ms7 compact2

音程の度数とRUSH "YYZ"


人と音楽を演奏するときに、音についての共通の概念が無くては話がしづらいので、普通の楽典というものを使いますよね。「ここ、俺こんな音を出してるから、君もこんな音出して」ではなく、「ここはA7のコードを弾いてるので、フレーズはソラソラソーって弾いて」みたいな感じで。音程だけに限って話をすると、音程っていうのは音がどの周期で揺れてるかっていうのを言います。で、ある基準からその倍の振動をオクターブ(上)といい、その間を同じ比率で12に分けたのが12平均律です。普段の音楽はその音階を使ってるので、12音の音階を使います。って、理屈っぽい話ですが、普段使用する音程ってのはそういう理屈です。
で、音程を人と会話でするときに、大きく分けて2つの方法があります。一つはわかりやすい、絶対音ってやつです。ドとかレとかミとか、F#とかG#とかB♭って奴です。これは大体、指してる音程が絶対的に決まってるってことです。Cと言われたらCの音!みたいな。そしてもう一つの方法が相対音ってやつで、これは、ある音程(絶対的な音程としますが)に対しての度数というので表します。例えば、Aの音を弾いてる時に、4度と5度を足して、と言ったら、AにDとEを足します。よくコード(和音)の構成音を示すときに使います。
うーーん、話したい話に話を持っていきますが、度数というのはダイアトニック・スケール(全音階)、たとえばドレミファソラシドのとき、ドから数えて、レが2度、ミが3度、ファが4度という仕組みです。で、ややこしいことに短調の時はミが♭するので、短三度、長調の時はミなので、長三度とか言います。これの仕組みは簡単ではないのですが・・・
で、話したい話は・・・ドから数えた時のファのシャープ、ソのフラット、これらは同じ音ですが、前者の数え方だと増4度、後者だと減5度といいます。で、どっちで言うべきかなかなか難しいです。ちなみにコードで言う時はフラット・ファイブということが多いですが。音程というか度数で言う時には便利な言葉にトライトーンというのがあります。なので、私はトライトーンという言葉を使うことがよくあります。
さて、ここからが本当に話したかった話!昔ジム・オルークがまだ日本語を喋れなかったころ、ジムが来日してライブをやるときに一度バックで演奏させてもらったことがあります。たしかその時、ジムが他のメンバーにトライトーンという言葉を説明するときに、RUSHのYYZの音程という説明をしてました!その時結構驚いたんだけど、まず、「あのジム・オルークがRUSHを聴いてるのか!」という驚きと、「RUSHのYYZって説明でいいのか!?」って驚きです。確かにYYZはイントロからベースとギターが執拗にトライトーンだけ演奏してます・・・
それからというもの、私はジムと会って一緒に演奏する機会があるたびにYYZのリフを演奏するという楽しみができました。元々私もうろ覚えだった曲ですが、なんかやってくうちに、少しづつ覚えていきました。そして、2年ほど前からドラムの山本達久くんも一緒に演奏してるのですが、あるとき達久くんが「もう完璧にコピーしましたよ!」って!え!俺も少しはコピーしよう!と思い、その後コピーを始めました。まぁ、結局難しくてコピーできてないし、弾けないのですが・・・
そして、ついに、4月26日の石橋英子 with もう死んだ人たちのリハーサル中に、いつものようにYYZが始まったのですが・・・初めて曲が最後までいったのです!!!
そして、事件はその次の日の石橋英子 with もう死んだ人たちのライブ!ありがたいことにダブルアンコールを頂いたけど、もう演る曲が無い・・・で、石橋さんがソロで演奏するのがいいだろうという話で、ステージに上がっていったんですが、ちょっと喋ったあと何故かメンバーを呼んでいる!とりあえずみんなでステージに上がってみたら・・・YYZを演奏するという話に!ハッキリ言って高校生のちゃんと出来てないコピーバンドみたいなものなのに・・・w
なのに演奏してしまいました。なんかお客さんにも楽しんでもらえたようで・・・w
そんなわけでみなさんもYYZを聴いてください。

