ms7 compact2

"脳内覚醒GIG"

6.2sat
横浜LIZARD
“脳内覚醒GIG”
■:奇形児/MOSQUITO SPIRAL/WATERBED/やさぐれ/G.L.G/WORSTVISION
■DJ:MAX
17:30/18:00 ¥1500/¥2000/学生¥1000
6月最初のライブはドラムで、横浜です。横浜でドラムです。
奇形児も新曲も出来てきてるので、横浜の人は是非!
東京では知り合いが沢山ライブやってる日です・・・
学生って来たりすることあるんだろうか?学生って大学生もOK?

ms7 compact2

ドラム教室

kote.jpg私は過去に数回ドラムを教えたことがあるんですが・・・まぁ、ひどいはなし、ドラムを習ったことないのにドラムを教えてるわけです。
でもまぁ、習ったことなくてもひと通りわかってるつもりなので、ひと通り教えることは出来ます。
とは言っても、まぁ、わりと初心者には「8ビート」という常套テクニックを教えてしまいます。ホントはそんなこと教えたくないんだけど、なんとなく世の習わしとして、まずそれを教えてしまう・・・
で、その「8ビート」ってやつは、1小節のパターンとした場合、普通ハイハットを右手で八分音符全部叩き、右足でベース・ドラムを1、3拍目を踏み、左手でスネア・ドラムを2、4拍目で叩くと出来上がるというリズム・パターンなのですが、コレが意外に難しく、コレを出来るようになるのに、普通の人で5分か10分、人によってはそれ以上の練習が必要になります。
で、「コレさえ出来ればいろんな曲が演奏できる!」と、嘘をつきますが、そんなことはありません。
さて、コレが出来たら、次はだいたい、ベース・ドラムを1、3拍からバリエーションをつけていきます。左手と右手は変わりません。ベース・ドラムに8分音符のバリエーションを色々加えていきます。シンコペーションとかしていきます。この時点で一部の人は挫折します。
さて、この難しい右足のバリエーションなくして、ドラムを叩きづけるためには両手にバリエーションを加えます。まず簡単でよくやるのが、右手の一拍目の頭(小節の最初の音)をシンバルにします。それと4拍目を右手と左手を交互に16分音符4つの連打にします。これを8小節に一度くらいやると、曲を演奏してるっぽくなるので、満足できます。ただ、8小節という概念がない人には、1小節目の頭にシンバルを入れて8小節めの4拍目に連打、というのが理解できないようです。
また、この「8ビート」というのが出来るようになると、バリエーションとして、右手の八分音符をハイハットから、ライド・シンバルやフロアタムにすると雰囲気の違う「8ビート」が叩けるので、しばらく楽しめます。このバリエーションは意外に少なく、右手の八分音符をタムタムやクラッシュ・シンバルやスネア・ドラムにしてもパターンにはなりますが、それでいい感じを出すにはちょっとテクニックがいるので、初心者向きでは無い気がします。
さて、今あげた3つの「8ビート」のバリエーションのうち、ハイハットとライド・シンバルは人々に好まれ、よく使われるのですが、フロアタムというのは「なんか、土人臭い・・・」という印象があり、ちょっと使う場所を選びます。ホントは土人臭くなんか無いのですが・・・
最近では土人臭さを消すために早く演奏して、パンク・ロックによく使われているようです(勝手な推測です)。
で、ここまでは話しのフリで、実はuminecosoundsは右手の刻み(ここでいう八分音符)がフロアタムにになることが異様に多いバンドだということを紹介したかったのでした。古里おさむが作ってきた曲をバンドで演奏しながらアレンジすると、大抵フロアタムで刻むパターンに落ち着きます。そして、変わったてることに、サビなどの盛り上がるところでフロアタムを刻むというパターンが多々あります。ロック・ミュージシャンたるものサビで盛り上がってる時はシンバルを沢山叩きたいものですが、何故か、uminecsounds+コテイスイはフロアタムで盛り上がる変わったタイプのようです。
完成したアルバムを聴くと、全11曲中ドラムが入ってる曲が10曲、そのうちパターンにフロアタムが出てこないのが2曲だけ、それ以外の8曲は曲のどこかでフロアタムで刻んでます。そしてその内4曲がサビでフロアタムの刻みになる・・・という・・・
そういうジャンルのようです。おさむくんはこれを「ねぶた」と言ってます。私は「ねぶた」のことはよくわかりませんが。
さてここからは余談。よく音楽のジャンルやドラムのパターンで「4ビート」「8ビート」「16ビート」「2ビート」と言いますが、私の解釈では演奏者や曲のリズムが何音符を基準に演奏されてるかによるものと捉えてます。ジャズの代名詞の様に扱われる4ビートは四分音符を基準に演奏されていて、8ビートは8分音符を基準に、16ビートは、基準というわけではないけど16分音符を意識して演奏されてる音楽と思ってます。が、2ビートがよくわからない・・・これは別に2分音符を意識して演奏してるとは思えず・・・ただ、四分音符一つに対して表と裏をダウンビートとアップビートで演奏するスタイルかと思ってます。これを8分音符でやるとブラスト・ビート?ココらへんはよくわかりません。

ms7 compact2

Genesis "the cinema show"


