ep

down down down

私はたぶん鼻歌とか歌わないんですが、時々曲が頭に流れてるというか、声とか鼻にださないけど、鼻歌を歌ってるというか、そういうことがあるんですが、誰でもそうなんですかねぇ?ところで、このあいだふと、いつものことですがgenesisの”The Lamb lies down on Broadway”を(鼻)歌ってたんですが、まぁ歌詞は知らないですが、曲名が長いのでそこを歌うわけです。で、うた的には”And the lamb ——— lies down ——-on Broadway”ってな感じなんですが、このあいだ歌ったとき、”And the lamb ——-lies down —down down down — on Broadway”と、あいだに”down down down”が入ってしまったんです。で、自分で、これってなんだっけ?馴染みがあるけど聞いたことあるような、ないような・・・。
そう、実はこの”down down down”はフィル・コリンズなんです。
しかもコーラスでやってたわけではなく、ピーター・ゲイブリルが脱退した後、メイン・ボーカルになったら、なぜかこの曲をやるときに”down down down〜”って歌いだしたんです。たぶん当時のイギリス人はフィル・コリンズを「”down down down”の人」って思ったんじゃないかと思います。急に”down down down”をぶっ込んできたわけですから。
でも、ピーター・ガブリエル(いちいち書き方変えたりして・・・)の時、フィルはそこでメチャメチャ印象的なカッコいいフィルインを入れます。あまり普通のドラマーがやらない、クラッシュとバスドラを他の楽器(特にベース)が鳴ってないときに入れるという技をフィル・コリンズはよくやるのですが(というかジェネシスは元々ベースが無いパートが多いのもありますが)、ここもそれを連打するるという、かなり印象的なフィルインを入れています。つまり、たぶんドラムをやってた時から、”down down down”的な何かをフィルは入れたかったんだと思われます。フィル・コリンズのフィルインの話は、フィルのフィルになっちゃうのでややこしいですが、フィルと書いたのはコリンズの方です。フィルインは全部フィルインって書きました。
ところで、このどうでもいい話ですが、さっき実際”The Lamb Lies…”をいくつも聴いて検証してたんですが、たぶん、ピーガブ(また書き方変えたりして)は一度も”down down down”なんて歌ってないんじゃないかと思います。で、フィル・コリンズは、ほぼ欠かさず”down down down”って歌ってると思います。実際はもうちょっと余計なことも歌ってると思います。
さて、ここで気になる、Ray Willson!
「誰だよそれ?」って人がほとんどだと思いますが、歴としたジェネシスの3代目のボーカリストです。まぁ、私もほとんど馴染みはないし、名前もちゃんと覚えてませんが・・・。そのRayさんはどっちで歌ってるんだろうか?その答えがこちらです。

って、まぁ、いちいち全部見て聴くのもなんなので結果だけ書きますと、途中までピーガブ風に(と言うか普通に)歌ってます。でも最後のほうに、きました!”down down down”です!フィルの血も受け継いでるんですね。
という、どうでもいい話でした。でも、それと、もう一つ凄いのは、このジェネシス、オリジナルメンバーが二人(トニー・バンクスとマイク・ラザフォード)いるのに全く本物に見えないということ。全くフィル・コリンズでもチェスター・トンプソンでもないドラマーに、全くスティーブ・ハケットでもダリル・スチューマーでもないギタリスト・・・まぁ、ボーカルはしょうがないと思うんですが。ちなみにキーも違うしね。

