ms7 compact2

ソープランダーズとライブビート

昨日書きかけた内容ですが、2/5に前野健太とソープランダーズの初ライブがあります。これはNHK ライブビートの公開収録なので、当選した方しか入れないライブなのですが、近いうちにNHK FMで放送されると思います。というわけで、前野健太とソープランダーズですが、なんといろいろな偶然が重なり、メンバーになりました!前野くんと、ジムと石橋さんと私です(フル・ヴァージョンってのもありますが、それはまた追って)。誰が何の楽器やるかよくわからないという、珍しいタイプのバンドです。まぁ、簡単に言いますと、私がドラムをやる場合もありますが、石橋さんもご存知、元パニックスマイルのドラマーです。私がベースをやる場合もありますが、ジムもご存知、元ソニック・ユースのベース(?)です。という可能性を秘めたわけのわからないバンド、それがソープランダーズでしょうか。
なんと、3月後半から4月にかけて全国をツアーします。また詳細は追って。
ところで、ライブビートですが、これまた・・・私は縁の深い番組でありまして、前にツイッターでも書いたことあるのですが、何度も出てるんです。前回でたのが2011年6月に石橋さん、というかこの日のライブの時にバンド名が「もう死んだ人たちに」になったのでした。つまり石橋英子 with もう死んだ人たちの初ライブ(?)でした。その時のツイッターを探して調べたんですが、(っていうかツイッターさかのぼるの大変だね・・・)初めてライブビートに出たのは2000年、GOMES THE HITMAN、その時におそらくライブビートの当時のディレクター、佐藤さんと初めて会ったんですね。今でもツイッターや大阪で会う友人です。しかもその頃は私はNHKでバイトしてて、よく佐藤さんに会ってた。そして、次にでたのが2001年、thermo+福岡ユタカさん、これは完全に佐藤さんの企画だった気がします。凄い貴重なライブでした。その次が2003年、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS、ゲストにけっちゃんも含めて、5人で演奏しました。その次は2006年、HARCO、これは確か別会場でのライブ収録。そして、次がさっき書いた2011の石橋さん。というわけで、ホントによく出さしてもらってる番組です。しかも、その頃はNHKでバイトしてて佐藤さんにもよく会ってたので、他のバンドの収録もかなり見に行ってました(ホントはハガキで当選した人しか見れない・・・なので申し訳ないですがw)。当時見たバンドは、ROVO、渋さ知らズ、MELT-BANANA、MUSIC START AGAINST YOUNG ASSAULT、ラブクライ、エンケン・・・他にも沢山見たけど、今思出せない!フリーボも見たかな?エレクトリック・イール・ショックも見たはず!
いつの間にか懐かしの505スタジオでの収録ではなくなってしまったのですが、とにかくソープランダーズ、ソープ革命!始まります。
あ、でもNHK的にバンド名のソープランダーズはNGだって話かも・・・

