ms7 compact2

Buffalo '66


プロガー(プログレファン?)にはお馴染みのBuffalo ’66という映画を今更見ました。なぜ今まで見てなかったかというと、興味が無かったからです。で、なぜいまさら見たのかというと、興味を持ったわけでもなく、なんとなく見てないのもなんだなぁと思っただけです。で、やはりこういう映画だし、音楽の使い方、選曲が抜群!とかいうものだと思うのですが、それがなんと別の意味で音楽の使い方が抜群!
何故かみんな知ってるYESの”heart of sunrise”、CMでかかってたのかな?もう曲名よりBuffalo ’66の方が有名でしょう・・・って感じですが、このYESの名曲「燃える朝焼け」、大仰なリフのわりには盛り上がらない、割と退屈な曲として有名です。だって、サビの”sharp! ジャーン!distance!ジャーン!”ってところなんて、全くインパクト無いでしょ?
で、ギャロの凄いところは、この退屈な曲が、いかにも凄いかっこいい曲に聴こえるように、緊張感のある間奏からギターがフェードインしてきて、あのリフになだれ込むところを使ってる!歌が入らないように!コレだけ聴けば、なんてカッコいい曲なんだ!そう、ギャロは音楽の使い方が抜群なのでありました。

さて、そんな映画は置いておいて、今回は(も?)二本立て、もう一本は普通の映画ファンなら誰でも知ってるスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」。これもまた初めて見ました。観たことあったかも知れないけど、完全に忘れてる。これがまたとんでもない映画です・・・Buffalo ’66を観た後だと、なんというかケタが違う・・・いろんなことが凄すぎる。音と映像(もちろんテレビで見てるので、一部しか見れてないですが)が凄すぎる・・・なんというか、1968年って凄い!という感じです。例えばPINK FLOYDやCANがポップに思えてくる・・・キューブリックで言う、シャイニングや時計じかけみたいな感じに思えてくる・・・ので、この映画は音楽に例えると何だろ???サイケと現代音楽を突き詰めたような映画の様な印象です。ハッキリ言って、よくわからないので面白いかどうかはわからないけど、何なんだろう???って感じと凄さはよく出てる。なんでこの映画こんなに有名なんだろう?やっぱり映像が凄いからか・・・?カルト映画にしか思えない。
ところで、二本立てと言えば意味はわかるけど、よくロードショーなどに使われる、「同時上映」は違うだろ・・・それこそ同時に上映したら・・・

ms7 compact2

『第2回 ウミネコ集会〜become chaos!〜』

12/4/3(火) 『第2回 ウミネコ集会〜become chaos!〜』
会場:下北沢THREE
open19:00 / start19:30
前売¥2,200 / 当日¥2,500(ドリンク別)
出演 uminecosounds
ゲスト ヨシノトランス
FOOD:ウミネコカレー
uminecosounds、ほぼワンマンのイベントが間近になりました。是非遊びに来てください。下北沢のTHREEというところでやります。BASEMENT BARの入り口の横です。今回はほぼワンマンですが、ゲストでヨシノトランスさん(シタール)が出てくれることになりました!そして、古里おさむによるウミネコ・カレーもありです!いつも出演者が食べてしまうので、食べられないお客さんもいるのですが、今回は出演者が5人しかいないので、みなさん是非食べてください。たぶん基本は、おさむくんが働いてる新宿の草枕というお店のカレーだと思いますが、おさむくんのインド修行の成果が出てるカレーになるのではないかと楽しみにしてます。
ところで、去年7月、ツバメスタジオのパーティーの時に、おそらく初めてヨシノトランスさんと話をしたのですが、実は93年くらいから知ってます・・・ソメイヨシノさんです。電動プリンのベースの方です!!その頃何度か見てまして、ドラムの小杉さんとは挨拶をする感じでしたが、ヨシノさんとは話したことなかったかも・・・でもかなり電動プリンを聴いてたので、ベースラインも未だに覚えてる曲があります。ベースとドラムのリズムの間(ま)が凄いバンドだった。当時の印象だと小杉さんのバックビートがビックリするほど遅い!でも何故かヨシノさんのベースとのからみですごいグルーブがあって・・・気持ち悪いような・・・気持いいような・・・とにかく強烈でした。でも当時の記憶なので、確かめようと、実家にカセットを探しに来ました・・・あとで探して確認します。
そのヨシノさんが知らぬ間にDIPに入って・・・元DIPになってて・・・そして今回ゲストに出てくれるのです!シタールで!
というわけで、これからカセット探しに行きます。CD持ってなくてごめんなさい。コレです。
ozd_003.jpg