シネマ・ショウについて書いちゃいます。この曲はおそらくジェネシスを代表する曲で、ジェネシスの魅力が詰まってる名曲でしょう。といってもまぁ、5本指に入る・・・くらいかな。でもこの曲だけで語りたいことが山ほどある・・・とりあえず、音楽って深くて面白いと思える名曲。
そもそも、まず、このイントロの不思議なギターの答えを知ったのは、割と最近です。インターネットって便利だね。ほんと5年か10年前までどうやって弾いてるのか想像がつきませんでした。
その答えは、12弦ギターのチューニングです。普通12弦ギターは複弦(普通の6弦ではない方)はオクターブかユニゾンでチューニングするのですが、この曲は変則チューニングの上に、複弦まで変則!複弦ではない方の弦はDGDGBEでチューニングされていて、複弦はDGAEBEでチューニングされてます。つまり普通のギターで言う3弦の開放でGとEが鳴り、4弦の開放でDとAが鳴るのです。曲の冒頭のDとAの和音はつまりひとつの爪弾きから鳴る和音なわけで、その後に入ってくるアルペジオも3弦を弾くたびに和音が鳴るわけです・・・
また3弦の複弦と1弦が同じ音に調律されてるため、半音や全音などの近い音程差をアルペジオ出来るわけです。
この発想はなんなんだろう?というかそもそもこれ弾いてるの誰なんだろう?私の中ではトニー・バンクスのイメージなんだけど、映像が見つからず、マイク・ラザフォードかどっちだかわからない・・・スティーブ・ハケットでは無さそうな。
私はどうしてもこれを再現してみたくて、これを再現するためだけに12弦ギターを手に入れました!というか石塚”bera”伯広さんから譲り受けてるんですが・・・
そしてそのギターがコレです!
12str.jpg
そのチューニング、 dDgGaDeGbbeeになってます!
まぁ、このイントロが(弾けてないけど)再現できて、とても満足な今日この頃の私ですが、この曲の後半も私に多大な影響を・・・
Machine and the Synergetic Nutsでやってた7/8は基本的にフィル・コリンズ・パターンを高速化してるものでして・・・まぁ、パクってるといえばパクってるんですが、まぁ、誰もがジョン・ボーナムやリンゴ・スターのパターン、パクってるでしょ?とか言ったりして。
アウトロはドラム・パターンが好きというより、マイク・ラザフォードが好きなのです。このギターはマイク・ラザフォードだよね?
マイク・ラザフォードの好きなところは、あまりベースを弾かず、ひたすらカッティングをしてるところです。このカッティングも他の人のカッティングと違うんだよね。なんかジャカジャカ弾く人って珍しいと思う。あれ?スティーブ・ハケットは何してるんだろう?
まぁ、誰が聴いてもこれはすごい!ってことにならないのはわかってるんですが、一応アップしておきます。

他にも好きなポイントはたくさんある(ボーカルの発音から、ARPの音色チェンジから・・・)
12弦ギター弾けるようになったら、自分で弾いてアップします。弾けるようになるのか?

ms7 compact2

uminecosounds


ついにジャケットが出てきた!ウミネコサウンズです。まぁ、まだ発売まで2週間あるけど。
このバンド、どこに向かってるか、さっぱりわからないよね。ジャケット、パペットだよ・・・ヤマジさんが書いたウミネコくんという曖昧なキャラクターをパペットにしてジャケットにしちゃってるよ・・・
uminecosoundsの面白いところは、ここだと思うんだよね。どこに向かってるのか、よくわからないところ。みんな普通にいい曲をいい演奏して・・・って思ってるかもしれないけど、私は少なくてもそんなことより、バンドの主体がなんだかわからなくなってることこそ、このバンドの面白いところだと思ってる。練習とかしたりいい曲を作ったり、ってことより、カレー作ったり(by 古里)、漫画書いたり(by ヤマジ)混沌としたり(by コテ)・・・そういうバンドだと思います。結局ウミネコくんに影で操られてるっていうのか・・・
でも、意外に音楽のクオリティが高いのが面白い。

ms7 compact2

柴田聡子 1st Album「しばたさとこ島」


6/5に柴田さんのファーストが出ます。ツバメスタジオの君島が録音してたので、私もちょこちょこ柴田さんやプロデュースしてる三沢さんやDJぷりぷりくんと会ってたのですが、演奏(ベース)でも参加させてもらいました。何曲弾いたっけかな?
引越ししてたら、もらったマスターのコピーが行方不明に・・・
曲を覚えて弾いて、録音してという作業を実は一人でやったので、すごいサクサクとベースのアレンジから録音まで終わったのですが、逆にサクサクやりすぎたせいで、あまり曲を覚えてないのですが、完成したアルバムを聴いたら、すごい良い感じになってました。
ベースも結構良い感じで弾けてるし、パーカッションや他の楽器もいい感じで入ってる。
まぁ、このアルバムというか柴田聡子ちゃん、曲のインパクトが凄い!歌もいいけど、歌上手い人にありがちな嫌な感じが全くなく、とても聴きやすい。ので、是非聴いてみてください。ベースは入ってる曲は全曲私Gibson EB-3Lで、実はサクサクと2,3パターン演奏して、好きな方を選んでもらってるので、どっちが選ばれてるかハッキリ覚えてないんだけど、基本的にはピック弾きと指弾きの二種類を録ってたと思う。あと曲によってはブリッジの手前にミュートを挟んで録音したけど、コレがうまく行ったので、それ以来、その時に使ったミュート用のものをカバンに常備することにしました。
ところで、YouTubeにPVがありました。