ms7 compact2

奇形児2連発

■2013.02/01 (fri)
@東高円寺二万電圧
[例のK Presents”不謹慎売買-例のK『執拗悪』発売記念公演-“]
例のK
カイモクジショウ
コトリトワタシ
Bovril
股下89
奇形児
open / 18:00 start / 18:30
door only / 2,000yen
(+drink500yen)
※例のKで入場の方に先着で入場特典ディスクあり
2月最初のライブは、例のKのレコ初です。中学生棺桶という名前だったバンドですが、その頃からちょくちょく対バンさせてもらってます。出演バンドも多いので、この日は演奏時間は短めかと思いますが、奇形児初の二万!というか、わたし初めての二万・・・・
もともと2万ボルト出身といってもいい私ですが、なんと二万電圧になってからは初めての出演。でもまぁ、2回ほど見に行ったことはあります。近所ですし。自転車で行ってます。迷いましたが。東高円寺なんですよね。間違えて新高円寺で探しちゃいました。
そしてその次は
2/10
@新大久保EARTHDOM
EARTHDOM 7周年記念
RedDyed
the原爆オナニーズ
奇形児
久土’N’茶谷
SLIP HEAD BUTT
OPEN 18:30 START 19:00
前売 2200円 当日 2700円(別途ドリンク代 500円)
アースダムです。これまたいつも自転車で行ってます。こちらは相変わらずの凄いメンツのライブですが、出順が意表をつくということなので最初から来てください・・・
ところで、この2回の奇形児のライブ、ベーシストが、THE FOOLSの福島誠二さんがやってくれます。セイジさん、実はなかなか縁がある人で、もともと高校時代の友達のバンドにサポートで参加してたので、よく会ってたんです。わたしもスタッフしたりしてたので。それが90年代の終わり?よく覚えてないけど。当時杉浦フィルハーモニーオーケストラやヒデタカさんとSUB SONICっていうバンドをやってたのを知ってました。その頃はヒデタカさんのこと知りませんでしたが。THE FOOLSとグレイト・リッチーズと・・・と、他の情報も色々あったんですが、よく把握してなく、まぁ、なんとなく怖い人だと思ってました。その後、一昨年くらいに、ヒデタカさんのGYMNOPEDIA復活のライブの時、セイジさんがベースで参加してたので、その時におそらく10年ぶり?とかくらいに会ってるのですが、このあいだ奇形児のリハに行った時、全く私のこと覚えてない・・・というか気づいてなくて・・・(まぁ、スタッフでウロウロしてる奴っていう感じだから、覚えてないのもわかるんですが。)セイジさんに前に会ってる事を説明したら、「なーんだよ!緊張して損したよー」みたいなこと言われました。
そんなわけで、この2本のライブは、私、ついにセイジさんと共演する、というライブです。たぶん今までの奇形児と印象も違うかと思います。弱冠ですが。←いや、基準がわからないから、大きく変わってるという人もいてもおかしくない、なんせ人が一人違うんだから。
この2本のライブの間に、前野健太とソープランダーズのライブがありますが、その話はまた次回。

ms7 compact2

SWANNY「饗宴」の話

終わりました、SWANNY「饗宴」!エリック・サティの曲と石橋さんの書きおろし、おそらく合計6曲くらいをもう死んだ人たちで劇中に演奏するというイベントでしたが、まったく今までのライブと違うことが経験できて、すごい面白かった。
作・演出の千木良悠子さん、千木良ちゃんは、まぁ、昔から知って入るあの千木良さんですが、最近石橋さんを通してよく呑む仲間です。山ごもりにも一部参加して、曲のアレンジなどに参加して、という流れで、その成果が昨日一昨日の全3公演だったわけです。
今回北沢タウンホールというところでの芝居、そして劇伴という感じだったんですが、まず役者陣がマイクを使わず芝居するという情報がありつつの、タウンホールの広さをよく把握してないなどの混沌とした状況から、PAは(基本的には)使わず、楽器ごとの音量で演奏することになり、前日(仕込みの日)に楽器を配置して、サウンドチェックするわけですが、セリフの音量(声量)と客席での聞こえ方を把握するのも難しく、しかも基本的に楽器のセッティングしてる時も照明さんの都合で客電は落ちてるし・・・という混沌とした状態。そんなこんなで、音楽の出てくる場面の実演してチェックをしてみる。それで前日の仕込み終了。
IMG_1600.JPG
当日(1日め)の昼間はゲネプロ。みなさん衣装に着替えて、初めて全体の流れを私は把握。意外に芝居の間の待ち時間が長いことが判明。そして演奏中はまったくステージが見れないことと、演奏が始まる前も石橋さんの合図をみるためステージを見続けられないことが判明。音の微調整などもしつつ、1回めの公演を終了。その後は初日打ち上げという感じで、普段行かない飲み屋に行く。役者さん達がステージから降りるとどれが誰だかわからない!
二日目(最終日)、また音の調整をしつつ、2公演演奏。最後の公演のあたりでは待ち時間と音楽が出てくるタイミングと、話の内容もほぼわかってくる。しかし、あいかわらず演奏中はステージが見れない。演奏してるところはおそらくダンスしてるシーンが多いのかと思うんだけど、それがほとんど見れないのが残念。最後のクライマックス的なところも見れない・・・という、そんな人生初の劇伴でした。
ビデオとか撮ってたら見たいなぁ。
しかし、芝居というものを初めてみたんだけど(全部じゃないけどね)、役者ってのはすごいもんだなぁ。というかキャラクターなんだなぁとつくづく思った。どの出演者も独特の面白さや良さがある。話がわからなくてもそれだけで面白い。まぁ、そういうキャスティングってことなのかもしれないけど。そして、照明や衣装、美術ってのも重要なものだなぁと、感心した。バンドやってると照明とかってだいぶ適当なものと考えてるからね。そして、舞台監督の方にもだいぶお世話になりました。
関係ないけど、これが譜面台
IMG_1605.JPG
芝居用に譜面灯が調光器を通って照明さんがコントロールしてる。そして、そのせいでベースにノイズが乗る・・・まぁ、それはいいとして、左にお菓子を置いてるのは集中力を保つため。のど飴(せきどめ)もベースアンプの上に配置。
そして、今回のサウンドトラックがこちら。
IMG_1596.JPG
もちろん録音はジムです。知らぬ間にオーバーダブも入ってて、凄いことに・・・。会場で販売してましたが、他でも入手方法があるのかも。