ms7 compact2

KRAFTWERK


ヤマジさんのライブで、あとカバーしたのがkraftwerkのthe modelです。この曲は知ってました。おそらく演奏したこともあるかも・・・いやないかも・・・。私が参加してたこともあるBic Eというバンドで度々演奏してましたが、自分が演奏したことはあったか無かったか覚えてません。ところで、当然このthe modelはkraftwerkの代表曲(Big Blackもカバーしてるしね)ですが、私はそれほど好きな曲ではありません。今回の演奏はいい感じでしたが、私の思うkraftwerkの魅力はこの曲にはあまりありません。
なんでこの曲が人気があるのか、私にはよくわかりません。
私が好きなkraftwerkの曲はなんといってもthe robotsです。あとは、trans europe expressやpocket calculatorとかです。kraftwerkの魅力はthe modelのようにコード譜が書ける曲にはあまり感じないというのが正直なところです。the robotsはコード譜が書けますが、キーチェンジの仕方がとても好きです。なので、the robotsは昔machine and the synergetic nutsというバンドでカバーをやってました。インスト・バンドですが、わたしの中で、マイルス・デイビス〜ソフト・マシーン的なモード風の演奏をthe robotsでやりたくて、やってました。しかも1stアルバムのdisk union購入特典オマケCDRに録音したthe robotsを入れてました。で、それを思い出したので、今すごく聴き返してみたいのですが、手元にありません・・・たぶん実家にはあるんですが。どんなだったけかなぁ・・・
あとはいつかtrans-europe expressをやりたいような・・・でもどういうバンドで演奏するといいのかわからないけど。ギターバンドだとチューニングしてるみたいに聴こえちゃうし・・・E-A-D-G-C-F-E

ms7 compact2

john lennon


そして、今回ヤマジさんのカバーの中で一番馴染みのない音楽家、ジョン・レノンです。ジョン・レノンはたぶん、カバーしてる中で一番有名なミュージシャンですが、私は全くといっていいほど聴いてません。こうなると性格的な問題も無いとは言えないのですが、私はビートルズとジョン・レノンをほとんど聴かないのです。なので、今回ジョン・レノンの曲を聴いたのは人生で4曲目くらいです。たぶん初めて聴いたのは”whatever get you through the night”、次に聞いたのは”imagine”、その次に聞いたのは”Happy Xmas (War Is Over)”ですね。で今回が4曲目。ちなみに間に”Just Like (Starting Over)”という曲も聴いてますが(毎週テレビで聴いてますが)、コレを聴いたのもbeach boysの”don’t worry baby”のパクリの曲として聴いてます・・・
ちなみに”Happy Xmas (War Is Over)”も、演奏するためにコピーした感じでした。これも確かHARCOで演奏しました。この曲をコピーした時に、ジョン・レノン、意外に凄いなぁ・・・と思ったのですが、今回”Oh my baby”という曲を演奏したのですが、これまた意外にいいです。
まぁ、実際私にとってジョン・レノンは偏見がありすぎます。ビートルズのメンバーであり、キリストより有名な人・・・そして、ポール・マッカートニーではない方・・・世間的には愛や平和のアイコン・・・元々は音楽家のはずなのに・・・残念なことです。
今後もおそらくジョン・レノンを聴くことは無いと思うので、今回貴重な経験をしました。

