったりするのですが、いい関係です。だと思います。
ヘンリーテニスはメンバーも変わって、確か去年の暮れくらいに復活しました。実は何かしらあって、今までまだ見にいけてないんです。それが対バンという形で新しいヘンリーテニスを見れるのは楽しみです。また、偶然というか、世界は狭いというか、MSNの新メンバーの坂口くんも元々ヘンリーテニスのサックスのアッくん(安藤暁彦)とポリリスってバンドを一緒にやってたらしいです。
そんなわけで、縁のあるヘンリーテニス、対バン楽しみにしてます。最近は奥村くん歌ってるのかなぁ・・・?
7/22@ 渋谷 O-nest
[M.M.H.O]
MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS
MUSIC FROM THE MARS
henrytennis
ORDINARY PURPOSE PLUG AND INVITATION
19:00 / START: 19:30 ADV: 2000 / DOOR: 2500 (ドリンク別)

ep

ヤマソロライブ終了

楽しくライブやってきました。今回は大江慎也さんとの2マンで、ヤマソロだけでなく、アンコール(的?)セッションにも参加させてもらい、合計15曲やったのかな。いつもヤマソロのライブは楽しいのですが、今回はセッションもとても楽しかった。ギターが2人いると、私はキーボードなのに、ほとんどベースのつもりで演奏することになっていて、それもまた新鮮でした。
今回のセットリストがこちら
IMG_2317.jpg
ですが、実は今更ながら、今回から曲ごとにキーボードの音色を変えるという、とても普通なことをしました。いままでがライブ通して同じ音色というのもどうかと思いますが。といっても、聴いてたらずっと同じ音色じゃないの?って思うような演奏をしてるのですが、種明かしをすると、実はほとんど同じ音色なんです。厳密に言うと、音色は一緒だけどプログラム(?)が曲ごとに変わってるんです。で、このセットリストなんですが、自分用に曲ごとに右にF♯とかEとか書いてあるんですが、これは実は曲のキーじゃないんです。なにかっていうと、説明の順番が変になっちゃいましたが、実は私はエレピの音を弾いてるんですが、左手と右手の間で1オクターブ音を飛ばしてるんです。飛ばすというか離してあるというか。なぜかというと、両手の間隔が離れると、視界に入らなくなり演奏が難しくなるからです。単純に左手でベースの音域、右手でキーボードの音域を弾くためには、そこそこ両手が離れてしまうわけです。なので、使わないオクターブをカットしてるわけです。そして、どの音でオクターブが変わるかが、このF♯とかEとかなわけです。F#って書いてある曲はF#の次のGから急にオクターブあがるわけです。それが一番効率がいいのですが、曲によって、ベース(左手)がF♯まで使いたい曲と、右手でF#まで弾きたい曲があるわけです。そんなわけで、それらを先に決めておいて、音色(プログラム)を曲ごとに変えてたわけです。でも今回はそれだけではなく、初めてシンセベース、シンセストリングスという、ちょっとありえないような音色も使ってみました。
特に意味は無いですが、前のライブの時も書いたので、今回も曲ごとの話を書きます。1曲目はドアーズです。初めて「左手と右手で別のことを弾く」という、鍵盤奏者なら普通にできることに挑んでみました。ちなみにベースラインが9度移動するんですが、私の左手ではテヌートで弾けないため、そこの一瞬だけダンパーを踏むという練習をかなりしたんですが、いまだに成功率が80%くらいかもしれません。2曲目はわりといつもやってるDIPの名曲!3曲目もいつもやってるDIP〜uminecosoundsのレパートリー、4曲目はRoostersの曲で、実はリハーサルで大江さんもやってたのに、この曲をやる権利(?)を奪っちゃいました・・・大江さんファンの皆さんすみません。5曲目もわりと定番のヴェルベッツ、6曲目も定番のuminecosounds。7曲目は初の試み、これがシンセを使った曲で、80年代の名曲を80年代アレンジを残しつつ演奏。8曲目も何故かuminecosoundsでカバーしたことがあるTeenage Funclubの曲。9曲目も前に演奏したBeckの曲、10曲目も前に演奏したヤマジさんの曲、11曲目も昔やったことある、Pink FloydのSet the Controls for the Heart of the Sun。と、書いてみると、前に演奏したことがある曲がほとんどですね・・・
ちなみにセッションでは初めて演奏するTalking HeadsのHeaven、Iggy PopのTonight、The Roosterzのvenus(φ)、あとブルース(たぶんSweet Home Chicago)を演奏しました。
重鍵をおもいっきり弾いてたので、かなり手首が痛かったです!普段使わない筋肉をつかってるからね。でもそれより、GBの楽屋に入るところ、頭上注意と書いてあるところに3回も頭をぶつけてしまったのが痛い。微妙に通れそうな高さなので・・・