ms7 compact2

宙也† 幸也†ヤマジ

昨日の宙也† 幸也†ヤマジ のライブは、とても楽しく、貴重な経験をさせてもらいました。今までも恵まれたことに色々なミュージシャンと共演させて頂きましたが、これまた本来なら考えられないようなメンツと共演させていただきました。私の先輩、ヤマジさんが私の次に若iい・・・というすごい状況!
凄いメンツなのでまたメンバーを書いちゃいますが、ボーカルが、ALLERGY、De-LAX、LOOPUSの宙也さん、ギターが幸也さん、幸也さんにいたっては活動歴がすごすぎて把握できない・・・元MUTE BEAT、SUPER BAD、ARB、Zi:LiE-YA、現THE WILLARD、THE EASY WALKERS、SDR・・・まだまだあるんだと思いますが・・・。そして、ベースはLOOPUSの三賀さん!ギターがDIPのヤマジさん!で、ドラムは・・・奇形児の(?)私という、とんでもないメンツ!でも、内容は全曲カバーで、楽しく演奏!という感じですが、まぁ、みんな凄いんでビビりました。
もう話はそれちゃいますが、私は普段ドラムでライブをするときに、キック(ペダル)とスネアを持ち込む、という風習に習ってない(あれ?”習”が続いてしまった)のですが、今回も例に漏れず、スティックだけ、というか、一曲タンバリンを使おうと思って、タンバリンとスティックだけ持って行った・・・つもりだったのですが、会場について、楽譜をコピーしようかと思ってカバンからノートを出そうとしたら・・・スティックケースが無い!スティックケースをカバンに入れた記憶もない・・・つまり、タンバリンしか入ってない!しかも星形のふざけたタンバリンひとつ!それで大先輩たちと共演するのか!と、まぁ、とてつもなく動揺したんですが、とりあえず、スティックなら買いに行ける!と思い、ライブ会場の440の2階のスタジオ・アンディーズに行って、顔なじみの店員のタイチ君がいて、スティックが売ってるのをみて、ホッとしました・・・。
しかしまぁ、そのスティックを忘れたことに気づいた瞬間は動揺しまくってて、家に取りに帰れるか?・・・時間がない。とりあえず、今日下北に知り合い沢山いるし・・・シェルターでは秋山くんがFresh!のライブやってるし、MELT-BANANA(昔私がドラムやってたバンド)も対バンで出てるし・・・いや?MELT-BANANAって今ドラムいるんだろうか???あ、下北のCLUB QUEには、けっちゃん(GOMES THE HITMANのドラマー)が出てるんじゃなかったかな?とか、スティックを借りる事を考えてしまったんですが、楽器屋のない下北でもリハスタならスティックくらい売ってるだろうと気付き、近いところはTRITONEスタジオか?ガードアイランドか?ノアか?とか考えだして、よくよく考えてみたら、真上がリハスタだった・・・と、めまぐるしく動揺してました。
しかし、そんな私を許してくれて(る?)共演してくれた先輩方には本当に感謝してます。
ちなみに前半は宙也†幸也†ヤマジのトリオ、後半に三賀さんと私が入っての5人で演奏しました。5人の演奏のセットリストがこちら。
photo.jpeg
まぁ、当然ながら私は全曲初めて演奏する曲で、初めて聞く曲も半分くらい。HeyHeyMyMyは他人が演奏してるのを見たことがある程度。MotorcycleはLove and Rocketsの曲ですが、聴くのも初めて。Killing Moonは映画ドニー・ダーコで知ってる!BauhausのShe’s in Partiesも知らなかった。The Velvet UndergroundのI’m Waiting For The Manもなんとなく知ってた程度。じゃがたらのタンゴ、じゃがたら自体初めて聴いた!次はDIPのWIRE、次はよく知ってる、KraftwerkのRadio Activity、その後画像は切れてるけど、The BeatlesのTomorrow Never Knows、これも初めて聴いた!アンコールでやったD.BowieのHerosはなんとなく知ってた。といったセットリストでした。
ちなみに、Tomorrow Never Knowsは聴いたことなかったけど、実は演奏したことがある・・・去年、大島輝之さんと一緒にライブやった時に、セットリストに書いてあった気がする!結局、曲知らないまま演奏しました。
ちなみに、会場が440だったので、おとなしめな演奏になるかと思ったら、もうみなさん、すごい強烈な音で演奏するので、ドラムも結構がんばって音量を出して叩きました。スティックを細めのやつを買ってしまったことをちょっと後悔・・・でも、何よりも一番困ったのは、440にあったスネアスタンドの安定が悪くて、スネアのオープンリムを2回ほど外してしまった。スネアやペダル、はほとんど問題ないんだけど、スネアスタンドが・・・シンバルも太鼓も結構良かったんだけど、スネアスタンドが・・・あれで普通の人は大丈夫なのだろうか?それとも私の使い方がマズイのだろうか・・・