ms7 compact2

CAN


ヤマジさんのライブでVUと同じく2曲カバーをやったのがこのCANですが、私はそれほどグレッシャー(プログレ・ファン?)でもないので、CANもこれまたあまり聴いてないです。もちろんカバーをやったのも初めて。でも実は今回演奏した”i want more”、”spoon”、どちらもCANの代表曲ではありますが、i want moreの方は昔から好きな曲でした。でた、この流れで初めて知ってる曲!しかもこの曲、昔から好きなわりには音源も持ってなく、曲名もわからず、canだということだけしかわかってなく、どのアルバムに入ってるかもわからず、ずっと聴けずにいたのが、今回、これのお陰で曲名も収録アルバムもわかったのです!昔から好きな曲がなんだかわかるのって凄いうれしいものです。
しかも、カバー!やれて良かった。ちなみに今回のライブ、候補に上がったけど演奏しなかった曲も相当あったので、この曲は演奏できて良かった。ちなみにもう一曲のspoonですが、ライブで16分くらいやってる・・・この曲のベース(演奏しない部分が全部で32小節ありますが)最初から最後まで1フレーズ(1小節)!オリジナルは多少違いますが、私も多少違えど基本的には1フレーズを16分弾いてました。でも実はフレーズを4分くらいのところで若干変えてるんですねぇ。ホルガー・チューカイも最後の30秒くらいフレーズが変わるのですが、それを微妙にそのままやりました。
CANの曲を演奏したのは初めてですが、KANのカバーをしたことはあります。KANなんてそれこそ聴いたこと無いんですが、最近誰かがKANの「まゆみ」という曲をかけてたときに、何故か・・・聴いたことある!と思ったら、どうやら昔カバーしたようです。
わ、今検索したらわかってしまった。2008年にHARCOでベース弾いてた時にゲストのスネオヘアーと一緒にやってました・・・

ms7 compact2

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド


23日のヤマジさんのライブでは色々カバーしましたが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド は2曲やりました。といっても、私は2曲とも知りませんでした・・・というか、そもそもヴェルヴェット・アンダーグラウンド ってほとんど聴いてないので・・・
なんでか最近ヴェルヴェット・アンダーグラウンド (もうVUと略します)に縁があるのですが、というかそもそもヤマジさんがVU好きなんですね、きっと。よくライブでカバーしてるのを聴いてる気がするし(でも曲名がわかるほどは知らない)。
私は基本的には1,2枚目しか聴いたことなかった(といってもそんなに聴いてない)ので、このアルバムに入ってるpale blue eyesという曲と他のアルバム?に入ってる?ride into the sunという2曲を演奏したのですが、両方とも初めて聴きました。
どっちの曲もしっくりいったのではないでしょうか・・・さすが私以外みんなVUチルドレン・・・(かどうかは知りませんが)。

ちなみに私はVUはあまり聴いた事無いですが、このアルバムはよく聴いてました。どっちかというとテリー・ライリーに興味を持って買ったのですが。これと、たしかvintage violenceも買いました。
もちろんケビン・エアーズのライブも!なので私の中ではジョン・ケイルとニコは若干カンタベリー周辺。

ms7 compact2

ヘッズのカバー


ヤマソロのライブも終わったので、今回カバーした曲のことがやっと書ける。今回のヤマソロのライブは半分くらいカバーだったのですが、これらがまたなかなかやらない曲だったので、かなり楽しかったです。カバーの選曲はメンバーみんなでアイディアを出したのですが、ちなみに私のアイディアは採用されませんでしたwあまり馴染みのない曲だったようで・・・そもそもバンドに合ってないし。
というわけで、とりあえず、トーキング・ヘッズですが、これはヤマジさんのアイディアなのかな?このアルバムに入ってるDream Operatorという曲を演奏しました。まぁ、全く知らない曲でしたが・・・そもそもこのアルバム、聴いたことないかも・・・リアルタイムなのですが・・・Wild Wild Lifeしかしらない。
たぶん今まで聴いたトーキング・ヘッズって”remain in light”と”stop making sense”、”little creatures”くらいかなぁ・・・なんか他のも聴いたことあるような・・・ないような。”stop making sense”は結構好きだったこともあって、大学生の頃に友達といろんなカバーをやるバンドをやってた時に”girlfriend is better”をカバーしたことがあるよな・・・ないような。
しかし、まぁ、ぶっちゃけ、知らない曲だったのもあったのですが、オリジナルは2,3回しか聴きませんでした・・・
ばっとコード譜書いて、あとはメンバーの演奏を聴きながら適当に演奏しちゃいました。こういうカバーがあってもいいよね。
ちなみに高校生の時からトーキング・ヘッズのことをヘッズって言ってます。ヘッドといえばモーターヘッド、ヘッズといえばトーキング・ヘッズ。