ep

『オレらは肉の歩く朝』発売記念ツアー

spaceshower-22.jpeg
前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明)、ついにツアーが始まります!とりあえず、3月の予定だけですが、こちらです。
北海道・札幌 Sound Crue『オレらは肉の歩く朝』発売記念ツアー
 ●日時:2013年3月23日 (土)
 ●時間:開場 18:30 / 開演 19:00
 ●場所:札幌 Sound Crue
 ●料金:前売 ¥2800 / 当日 ¥3300
 ●チケット:・ローソンチケット (L:13846)
       ・店頭予約:Sound Crue 011-221-8313
 ●問い合わせ:Sound Crue 011-221-8313
  http://music.spaceshower.net/maenokenta/niku/
長野・松本 mole hall『オレらは肉の歩く朝』発売記念ツアー
 ●日時:2013年3月30日 (土)
 ●時間:開場 18:30 / 開演 19:00
 ●場所:長野 松本MOLE HALL
 ●料金:前売 ¥2800 / 当日 ¥3300
 ●チケット:・TICKET:前売りメール予約フォーム
 ●問い合わせ:長野 MOLE HALL(0263-88-5535)
  http://music.spaceshower.net/maenokenta/niku/
山梨・甲府 桜座『オレらは肉の歩く朝』発売記念ツアー
 ●日時:2013年3月31日 (土)
 ●時間:開場 17:00 / 開演 17:30
 ●料金:前売 ¥2800 / 当日 ¥3300
 ●チケット:・桜座予約 お問い合わせ:090-6155-9628
   ・kofu@sakuraza.jp
  どうしておなかがすくのかな企画メールフォーム
   http://form1.fc2.com/form/?id=727931
 ●問い合わせ:桜座 090-6155-9628
このバンド(ソープランダーズ)の初ライブは2月のNHKライブビートだったのですが、ホントのライブは3月23日の札幌から始まります。そして、その次の週末に、長野、山梨とまわります!山梨の桜座って去年uminecosoundsがライブやったところです。いいところでした。他の場所はまだ行ったこと無いところです。そもそも長野でライブやるのは初めてかもしれない・・・といいつつ、LOUDSで松本行ったことありましたね・・・
4月も沢山行きます。ざっと書くと、
4月4日 (木) 福岡・天神 VooDooLounge
4月5日 (金) 広島・横川シネマ
4月6日 (土) 大阪・梅田 Shangri-La
4月7日 (日) 愛知・名古屋 APOLLO THEATER
4月21日 (日) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
こんな感じです!

ep

motherskyライブ

今月もmotherskyのライブがあります!
3.14(木) 場所:EARTHDOM
出演: MotherSky
   (ヨシノトランス:E/Saz Spiritjack:G/横山玲:Ba/須藤俊明:Dr)
   
   ナポレオン
   不思議軍
   wabo-chao
   オープン19:00スタート 19:30
   前売り 1700円 当日2000円 (+1ドリンク)
motherskyは私が参加して、次で3回めのライブになります。このところメンバーは固定でヨシノさん、ヒラノさん(spiritjack)、横山玲さん、私の4人です。で、今回辺りから、メンバーも落ち着いてきてるので、新たな試みをしようとヨシノさんに提案してみたところ、のってくれてるので、新たな変化があると思います。私も今までと違う演奏をしてみたいと思ってますが、まぁおなじになってしまうかもです。
motherskyの今のところのスタイルは、ヨシノさんのサズを中心に4人で即興的に音楽を作り上げていき(ほぼキーが変わらないか一定のリフレインがある)、そこにヨシノさんが歌というか声というかをのせたりのせなかったりの感じです。とりあえず、決め事がないので、裏切ったり便乗したり、楽しんで演奏してます。でもやっていくうちにヨシノさんの歌というか、レパートリーという認識が強くなってきたので、曲を生かしつつ発展させて行くことも考えてみたり、やっぱり裏切りたくなったり・・・という変化を考えています。
対バンは特に知らないんですが、調べてたらwabo-chaoって田畑さんですね。久々に対バン。しかも昨日、随分田畑さんの話題が出てた。主にカレーの話でですが。