これでトライトーンの説明ができるようになります。

ms7 compact2

gibson

お疲れ様でした。石橋英子 with もう死んだ人たち 最終日の東京ワンマンも終わり、無事ツアーが終了しました。
そんなところで、石橋英子 with もう死んだ人たちに関して語りたいことは、やまほどあるのですが、今日はそのごく一部、というか殆ど関係ない話を書きます。
今日、会場のスーパーデラックスに行ったら、置いてあったベースアンプがgibsonでした。へぇ〜ギブソンってベースアンプも作ってるのか・・・そういう感じです。私が無知なだけかも知れませんが、初めて見たかもです。スーパーデラックスで2回くらい演奏したことがあるんですが、ドラムだったもので・・・
そこで、ふと疑問に思ったこと・・・いつものパターンですが、スタンダードとされる楽器メーカーBEST10・・・BEST10は難しいか、BEST5にして、エレキ竿ものに限って考えてみたいと思います。(何をやってるんだ私は・・?)
ギターBEST5
1 Fender
2 Gibson
3 Rickenbacker
4 Gretsch
5 Mosrite
ベースBEST5
1 Fender
2 Rickenbacker
3 Gibson
4 Music Man
5 Hofner
まぁ、私の趣味が入っているので、新しい楽器は基本的には無い!まぁ、どっちも5割はフェンダーじゃないでしょうか・・・2位はギターはgibsonだけど、ベースはgibsonよりリッケンの方がポピュラーかなぁ・・・Music ManってのはStingrayです。ちょっと新しめだけど。ヘフナーやモズライト、リッケンもだけど、コピーバンド層には人気がありそうな・・・
といいつつ、国産の楽器が沢山売れてるんだろうなぁ・・・ヤマハとかAria Pro IIとか・・・ところで、聞いた話ですがフェルナンデスで一番売れてるモデルってZO-3なんだって・・・
そんな私はベーシストなんですが、初めて買ったのはAria Pro IIですが、基本的に愛用してきたのはFender Jazz Bassです。2,3年前までそれしか使ってませんでした。gibsonで持ってたのはストラップだけ!
そんな私も今では、ほとんどgibson EB-3Lを使ってます。そして今日はベースアンプもgibson!そしてストラップは・・・Takamine!(これには深いわけがあります・・・)
gibson.jpg
これが今日の機材!なかなかいい感じでした。しかし、右から二番目のツマミ・・・なんだかわからないけど結構音色が変わる・・・
TIMBRE・・・ティンバーか・・・いや・・・意味がよくわからないので、その場で調べたら・・・「音色、音質」
・・・
そんな説明じゃ何にもわからん。

ms7 compact2

peter gabriel


石橋英子 with もう死んだ人たち、ジム・オルーク with 復活たちのツアーから帰って来ました。ツアー中もブログを書くかもと思い、PCを持ち歩くも、やはり相当飲んでるし・・・書かない。で、帰ってきたのでツアーの思い出とか・・・珍道中とか・・・書くかと思いきや、普通にジェネシスの話です・・・
まぁ、帰りの車、達久くんは別行動でいなかったんだけど、達久くんがCDを大量に置いていってくれたので、その中から適当に選んで音楽を聴いてたんですが、ふとこのアルバムを見つけ、懐かしいので聴いてみました。そしたらジムに「須藤さん、須藤さんのpeter gabrielの一番好きのレコードは何ですか?」という質問をされて、「あまり良く聴いてないけど、1stかなぁ・・・」と答えてしまいました。そう、よく考えてみたら、あまり聴いてないのです・・・ジムはたぶんすごく聴いてて、私もジェネシス好きだし、すごく聴いてると思って聞いてくれてるのに・・・実はあまり聴いてない・・・
そんなわけで、帰ってきてから聴き直してみてるんだけど、2ndが・・・聴き覚えがない!
そう、ジェネシスが好きな割には・・・あまり聴いてない。たぶんSo(5枚目)以降は聴いてなくても(ジムとの会話的には)問題ないとは思うけど、2ndを聴いてないって・・・・まぁ、結局3枚目も4枚目もそこそこは聴いてたけど、全曲覚えてるってほどでは無かった・・・すみません、よく聴かずに1stが一番好きとか言っちゃって・・・
でもまぁ、久々に1stを聴いてみたら・・・そう、ほんとに久しぶりwでもさすがに全曲覚えてる!まぁ、車で高速を走りながら控えめな音量で聴いてるので、ざっとしか聴こえてないけど、懐かしいし、内容も好きです。
でも石橋さんが、「B面があまり印象にない」みたいな事を言ったんだけど、心のなかで「え、Here Comes the Floodとか・・・」と思ってたんですが、いざB面の”Waiting for the Big One”って曲になった時・・・「あれ?こんな曲、はいってたっけw」。この曲のあまりの印象に残らなさにみんな同意。
でもその次の変な、オーケストラ入りのディスコ、最高!

