ms7 compact2

ケヴィン・エアーズ

私は普段色々なところで楽器を演奏したり音楽を作るのに関わらせてもらってるんですが、まぁ、おもにベースを弾いたりドラムを叩いたり、場合によっては他の楽器を演奏したり録音・ミックスのエンジニアをしたりするのですが、”音楽家”という認識が自分にはあまりないのは基本的に歌を歌ったりしないからです。”音楽家”というより”アーティスト”って言うかな、なんというかそれっぽい感じ。私の言わんとしてることは楽器を弾きながら歌ったり・・・弾き語りっていうかね、それを全くやらない(出来ない)ので自分は”音楽家”ではないと思うわけです。中学生の時にギターを買ってから、一度もギターを弾きながら歌を歌おうと思ったこともないし、ピアノを弾きながら歌おうとしたことも記憶には無い程度です。最初っからそういうことに興味が無いというか・・・まぁ、歌をうたうのは嫌いじゃないんですが、弾き語りのようなことをやろうと思ったことが無いわけです。
しかし、そんな私にも二十歳になる前頃だったと思うんですが、弾き語りのレパートリーというか、ネタが一曲だけありました。それがケヴィン・エアーズの「May I」でした。

まぁ、歌詞もコードも簡単なんだけど、とにかく声が低くて出ない(私は普通の人より全然低い声が出ないらしいです)ので、これをやってもみんな笑うだけのネタでした。まぁ、そんな思い出の曲です。この曲、去年の5月18日にもこのブログに貼ってますね。ちなみにケヴィン・エアーズの事を書くのはこのブログで4回めのようです。あと二回は去年の6月。でも今日はケヴィンにまつわる私の他のストーリーも紹介します。
高校生の時にソフトマシーンのレコードを買いだしてから、大学に入ってもケヴィンは私のスターでした。でも実はその頃一度来日してるんですが、コンサートに行く方法を知らない私は行かなかったんです、ちょっと後悔してます。なんせ私は人生で一度も”ぴあ”とかでチケットを取ったことがないもので・・・このケヴィンの来日も友達を誘ったら断られちゃって・・・まぁ、ケヴィン・エアーズの来日公演を見たい、なんて友達はなかなか居ない時代でしたが。そんなわけで私は一度もケヴィン・エアーズ本人を見たことがありません。
私は過去にケヴィン・エアーズの曲を一度だけライブで演奏をしたことがあります。それが1999年のジム・オルーク来日の時のライブです。ジムはユリイカを出した後で日本人のバックバンドでクアトロで一回だけライブをやりました。その時は私はドラムをやってました。リハーサルの時に、当然まだ日本語を喋らないジムが「キャビネアー知ってるか?」みたいなことを私に聞いてきたんですが、「は?」って思ってたら、どうやらケヴィン・エアーズって言ってたらしく、ジムが弾き始めた曲が「May I」だったわけです。そのライブはユリイカの曲と「May I」とthunderclap newmanのsomething in the airを演奏した記憶があります。もう14年も前のことですね。でも、私がケヴィン・エアーズを聴きだして10年位たってたかなぁ、初めて(で、今のところ最後に)ケヴィンの曲をライブで演奏しました。
あと、ケヴィンの思い出の曲は

この曲、まぁ、相変わらず歌えないんですが、よく弾き語りをしてる妄想でギターを弾いてた曲なんですが、3年くらいまえかuminecosoundsのリハーサルに入ってる時に、おさむくんのアコースティック・ギターを持った時に何気なくこの曲を弾いてたところ、コード進行だけなのにヤマジさんが「ケヴィン・エアーズ?」って言ったのが驚きでした。しかもそのままヤマジさんが自分のiPodからこの曲を全部一人でコピーしてる音源を聴かせてくれて、すごい嬉しかったのを覚えてます。ヤマジさんと同じ曲が好きだっていう(割と珍しい)ことと、ヤマジさんのshouting in a bucket bluesがすごく良かったのと、ケヴィン・エアーズが思ってたより有名なことが嬉しかった。
あと、自分の好きなケヴィン・エアーズの曲を紹介します。あまり知られてないと思うんだけど、とにかくこの曲が好き。YouTubeにも単体でアップされてなかったんだけど、