ep

今週のヤマジさん

今週のヤマジさんは、おそらく超多忙と思われます。今日はDIPのレコ発に行って来ました。今日明日と2デイズで、というか、2枚同時発売アルバム、HOWLが今日で明日はOWLという事です。今日のライブは完成度が本当に高く、新曲とは思えない素晴らしいライブでした。っていうか、何故かほとんどの曲を既に知ってたんですが、知ってる曲が更に良く聴こえるくらい素晴らしいライブでした。どの曲もいい!CD聴いても絶対楽しめると思って、帰って来て早速CDを聴いてます。
写真 (2).JPG
ちなみに2曲目のstars, stars, stars、光栄なことにヤマジさんと共作(?)ってことにしてもらってます。
そんなわけで、明日のOWLの方も見にいきます。下北沢Club Queです。
そして、ヤマジさんは、その二日後13日には吉祥寺GBでソロライブがあります。
7/13 ヤマジカズヒデ @ 吉祥寺GB
[69 Paradise] 大江 慎也
ヤマジカズヒデ(dip)<メンバー:Dr.本庄克己、Key.須藤俊明>
18:30 /19:00 \3600/\4100+1D GB店頭/GB HP予約
一昨日書いたものですが、この日のライブは私はキーボードで参加します。本庄さんも今日来てたなぁ。もちろんこちらは基本的にヤマジさんのソロなので、DIPの曲というより、ヤマジさんのソロ、そして数々のカバーなどを演奏します。つまりヤマジさんは一週間で何曲歌ってギターを弾くんだろう・・・?こちらのライブ、さり気なく書いていますが、実は対バンが大江慎也さんです!ルースターズの!
実は私の周りにルースターズを聴く人がいなかったので、私も聴いてこなかったのですが、ここ数年共演させてもらってるヤマジさんやTHE RUDE BOYSの玉井さん等、私の先輩たちがとても大きな影響を受け取ったのがルースターズなのだなぁと感じてます。まぁ、実際日本の音楽シーンにとてつもなく大きな影響を与えてるわけですが。かく言う私もGOMES THE HITMAN時代にルースターズのベースの井上富雄さんにプロデュースしてもらったこともあったのですが。
私も色々なイベントでルースターズの曲を演奏させてもらってるので、大江さんのライブが見れるのもとても楽しみです。
貴重なライブなので、是非見に来てください。
ちなみに、今週の日曜日14日もヤマジさんライブなのかな?uminecosoundsの古里おさむくんがソロで確か阿佐ヶ谷Yellow Visionでライブです。KnowMeZ音源完成記念企画だそうです。KnowMeZの音源、私録音しました!とても気に入ってるので、是非お買い求めください。
2013/7/14(Sun)※祝前日
阿佐ヶ谷YellowVision
[Get It By Your Hands Vol.4]
KnowMeZ音源完成記念企画!
・ Closed Circle(森本/神崎/水野)
・ 古里おさむ(uminecosounds)
・ KnowMeZ+CullCanEcho
 ※更にスペシャルゲストとして天才ヤマジカズヒデ氏を迎えての演奏もあります!
OPEN 18:40 / START 19:00
Ticket: ¥1500(+1order)
人のライブを告知するのって変な感じ。