ms7 compact2

ソフトケース

明日から4日間演奏の旅にでるのですが、そのためにベースのソフトケースをいつものから、いつものじゃないのに入れ替えてます。いつものは本当に安物で、軽くてとても便利!いつものじゃない奴はそこそこセミハード的で、そこそこ丈夫なんだけど、持ちづらくて不便!このケース本当に嫌なのですが、こんなときは役に立つ!ケースのポケットにそこそこエフェクターも入るので、使うエフェクターはそこに収まるし、譜面もケーブルも入る!つまり楽器関係の物は全て入るので、カバンには着替えとか、パソコンとかw関係ないものを入れられる!
さて、全部詰め込んだソフトケースを持ってみたけど・・・クソ重い・・・ベースとは思えない・・・
まぁ、普段楽してるだけなんだけど・・・エフェクターたくさん使う人や、そもそもベース自体が重い人は普段からこんなもの、いや、コレ以上のものを運んでるはず!そう自分に言い聞かせて運びます!そして演奏します!

ms7 compact2

Hugh Hopper "1984"


久々にカンタベリーの音源を聴いてますが、特にカンタベリーらしくない、ヒュー・ホッパーのソロです。ソフト・マシーンをあのように素晴らしく変化させたベーシスト。いや、ケビンも好きだけど。私の好きなベーシスト・ランキングでは、ソフト・マシーンの中では最上位です。ケビンも上位だけど。で、今さら初めてこのアルバムを聴きましたが(本人にサインを貰ったことがあるほどファンなのに、すみません )ちょっと意外な内容で、面白いです。特にベースの多重録音とおもわれる曲はカンタベリーでも何でもないです。なんというか、ロバート・ワイアットのファーストに近いというか、実験というか遊びというか、まぁ、言ってしまえばソフト・マシーンのメンバーらしいいい作品です。
結構衝撃的なベースがありました。個人的には影響を受けたベーシストBEST5には入ると思われるヒュー・ホッパーですが、今更ながら本当に尊敬します。
ところで、1984と言えばこれ

これを聴いてた当時、アン・レノックスが男か女かわかってなかった。でもコレは好きだった。そして今でも好き。そしてギターを持ってる人はデイブ・ステュワートだけど、カンタベリーと関係ないほうのデイブ・ステュワートです。

ms7 compact2

ドラムの練習

今日は珍しく、ドラムの練習を3時間くらいしました。大抵ドラムを叩き始めると3時間くらいで右手が痛くなるので、それくらいでやめます。特に力の入った練習ではなく、どっちかという力の抜けた練習。出来ないことはわりとすぐにあきらめ、自由に叩く・・・これを練習というのか?でもまぁ、それでも叩きはじめた時より少し体の動きが良くなる。
ドラムの練習ってのは、わたしにとっては、叩きたいように叩く練習。なので、今日はテンポを変えながら叩いてみてる。しかも主に3連で・・・これが難しい。普通にドラムを叩くと動きが表と裏になるので、3連にならない。意識してそう動く事によって、叩きたいように体を動かせるように訓練してる。まぁ、でもうまく動かなかったりするので、すぐに気晴らしに動きやすい演奏をしてしまう。
まぁ、結局自分の動きたいように動いて演奏するのが好きなんだなぁと思う。そして曲を演奏するより、ただ適当に叩くほうが好き。