このCDの17:51のところから始まるMatching MoleのNo ‘Alf Measuresっていう曲がどうやらケヴィンの曲らしいんですが、とにかく初めて聴いた時から大好きな曲です。よくピアノでこれを弾いてしまうんだけど、弾くたびに「あ、誰も知らない曲だった・・・」って思うんですが。と、いきなりケヴィンのレコードじゃないものを紹介しましたが、ケヴィンのレコードで一番好きなのは、

このアルバムが一番好きで、何気にこの2曲目が好きです。これこそ別に代表曲とかではないんですが、なんか好きです。
私も声変わりでもして低い声が出るようになったら、まずケヴィン・エアーズの曲の弾き語りから始めようかと思います。

ms7 compact2

ヤマソロ

2月ってそもそも短いですが、2月は私はもうライブがありません。そんなわけで、次は3月の最初にヤマソロのライブがあります。
3/3(sun)@新宿ウルガ
act) ANTENA IN YOU2(from小倉)
ヤマジカズヒデ(本庄克己、須藤俊明)
古里おさむ
op18:00 st19:00 adv2800yen day3000yen(共に+1d)
問:新宿ウルガ03-5287-3390
九州小倉のANTENA IN YOU2が来ます。Gallery Soapで出会った彼ら、ついに初東京です。で、あと、uminecosoundsの古里おさむくんも出ます。今じゃカレーで有名なおさむくんですが、ソロで出演です。
とりあえず、そんな所で、3月の他のライブの詳細はまた今度。

ms7 compact2

FGTR


ちょっと気になったのでジェネシスのファーストを聴いてみました。まぁ、一番気になったのは、メンバーがどうなってるのか。まずアンソニー・フィリップスですが、12弦ギター、確かにたまに弾いてるんですが、あまりアルペジオはしてません、まぁ、厳密には多少ありますが。そして、マイク・ラザフォード、ここではベース弾いてるんだと思われます。フレーズも別に普通っぽいです。トニー・バンクス、鍵盤は主にピアノとオルガンと思われます。ストリングスとかが重なってるので、あまり印象に残りません。ピーター・ガブリエルはあまりその後と印象が変わりません。最初からあの声です。あと、たまにフルートが入ってます。ドラマーはクリス・ステュワート、ジョン・シルバーとありますが、まぁ、タンバリンばかりだったりで、あまりドラムが入ってるイメージがありません。
しかし、なぜか聴いてるととても退屈に思える音楽で、とりあえず、途中で止めてしまいました・・・また今度聴きます。というかセカンドが聴きたくなった。

ms7 compact2

グヤトーンから始まってジェネシスに終わった今日

一昨日実家に帰ったんですが、部屋を掃除してたら懐かしいエフェクターがあったので、使ってみようかと思い持って来ました。VvQ_HaSe0v.jpeg
写真の真ん中のタッチワウなんですが、結構昔に買ったんだけど、ベースにはイマイチあわないので、その後LINE6のタッチワウになるやつを買って・・・でもそれだと微妙に音量が上がっちゃうので不便で、最終的には西原(友人)が作ってくれたツナ缶(に入ったエフェクター)をずっと使ってたんですが、今日、そのツナ缶とこのグヤトーン、聴き比べてみたら、グヤトーンの方がいいところもある・・・低音の太さが無くなるんだけど、強く弾いたフィルターが開いた時の音がグヤトーンの方が立ち上がりが速いというか、ぶれてない。これはこれで、ビョンビョンさせるのがメインの場合はいいかもしれない、と思い、使うことにしました。ちなみに、写真の左の黄色いパワーサプライの上の丸い缶も西原が作ったトレモロで、家から持って来ました。これも凄いかかりがいい!最高なんだけど、まぁ、ベースで使うことってあまり無さそうだなぁ・・・。
で、こんなふうにエフェクターを引っ張りだしてチェックしてるうちに、前からやってみようと思ってたことを思い出しました。
Vvwcrnye5V.jpeg
これ、長澤くんのサポートやってた頃に使ってた足でサンプラーを出す用の足鍵盤(?)MIDIコントローラーなんですが、これでジェネシスのコピー出来ないかなぁ・・・と。マイク・ラザフォードが全部やってるかどうかわかってないんだけど、supper’s readyの最初のベースってマイク・ラザフォードはギターを弾きながらベースを足で弾けるのかどうか、調べてみたかったのです。ちなみに、調べてたらマイク・ラザフォードが使ってる楽器はdewtron mister bassmanという楽器で、足鍵盤1オクターブ。moog taurusをしょぼーくした感じのものなので、私の持ってるこのrolandのMIDIコントローラーでもだいたい同じ事が出来るはず。
そう思って、とりあえず、マックで適当にDAWをたちあげてベースの音が出るようにする。logic の es2で超適当に音を作ってみて、フレーズを足で弾く都合上ちょっとリリースが長めじゃないと、とか、モノ(フォニック)にしておかないと、とかその程度の設定だけして、で、12弦ギターを出して、それはPODを通してちっちゃいミキサーに、ベースもそのミキサーに、そして、それをラジカセで出す!という超適当なセッティングで部屋で演奏してみました。
とりあえず、難しい!ギターだけならなんとなく弾けるんだけど、足を思ったように動かしながらギターのアルペジオを弾くのが凄い難しい!そして、なかなかうまく弾けない・・・と思ってるうちにどんどん指が痛くなってくる!しかし、やってみたら、よく考えられてる・・・確かにベースは1オクターブでおさまるし、難しいけど両立できないこともない。それで急に録音というか録画してみたくなって、ベースの音源に使ってるmac bookでカメラを立ち上げ、録画してみました。まぁ、簡単に録画できるんだね。macって便利だね。しかし、いくら弾いてもちゃんと最後まで行かない!結局7〜8分弾き続けて、指が痛すぎて休んで、また弾き続けて、休んで・・・の4回目くらいの時に、もうこんなもんだろうと思って今日の結果としてその最後のテイクだけ残しておきました。