ep

7月のライブは凄い

7月のライブは凄いことになっています。
7/13 ヤマジカズヒデ @ 吉祥寺GB
[69 Paradise] 大江 慎也
ヤマジカズヒデ(dip)<メンバー:Dr.本庄克己、Key.須藤俊明>
18:30 /19:00 ¥3600/¥4100+1D GB店頭/GB HP予約
7/15 奇形児 @ 新大久保EARTHDOM
[痺れ肉棒絶倫注射の夜vol.4]奇形児/JOJO広重(from 非常階段)
血と雫(Z.O.A 森川誠一郎 + 割礼 山際英樹 + 高橋幾郎)
BAKIソロ(MOSQUITO SPIRAL/ex GASTUNK)/ファラオ
OPEN 18:00 /START 18:30 前売 2000円/当日 2300円(別途ドリンク代 500円)
7/21 John Zorn’s COBRA ジム・オルーク部隊 @ JAZZ ART せんがわ2013
[ジム・オルーク、波多野敦子、須藤俊明、山本達久、石橋英子、トンチ、ユザーン 、五木田智央、千葉広樹、巻上公一、坂口光央] ほか
7/22 MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS @ 渋谷 O-nest
[M.M.H.O]
MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS
MUSIC FROM THE MARS/henrytennis
ORDINARY PURPOSE PLUG AND INVITATION
19:00 / START: 19:30 ADV: 2000 / DOOR: 2500 (ドリンク別)
7/27 前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久)@ FUJI ROCK FESTIVAL’13
以上5つライブがあるわけですが、何が凄いって、個人的な話ですが、最初のライブから順に、キーボード、ドラム、ドラム、ギター、ベースです。最初はヤマジさんでキーボード、ヤマジさんの曲やカバーなどいろんな曲を演奏します。その次、奇形児ドラム。その次、3年ぶりのMSNドラム、この手のドラムを叩いてなかったのでかなりリハビリが必要。その次、コブラ、12弦ギターで参加します。インプロです。そして最後にやっとベース!しかも初フジロック!達久くんも加わったスーパーソープランダーズ。ウルトラソープランダーズだったかな?
普通に考えれば、ひと月に5つのアーティスト(ぶんの曲)をやるのも大変だと思うんだけど、今月はパートも違うんですよ・・・。まぁ、一つは即興だけど、ドラムで2バンド、キーボードで1バンド、ベースで1バンドそれぞれの曲を覚えて演奏するってのは、なかなか普通には経験できないことだと思います。っていうか、練習がすごい大変なんだけど、とりあえず頑張ります。
そんなわけで、明日はドラムのリハの後、キーボードのリハ!