ms7 compact2

1月のライブ

12月の末から、ついこの間まで山ごもりしてきました。そして、帰って来ました。そして、いろいろ東京での活動が控えてるので、それらの準備を始めた今日このごろです。そんなわけで、今月のライブを紹介します。
1/20(日) @下北沢440
宙也†幸也†ヤマジ
宙也(アレルギー、De+LAX、LOOPUS)
内藤幸也(SDR,ARB)
ヤマジカズヒデ(dip)
+ 三賀勝稔(LOOPUS)
   須藤俊明(奇形児,exMELT-BANANA)
ヤマジさんに誘っていただきました。私はドラムで参加です。そして、ヤマジさん以外の方々は初の共演です。あした初めて会います!といっても宙也†幸也は過去に2度ほど対バンさせてもらっていて、その凄さに驚きました。そんな方々と共演です。でも楽しくやらせていただこうと思ってます。全編参加では無い予定ですが、宙也†幸也のライブ+αな感じになるはずなので、楽しみです。
その次はライブというか・・・
2013年
1月26日(土)19:00
27日(日)13:00 17:00
北沢タウンホール
SWANNY 第二回公演 
饗宴 
作・演出 千木良悠子
出演
阿部翔平、河井克夫、川瀬陽太、
小林麻子、坂田有妃子、志甫真弓子、
たにぐちいくこ、千木良悠子、
寺田未来、安元遊香(Saliva)
音楽・ライブ演奏
石橋英子 with もう死んだ人たち
(ジム・オルーク、須藤俊明、波多野敦子、山本達久)
http://swanny.jp/information
というわけで、千木良ちゃんの芝居の劇伴、生演奏です。エリック・サティの曲などを演奏します。こんな経験も初めてなので、楽しみです。
そして、2月には奇形児のライブがあります。それはまた次回に。