supper’s readyのほんの最初の40秒だけなのに、1時間くらいかかって・・・でもこの程度のクオリティ・・・
そのうち弾けるようになるんだろうか?まぁ、ジェネシスもギターもうひとりいるしね。
ところで、この動画、自分で何度か見てみたんだけど、なんか気持ち悪く、怪しげな雰囲気だなぁと思ってたんですが、ふと他の(本物のスティーブ・ハケットの)動画を見た時に気づいたんですが、「あ、左右が逆だ・・・」と。macのphoto boothってやつで録画したんですが、確かに録ってる時は鏡みたいでわかりやすいんだけど、その後も動画が左右逆転してる・・・て、どういうことなんだろう。iMovieで左右逆転は直せたんだけど、普通の動画になってみると下手さが気になってしまうので、修正するのをやめました。

ms7 compact2

DRIVE to 2010

昨日奇形児のライブだったんですが、サリーさんにコレをもらいました。
driveto2010.jpg
内容的に、THE FOOLSの伊藤耕さんのインタビューや奇形児の紹介文のところでサリーさんが文章を書かれてるのですが、実際、約3年前2009年の秋、私はまだ奇形児のメンバーでは無かったんです。でもこの本(?)自体とても興味深い内容なので、もらえて嬉しい!恒松さんのインタビューとか、宙也さんのインタビュー、巻上さんのインタビューとか、うーん、意外に私、大御所と出会えてるなぁ・・・w
この2009年のイベント、まぁ、新宿LOFTのイベントなんだけど、いままで私はあまりLOFTには縁が無いと思ってたんですが、意外にこのイベントの出演者を見ると、縁がある人がいたりします。でも今みて面白かったのは、たった3年の間に色々あったなぁ・・・という事です。日付関係なく行きますが、まず
IMG_1632.JPG
これが本題の日、奇形児とTHE FOOLSが対バンしております。モチロン私はどちらも関係ありませんが、昨日のライブは、奇形児にTHE FOOLSのベーシストが参加した、というライブだったわけです。ちなみに、この日の出演者のAfter The Sludgeはヤマジさんや本庄さんがやってるバンド、一昨年1曲レコーディングさせてもらいました!そして、同じくこの日の出演者swaraga、去年1stアルバムをレコーディングさせてもらいました!この時はこの2バンドも名前を知ってる程度だったような・・・
IMG_1631.JPG
そして、そうか!その頃の私はLOUDSでこのイベントに出てたんだ!しかもLOUDS+2、恒松さん(ex-フリクション)と梶原さん(ex-the BLUE HEARTS)という豪華ゲスト!っていっても、LOUDSって元々豪華メンバーなんですがw(私以外w)。ギター4本、ツインドラムの爆音パンクでした。
IMG_1638.JPG
そして、パラパラみていたら、いるじゃないですか、石橋英子さん!「うにごはん」?そんなバンドやってたんですかwトンチさんや天鼓さんとか・・・どんなギャルバン?それと、バーステージでは、山本達久発見!弘中聡くんや坂口光央くんなども・・・最近会う知り合いはこのページ(日)に沢山いますねぇ。
他にも石橋さんをBEPで、達久くんはNATSUMENで発見!他にも知り合いが沢山・・・というか、この当時あまり知り合いではないのに、今知り合いになれてる人が結構いるのが嬉しい。というわけで、この本(?)を当時ではなく昨日もらえたことがとても嬉しい。という報告でした。