曲の印象でパッと弾いたベースですが、改めて聴いてみると、ケヴィン・エアーズの”May I ? “を彷彿とさせる・・・
私の大好きなケヴィンの曲で私の大好きなマイク・オールドフィールドが弾いてるベースを彷彿とさせる・・・
ほんのちょっとだけどね、これでクスっと笑える人は、私、本人だけかな。

ms7 compact2

6月のリリース

news_thumb_ishibashieiko_imitation_of_life.jpg4月15日に書いたのですが、6月は私にとっては珍しくリリース・ラッシュです!
前に書いたuminecosoundsが6/6に初のフル・アルバムが出ます。
そして、dipトリビュート盤に参加してる本人・ヤマジカズヒデさんで演奏もしてます。こちらも6/6にリリース。
そして、6/6には長澤知之くんのミニ・アルバムもリリースされます!こちらも2曲参加させていただきました!
そして、6/20には石橋英子さんの新譜”imitation of life”にバンド「もう死んだ人たち」のメンバーとして全曲参加させてもらってます。
そして、6/5には柴田聡子さんの初のアルバム「しばたさとこ島」にも数曲参加させてもらってます!
なので、5枚出る!すごい!絶対過去最高!
あと、それとは別にヤマジさんと本庄さんと三浦真希さんと一緒にやったライブ(ヤマソロ)の音源がCDR2枚組で、ライブ会場などで発売されてるはずです!これは5月から販売してると思います!是非、売ってそうなライブに行って買ってください。
というほぼCDの告知でした。

ms7 compact2

WATCH OUT @ 熊谷

今年はいろんな所に行けるなぁ・・・ということで、熊谷でライブします。たぶん生まれて初めてです。
熊谷BLUE FOREST
5月13日(日)
<NO SMILE NO LIFE PARTY vol.3>
OPEN/START 16:30/17:30 TICKET ¥2800+1DRINK¥500
*中高生、学生証持参の方に限り入場無料(DRINK代 ¥500のみ)
◆LAUGHIN’NOSE
◆ロリータ18号
◆WATCH OUT
◆The RIGHTS
◆DJ☆コータロー
WATCH OUTでドラム叩きます!

ms7 compact2

もう死んだMacと復活Mac

IMG_0558.JPG
昨日、3月にやったヤマソロのライブをヤマジさんと三浦さんと一緒にミックスしながら聴いてたんですが、ある時に急にMacがこうなって、起動しなくなりました・・・全くどうにもならない・・・とりあえず、ヤマジさんが色々調べてくれたりして、
IMG_0560.JPG
この画面にたどりつき、まぁ、Disk Utilityでなんかrepairすれば治るだろう、と思ったら、治らない・・・この時点でもう作業はあきらめ、楽しく曲順を考えることに・・・
そして、家に帰ってから、今度はTime Machineでrestoreすることに挑戦!幸いおとといバックアップ(外付けHDD)したばかり、問題無いだろうと。
IMG_0561.JPG
で、まぁ、こんな感じで、4時間・・・なので寝ました。
今日起きてみると・・・
IMG_0558.JPG
相変わらず・・・こうなると、もうOSの再インストールしか無いだろうと思い、再インストールに挑戦。そう、Lionにしておいたからだと思うんだけど、本体だけでreinstallが出来る!というかDisk Repairとかも本体が出来る!なんか便利なんじゃないかなぁ。役に立ったよ!
しかし、実際インストールしてみると、まずOSをダウンロードするみたいで、待ち時間が8時間・・・と出た。そんなにかかるわけ無いだろう、かかっても夕方には終わる!と思って4時間くらい待ってたら、なんか中断されちゃったみたい・・・
そもそも、wi maxでダウンロードしてるから時間かかるんだ!ってことに気づき、スタジオに行って最初からやり直し!(その前にヤマソロのデータを救出して、それをスタジオのPCで書き出し開始!)
そしたら1時間半くらいでダウンロードも終了!インストールも30分か1時間で終了!無事Macが復活しました。
そうこうしてるあいだにヤマソロの書き出しも終了!夜にはヤマジさんが合流してちょっとだけダビングをして・・・っていう作品がCDRで販売されます!どこで手に入るかわかりませんが、たぶんdipのライブや、いろいろな感じで手に入るでしょう!
基本ライブ録音、基本ドキュメンタリーです。タイトルはまだ公表してないかな?