ep

MSN外伝マヒマヒ編その1

MSN物語ですが、このあいだリハーサルでメンバーと会った時に、やはり記憶が曖昧で覚えてないこともたくさんあったので、今度は他のメンバーがそれに付け足す意味で外伝を書いてみよう!ってな話になったので、早速マヒマヒに書いてもらった外伝その1を紹介します。なんでマヒマヒの文章を私のブログに載せるのか意味がわかりませんが、MSNに関することをただ自分のブログに書き始めてしまったため、こういう形になってしまいました。ところで、MSNのHPもしばらく閉じていたんですが、このあいだ、仮の形ですが再開しました。もしよかったらチェックしてください。メンバーのプロフィールとかも新たに作りました。
http://alibabarecords.com/msn/
それでは、マヒマヒによる、MSN物語外伝その1です。
※※※※※※※※※※
さてさて、「MSN物語外伝」ですか(笑)
実はこういうバンドの細かい話をメンバーが語る機会ってなかったので、なんか一部では謎めいたバンドみたいに思われてたようですね。なんでそういう機会ってなかったんでしょうね?まぁ、「公表してもしゃーないやろ。誰も興味ないやろし」と思ってた部分もありますが(笑)。皆さん「MSN物語シリーズ」は楽しんでいただいてますか?
じゃあ僕はまず、僕まひまひとMSN主宰すどうさんとの話でも書きましょうかね。「すどうさん」ってのは僕が最近気に入ってる呼び方です。ちょっと前までは「スディ」って呼んでました。
最初にすどうさんを見たのは大阪在住時代、心斎橋クラブ・クアトロでニューヨークのバンド・God is my co-pilotを観に行った時ですね。そのライブにMELT-BANANAとUFO OR DIEが共演してたんです。そのMELT-BANANAのドラマーとしてすどうさんが出演してたんですが、実はそれまでMELT-BANANAってバンド、知らなかったんですよね。その時点で既に申し分のない実績を積んでいたようなんですが、どうやら僕のアンテナが錆びていたようです(笑)。その当時のMELT-BANANAは今のようにハードコア色が強くなく、ニューウェーブ的な「刻まずに回すビート」に乗せた、リズムが強い曲を猛スピードで演奏してたって感じだったと思います。
その後、再びMELT-BANANAを十三ファンダンゴで観た時に、音楽性が「風変わりなファストコア」といった趣きになってて驚いた記憶があります。もちろん音楽性が変わってもカッコ良かったですけどね。で、そのクラブ・クアトロでのライブですが実は、1~2曲ぐらい聴いた後は「またこんなバンドが出てきたんかいな」と思ってたんですよ。大阪にも多かったですしね、そういう「強いリズムとノイジーなギターとヴォーカルの音楽」を演奏するバンドが。それがライブが進むにつれ「あれ? もしかして実はこれ、すごくよく考えて音楽作ってるバンド?」とどんどん引き込まれていき、MELT-BANANAというバンド名とその音楽性を覚えて帰ったわけです。ちなみに、そのクラブ・クアトロで観た日は「観ただけ」でした。まだすどうさんとも知り合いじゃなかったし、1人で観に行って3組のライブが終わったらすぐに帰ったと思います。
んで、次にすどうさんに会ったのがいきなり「対バン」という形なんですが。ここで訂正。すどうさんによる「MSN物語その2」に「マヒマヒによると、初めて会ったのはカウンタックスのライブらしい」とありますが、僕の記憶違いでした。すどうさんと初めて会ったのはその「MSN物語その2」にも名前が出ている「ビックE」というバンドとの対バンでした。ビックEと、サム・ローマンさんというアメリカ人ドラマーが主宰するノイズバンドの「魔寺」が難波ベアーズで対バンで、僕はその「魔寺」のメンバーだったんですな。あとは大阪のグラインドコアバンドとかがいたような気がするなぁ。で、サムさんがフライヤーで「MELT-BANANAのドラマーがやってるバンド」って煽ってたビックE、どこにMELT-BANANAのメンバーがいたのか分かりませんでした(笑)。それもそのはず、ビックEにはキクチくんというドラマーがいて、当然そのキクチくんがドラムを叩いていたわけで、すどうさんが管楽器以外ならだいたい何の楽器でもこなしてしまうことはその時点では僕が知る由もなかったわけで。
その日、すどうさんは何を演奏してたんやったっけ?ちなみに、その日のビックEには後にMSNを一緒に結成するノリヤくんもオルガンで出演してたそうですが、覚えてないんですよねぇ。聞いたら、オルガンの不具合で一音も音を出せないまんまライブが終了したんやとか(笑)。ノリヤくんのこの手の残念なエピソードならまだいっぱいあるんですが、MSNのメインコンポーザーだったことに敬意を表し、黙っておいてあげることにします。んで、すどうさんは「MSN物語その2」にも登場するレンタルビデオ店の店番をするために、ノリヤくんは未確認ですが多分次の日の仕事のためか多分ただ単に早く帰りたかったため、ライブが終わり次第東京にとんぼ返りしたらしいです、対バンのサックス吹きとお喋りをすることもなく(笑)
…なるほどな~、書きたいことを好きなようにガシガシ書いてたら終わらないんですね。すどうさんの「MSN物語その5」もかなり駆け足で半ば強引にまとめてるしなぁ(笑)こんなにいっぱい書いたのに、まだMSNのSとNと会っただけで話もしてないという。この時点ではまだ全然お互いのことを認識できてないんで「会った」とも言い難いか。
続きの話の進め方はまたその時に考えるとして、とりあえず今回はここまで。
次回をお楽しみに。
次回あるの?
※※※※※※※※※※
というわけで、マヒマヒによる次回が必要な気がします。