ms7 compact2

マスター

今日、マスターを3っつもらいました・・・一日に3つ!ちなみに、ひとつはマスタリング前、残りはマスタリング後です。とりあえず、マスタリング後のふたつに関してですが、ひとつはDIP TRIBUTE盤、ひとつはuminecosounds初のフル・アルバムです。DIP TRIBUTEは”9faces”というタイトルで、6/6にリリースされます。超豪華アーティスト参加、MO’SOME TONEBENDER、POLYSICS、THE NOVEMBERS、花田裕之・ 井上富雄・ 池畑潤二、te’、近藤智洋、木下理樹、dip JAPAN (チバユウスケ x クハラカズユキ x TOKIE x ヤマジカズヒデ)、それに本人ヤマジカズヒデ参加です。そして、私はヤマジさんにドラムとベースと録音で参加させていただきました。
uminecosoundsの方も、ヤマジさんと一緒にやってます。ボーカル:古里おさむ、ドラム:コテイスイ、ギターがヤマジさんでベースが私です。録音もやってましたが、ミックス&マスタリングは柏井日向さんです。こっちもバッチリ!いい感じです。そしてこちらもリリースが6/6です!
そして、3つ目のマスターは!今度書きます。
ところで、私は最近リリース的なものが少ないのですが、なんと6月にはこの3つ以外にも、もう1つか2つ参加させてもらったものがリリースされます!たぶん!

ms7 compact2

譜面の話

さて、明日、石橋さんのリハに行くので、譜面を探してチェック!
レコーディングの時に使ってた譜面と、仮ミックスを照らしあわせて・・・変更点などの確認をしてるのですが、譜面の書き方って音楽によって変わるなぁ・・・とつくづく思います。
多くの場合、本人にもらった楽譜から、自分用に書きなおしたりする場合が多いので、もらった楽譜をそのまま・・・ってのは最近ないのですが、特に石橋さんの場合、自分で書いた譜面にちょっと変わった特徴が出てきます。
そもそも私が、というか、ベースの場合は大抵リード・シートというかマスターリズム譜というか、まぁ、つまり五線譜ではなくコードと構成がわかるものを書く場合が多いのですが、まぁ、普通の音楽の場合、それにリハーサルマークというか[A][B][C]みたいに区切っていき、Aメロ、Bメロ、Cメロ、バンプ?とか[Inter]とかギター・ソロとか、やって、リピートマークつかって、D.S(ダル・セーニョ)とか書いて、コーダとか書くと大体曲の構成になるので、それでOKです。フレーズを書く必要がある場合があるので、五線紙に書くこともあるのですが、まぁ、適当なノートでも大体OKです。
さて、それでもって、石橋さんの譜面・・・まず特徴的なのが・・・とにかく拍子記号が多い!これまたメンバー間(パート間)でリズムのとり方が違うことがある(ポリリズムとかね)ので、私の譜面は私専用なのですが、3/4、4/4、6/4、5/8、2/4、5/4、7/4などの拍子記号がとにかく多い!他の音楽はわりと最初に一回しか出てこないし、大抵4/4なので、書かないことが多いのですが、石橋さんの音楽は下手すると小節ごとに書いてます。MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSも変拍子を使うことがあったのですが、拍子が頻繁に変わることはあまりなかったのですが・・・。石橋さんの場合、逆に、流れで拍子が変わってるからトリッキーには聴こえないのですが・・・演奏者はなかなか集中力が要ります。
特に変わってるのが、5/8、7/4みたいに、フレーズごとに分母が変わってしまうパターンです。これはなかなか普通ないのですが、石橋さんの音楽は結構多いです。私の場合、左足などで4分音符の数えながら・・・必要に応じて左足の動きが8分音符(大抵奇数だから必要なのですが)にして、数を合わせて演奏してます・・・
そしてもうひとつの特徴が・・・普通のリピートマークやD.Sが使いづらい。そんなに構成が単純ではありません。リハーサル・マークも[A][B][C][D][E][F][G][H]くらいになることもあります・・・もちろん[A]のちょっと変化したバージョン[A]’なんてのもあるのし。
というわけで、これから演奏するのが楽しみです。なんか難しいこと出来た!っていう楽しみとは別なんだよね。やってみなきゃわからないかもしれないし、メンバーでないとわからないかもしれない。