ms7 compact2

フィル・コリンズとジェネシス

そうそう、このあいだツイッターを見てたらこんなのを見つけたんですが。
米クラシック・ロック系サイトUltimate Classic Rockが「フィル・コリンズ期のジェネシス ベスト・ソング TOP10」を発表
http://amass.jp/17136
で、その結果は10位から書いてあったけど、もったいぶるような話でもないと思うので、1位から書きますが、
1. Mama – From: ‘Genesis’ (1983)
2. Behind the Lines – From: ‘Duke’ (1980)
3. Dance on a Volcano – From: ‘A Trick of the Tail’ (1976)
4. Domino – From: ‘Invisible Touch’ (1986)
5. Entangled – From: ‘A Trick of the Tail’ (1976)
6. Follow You Follow Me – From: ‘…And Then There Were Three’ (1978)
7. No Reply At All – From: ‘Abacab’ (1981)
8. Eleventh Earl of Mar – From: ‘Wind & Wuthering’ (1977)
9. Tonight, Tonight, Tonight – From: ‘Invisible Touch’ (1986)
10. Abacab – From: ‘Abacab’ (1981)
いやー、これ、全く意味がわからない。最近よくわかったのは、英語圏の人にとっては歌詞の内容によって曲の印象が私達日本人と随分違うんだなぁというのがあるんですが、まぁ、この順位はよくわからない。傾向もわからない・・・
まず1位のMamaですが、そっち?ってかんじ。まず、このリズム・マシーンにわりとシンプルなコードがのってきて、途中で凄いゲートのドラムが出てくる、というフィル・コリンズのin the air tonightのスタイルそのまんまの曲がなぜジェネシスの1位?まぁ、ヒット曲だとは思うんですが・・・同じアルバムなら、私は完全にThat’s Allが好きです。もうジェネシスの面影はないけど、ジェネシスでは大好きな曲。
で、2位Behind The Line!?え、そっちのジェネシスもありなの??これはもう、昔ながらのジェネシスの進化系の代表曲。歌が出てくるまで2分30秒あるし。こっちで選ぶなら、たしかにこの曲はすごくジェネシスでいい曲だし、とても好きです。しかしまぁ、ヒット曲系でこのアルバムから選ぶなら、もちろん、turn it on againかmisunderstanding。私にとってはこの2曲がフィル・コリンズ・ジェネシスの代表曲なのにベスト10に入ってないし・・・
で、3位Dance on a Volcano、2位の路線で選ぶなら、全然わかる。これもまぁ、歌が出てくるまで1分ですが、まさにジェネシスの進化系(進化の途中?)という感じの名曲。ジェネシス特有の執拗な7拍子の代表的な曲でもあるかも。でもまぁ、この曲はフィル・コリンズ全開だけど、ピーター・ガブリエルのジェネシスの直後なので、後のジェネシスの印象とはだいぶ違う。でもフィル・コリンズ・ジェネシスのベストって私にとってはこの辺りかも。
で、4位Domino、え?そんな曲しらないよ、って曲ですが、確かにありました。まず、大作にもかかわらずたったの13秒で歌が入ってくる、そして、基本的にリズム・マシーンを使ってる。そして、ゲートのドラムが入ってくる、そのパターンか。途中ひどいディスコ調になり、もう目も当てられない感じになる。これが好きなジェネシスファンって、相当ディープな気がしますが。途中からインビシブル・タッチみたいな曲調になる。8分20秒くらいで出てくるメロディって何だっけ?
で、5位Entangled、この曲が好きな人が多いのはわかる。でもまぁ、この曲もある意味ジェネシスらしくない曲、というか、フィル・コリンズ・ジェネシスらしくない曲な気がしてて、この曲調はどんどんなくなっていく気がする。私の印象としてはピーター・ガブリエル在籍時にフィル・コリンズが歌ってたmore fool meのような曲。12弦アコースティックギターのジェネシスだとこの曲しか入ってないかな。
で、6位Follow You Follow Me、そう、こういう曲こそフィル・コリンズ・ジェネシスの代表的な曲な気がする。これが入っていながら、ほかのPOPな代表曲が入ってないのは意味がわからない!このある意味普通の曲、それがフィル・コリンズ・ジェネシスだとすれば、他にもいい曲沢山あるのになぁ。