ep

ヤマソロ@新宿URGA

昨日はヤマソロ(ヤマジカズヒデ:g,vo 本庄克己:ds 須藤俊明:key)のライブでした。この編成ももう5回目くらい?もっとやったかな?いろいろな曲を演奏しつづけてます。今までは基本的にワンマンというか、あっても共演者1組だったので、ほとんど1時間以上のライブをやってましたが、今回は小倉からANTENA IN YOU2というバンド(?)の初来東(そんな言葉あるのか?)のイベントで、他にuminecosoundsの古里おさむくんのソロも入れて3組の出演でした。なので、演奏時間も1時間弱。で10曲くらい演奏しました。
何故かこの日は色々インド話に盛り上がる。まずリハ後にヤマソロ3人とおさむくんで、おさむくん曰く「韓国のスターバックス」ロッジというお店に行き、インド帰りのおさむくんの”バホット・アッチャー”な話を聞き、自分が東京外国語大学のインド・パーキスターン語学科だったことを思い出した。たしか、アッチャーの反対はアッチャー・ナヒーンだったような・・・これって、良い!と良くない!というだけのかなり最低限の言葉なのにあまり覚えてない・・・
まぁ、それは置いておいて、ライブのセットリスト
BEdUJNlCcAASOGJ.jpeg
1曲目、中島みゆき?全く知らない曲ですが、結構いい感じの曲でした。オリジナルのレコードもとても良い。
2曲目DIPの曲です。ロックバンドらしい曲なので、鍵盤でやりづらいかと思ったけど、思ったよりうまくいった!
3曲目、ベック?ジェフベックしか知らないので、この曲はしらないです。この曲が好きという人が結構いました。
4曲目(talking)ヘッズ、ヤマジさんのヘッズの選曲は、なんかいつも不思議。この曲はリアルタイムでよく聴いてたけど、特に好きではない曲です。演奏すると楽しいけど。
5曲目DIPの曲。ここにきてやっといつもライブでやってる曲。綺麗な曲。
6曲目はヤマジさんの曲でuminecosoundsでやってる曲。いつもソロを長く演奏できて楽しい。鍵盤も無茶苦茶の一歩手前か、その辺まで弾いている。
7曲目のこの曲は、曲名を見て、9曲目と間違えて9曲目を弾き始めようとしたら、なんかギターのイントロが違い、曲名を見間違えて譜面を用意したことが判明。慌てて、7曲目の譜面を探しながら、9曲目と同じコードだったので、どうにかなると思いながら、Emを弾いて、だんだん7曲目にして行きました。曲自体は60年代にいろんな人が歌ったヒット曲みたい。たぶん、見に来てくれた人もこの曲が好きという人がたくさんいた気がするけど、私からしてみたら、別にいい曲な感じがしない。コードがメジャーマイナーを行き来する曲だけど、それが美しくないwなんかこういうところが私が普通の人と音楽の聴き方が違うところかと思うんだけど、コード(和音の移り変わりとかカウンターラインの音の動き)が汚い(濁ってるとか言う意味ではなく、美しさが無いという意味)とそれだけで、曲としてちょっと残念に思う。耳に残るからいい曲って言われてるんだろうけどなぁ・・・
8曲目、万年青、これでオモトって読むのは昨日知りました。この曲は前回、小倉にいった時(と、その前の亀戸)で初めて演奏したヤマジさんの曲ですが、メチャメチャいい。鍵盤でもアレンジできるし。ただ、アンサンブルはいつも完全に決まってない。それがヤマソロの面白い所でもあるんだけど、この曲とかはもっとちゃんと決めたほうがいいかなぁと思いながらやっていた。
9曲目、なんとDIPの新曲(ってオフレコじゃないよね?会場録音は禁止だったけど)。これまたすごくいい曲。ヤマソロでももっと発展できそうな曲。というわけで、DIPの新作が楽しみです。今日からDIPはニューヨークにトラックダウンに行ってるそうです。
そして、10曲目というかアンコールに古里おさむ交えてuminecosoundsのサルとバナナを演奏。おさむくんのソロのステージは暗い雰囲気を楽しんでいたけど、このセッションは明るい雰囲気を楽しんだ。
そして、書いてないけど、このあとにノリでもう一曲ヤマソロの3人で、お客さんからのリクエスト(?)のDIPの”スタジオ”を演奏。っていうか、譜面持ってきてないし、コードも思い出せないけど、私もすごく好きな曲。私がステージで「1分待ってください、思い出します!」と言いながら、最初のコードを探す作業に・・・たぶん最初のコードを思い出せば、指の動きでコード進行を思い出せるはず!しかし、記憶が、「なんか黒鍵を多め、白鍵を少なめでおさえてた・・・」くらいで、最初のF#m7の指の位置を思い出すのに1分くらいかかってしまった。そして、あとは曲が進行するのに任せながら、展開を思い出していく・・・という、恐ろしく危なげの演奏をしながら、多少事故にも遭いつつ完奏!
終演後は、なんと大学のクラスメートが来てくれてて、話が出来て楽しかった。つまり、インド・パーキスターン語学科、そしてちょっと前までカラチに住んでたと!私はおもわず、「カラチってどこ?」と聞いてしまったけど。
その後はおさむくんや小倉チームと打ち上げに行き、その後なぜかヤマジさん達とバッティングセンターに行き、シメのラーメンのつもりが、いい店が見つからず、シメのインド・カレー屋さんに入ることに。そして、そこで生の「アッサラームアライクム」を聴いて、家に帰りました。
ちなみに、セットリストの一番下のヤマジさんの落書きは、このヤマソロトリオのバンド名(?)
-EYES OF THE TIGERS-
eye of the tigerを複数形にしてみたんだけど、google翻訳に入れたらどっちでも「虎の目」って出てきます。
日本語で読むときはアイズ・オブ・ザ・タイガースで、タイガーは「ズ」じゃなくて「ス」にしよう、とか、どうでもいいことで盛り上がってます。