ms7 compact2

ドニー・ダーコとTFF


最近映画(DVD)を見てると変なセミナーが出てくる映画が多いものだなぁと思う。というのも最近見た、マグノリア(1999)ではトム・クルーズが、イエスマン(2008)ではテレンス・スタンプが、そしてドニー・ダーコ(2001)ではパトリック・スウェイジが・・・と、まぁ、意外に名優たちが変なセミナーの講師(教祖?)を演じてる。このセミナーって感じって馴染みがないんだけど、アメリカだからなの?それとも、世界的にそうなの?それとも、たまたま私が選んだ映画のせい?
と話は、そこではなく、このドニー・ダーコという映画、これまた初めてみたのですが、へーーー!って感じです。意外にわかりやすく、言われてるほど複雑な印象は無かったでした。しかし、テレビで見てると、映画の画面って暗すぎて・・・誰が映ってるんだかわからん!何が映ってるのかわからん!テレビに「画面の暗い映画を観るモード」をつけてほしい。結構たびたび思う。
で、いつものように映画の中の音楽を調べつつ、「お、エコバニか」とか思いながら見てるんですが、割と最初のほうで、結構大きな音量でTears For Fears(以下TFF)の”Head Over Heels”が流れ、しかもちょっと雰囲気が”Head Over Heels”のPV風、しかも映像の感じも一般的なPV風、PVって今MVって言うのかな?
この曲、もともと好きだったので、ちょっと盛り上がりました。たしかTFFのセカンドの3rdシングル?くらいで、その前に「シャウト」「ルール・ザ・ワールド」が大ヒットしてたので、そっちの印象が大きいと思いますが、私はこの曲が一番好きでした。っていうか、このアルバム”Songs From The Big Chair”を凄い聴いたなぁ、と思い出しました。中学生か高校生の時、グレ始めた時(ただのダジャレです)、「お!ロバート・ワイアットに捧げられてる!」とか「キング・クリムゾンの(?)メル・コリンズが参加してる!」とか思って聴いたものです。当時は同じ理由でscritti polittiの”cupid & psyche 85″をよく聴きました。イギリスの流行りモノでも、意外に面白いんだよね。
そんでもって、久々にそのdedicated to Robert Wyattの”i believe”を聴いたり調べたりしてたら、なんと、シングルのB面はWyattの”sea song”のカバーなのですね。聴いてみたけど、早いし・・・そんなに良くない。

まぁ、それは置いておいて、映画の後半にまたTFFの知ってる曲が・・・今度はカバーで。そうか・・・そういう映画なのか。これはTFFの映画だったのか、という感じでした。

ms7 compact2

ヤマソロの音源

3月23日に亀戸ハードコアでやったヤマジさんのソロライブ(ヤマジカズヒデ:vo,g 三浦真樹:g 本庄克己:ds 須藤俊明:b)を基本的にバラでラインで録音してたので、それのミックスを始めてみました。ライブの評判もよかったので、形にしておきたいという感じです。
当日PAの佐々木さん(Hyper Sound)にも協力してもらって、各楽器の他にもオーディエンスマイクも録音して、結構いい感じです。
個人的にはライブ録音をするのはあまり好きではなく、今までも、なんとなく流れで仕方なしでしか出してません・・・。Louds(これもヤマジさんとやってた。西村茂樹:vo,g ヒデタカ:g ヤマジカズヒデ:g サワサキヨシヒロ:b 須藤俊明:dsというパンクバンド)の唯一のアルバムがライブ録音・・・だったりしますが。
しかし、今回のヤマソロのようなバンド、ギター二人がお互いに作用し合いながら演奏するバンドは、テンションや偶然性などがライブ録音だととてもいい結果をだしてます。アレンジされてるアンサンブルでもなく、曲を中心に雰囲気でドラムやベースも発展していく流れがライブ録音でうまく記録されてます。たしかライブ中は自分でミス・トーン(とかミス・チョイス・トーン)がいくつかあった気がしますが、そんなの関係ないかも。
というわけで、そのうち聴けると思うので、よろしくです。ちなみに下の動画は、その日のライブです。オーディエンス録音ですが。