で、7位No Reply At All、これも6位と同じイメージ。アバカブの中のポップな曲。これこそアメリカで人気が出るジェネシス、って感じ。私は特別こういうジェネシスが好きなわけではないけど、ジェネシスが聴きづらいとか思ってる人は、こういうのを聴けばいいと思う(いや、聴かなければいいんだけどね)。Dominoなんて聴いて、誰が興味を持つんだろうか?まぁ、この曲、実はよく出来てると思ってる。ある意味The Lamb Lies Down on Broadwayのようなアレンジをうまくポップにしてる。
で、8位Eleventh Earl of Mar、まぁ、この曲、かっこいいし、フィル・コリンズ・ジェネシスらいしいい曲だよね。でもライブ盤に残ってるのはseconds outでもthree side liveでも(Live Over Europeでも)、このアルバムからはafterglowだけどね。
で、9位はTonight, Tonight, Tonight、えー。Invisible Touchは?Throwing It All Awayは?In Too Deepは?Land Of Confusionは?またインビシブルタッチからリズム・マシーンの曲か・・・mamaといいdominoといい、こういうのがフィル・コリンズ・ジェネシスってことなのか?
で、10位Abacab。え?いままでのどの路線でもない気がするんだけど・・・今更?これこそ、Turn It On Again,Invisible Touchの路線というか王道かと思うんだけど、それにしても、他の曲は???
ちなみに、私はこのブログで昔勝手に、ジェネシス一般的に知られてると私が思ってるベスト10を書いてたんですが、それがこちら。
1.Invisible Touch (1986:Invisible Touch)
2.That’s All (1983:Gnenesis)
3.Misunderstanding (1980:Duke)
4.Turn It On Again (1980:Duke)
5.Mama (1983:Genesis)
6.Lamb Lies Down The Broadway (1974:Lamb Lies Down The Broadway)
7.Follow you,Follow me (1978:…And There were Three…)
8.I can’t Dance (1991:We can’t Dance)
9.Watcher of the Skies (1972:Foxtrot)
10.I know what I like (1973:Selling England by The Pond)
そして、その後に書き足してたのが、「うーん、Throwing it All Awayと、Abacabと、Illegal Alienと、No Reply At allと、The Carpet Crawlersが入ってないのがおかしい気がする。」とあるので、それを踏まえて、フィル・コリンズ・ジェネシスベスト10を書くと、
1.Invisible Touch (1986:Invisible Touch)
2.That’s All (1983:Gnenesis)
3.Misunderstanding (1980:Duke)
4.Turn It On Again (1980:Duke)
5.Mama (1983:Genesis)
6.Follow you,Follow me (1978:…And There were Three…)
7.I can’t Dance (1991:We can’t Dance)
8.Throwing it All Away (1986:Invisible Touch)
9.Abacab (1981:Abacab)
10.Illegal Alien (1983:Genesis)
11.No Reply At all (1981:Abacab)
あ、ひとつはみ出ちゃった。7位のI can’t Dance要らないかなwとか・・・まぁ、でも、これがわりと普通じゃない?でも、好きな曲を上げてるわけではないですからね。好きな曲ベスト10を作ったら一曲もかぶらないかも・・・1曲くらいかぶるかな?
ところで最初の転載したベスト10、ツイッターで知ったので、当然コメント入りでリツイートしてるのが見れるんですが、その中には「afterglowが無い」とか「That’s Allは?」とか、そういう意見があるんですが、逆に「予想通り」とか「1位に納得」とかの意見もあるので、まぁ、私の勉強不足なんでしょうか・・・ジェネシスの良さをよくわかってないのかも。
ちなみに、私が選ぶ1位は、今の気分だと、Los Endos – From: ‘A Trick of the Tail’ (1976) かな。長文で画像もひとつもなかったので、youtube貼っておきます。

あれ、これ去年の9月にも貼ってたなぁ。でもそれリンクが切れてるし、まぁ、いっか。フィル・コリンズ・ジェネシスとか言っておきながら、フィル・コリンズ歌ってないですが。