ms7 compact2

明日のヤマソロ

3/5にも書いたのですが、明日3/23にヤマソロライブがあります。
ヤマジカズヒデ ソロライブ [ヤマソロ]
3/23(fri) 亀戸ハードコア
出演 ヤマジカズヒデ、ホンジョウカツミ、須藤俊明、三浦真樹
open 19:00 start 20:00
チケットは亀戸ハードコアのみで販売 前売り¥3000
5日に書いた時点では私はキーボードの予定でしたが、結果ベースになりました。こちらもSG(EB-3L)で演奏することになりました。この前録音したヤマジさんの音源で、私がEB-3Lを弾いたのですが、その曲をやるので、EB-3Lを弾くことになりました。でもって、ヤマソロでは曲もヤマジさんの曲からカバーまでかなり幅広いのですが、それをEBでやるのはなかなか難しく、今回はじめて曲によってピックアップを変える・・・という、なんでいままでそうしてないの?的なことをします。なぜ今までやってないかというと、レベル(音量)が違うから・・・というのと、必要がないから・・・という理由でしたが、今回は必要なので、どうにか音量を揃える方法を考えてのぞみます。音量を変える・・・てボリュームを変えればいいだけでしょ・・・って、それが当然ですが、実はそこが接点不良なのです。なおせよ、って話でした。
いろいろカバー曲をやるので、その話を書きたいが、それはライブ終了後に。ということで、もしお暇でしたら、当日券が出るみたいなので、見に来てください。

ms7 compact2

同名

カンタベリー・ファンなら誰でも行き着いたことがあると思うキャラバンの紹介文「74年10月9日生まれ。幼少時代を南米ベネズエラの首都カラカスにて過ごし・・・」???キャラバンのメンバーはだいたい47年生まれなんだけど・・・リチャードは48年で・・・しかも普通ならsimon langton schoolの出身とか・・(誰がそうだっけ?)そういうプロフィールじゃなかったっけ?って思うはずですが、これはそう皆さんご存知、同名の別ユニット、日本人のcaravanさんという人みたいです。それと同じようにSOFT MACHINEで検索してると、COILという日本人の二人組ユニットに出会うと思います。私はSOFT MACHINEを愛し音楽活動してるうちにいつの間にかこのCOILの二人に遭遇してるのですが、あるとき口を滑らして、たしかヨウスケさんに、「SOFT MACHINEで検索すると出てくるので昔から知ってます」的な事を言ってしまったら、なんとなく「すみません・・・」的な変に謙虚な返事をさせてしまって申し訳なく思ってます。
今回気になってるのはまず、IL VOLOです。もちろんイタリアン・ロックのIL VOLOを検索してると、この若い3人組が出てきてしまうことが多々あるとおもいます。困ったものです。でも私はめげずにちゃんとイタリアン・ロックを聴いてます。ついでにこの若い3人組も聴いてみましたが、超いい声!まぁ、私が聴く必要はない音楽です。とても素晴らしいですが。

まぁ、聴きたかったのはこっちです。カッコいい!最近何故かこういうイタリアン・ロックを愛聴してます。
ところで、同名別バンド(ユニット)で今日発見したのはこれです。

間違えて見る人いないんだろうけど、間違えてこっち見ろよ!って言いたくなる。どっちも同じくらい、いいと思う。

ms7 compact2

Queen BEST10


ひさびさにMontecarlo Scrap Flamingoのヒロミチくんがうちにきたので、最近のわたしのテーマ、KISSやD.Bowieの有名と思われる曲ベスト10の話をしてたのですが、そこで、二人でQueenの有名と思われる曲ベスト10をお互いに考えて見ることにしました。
Queenはなんとなく、簡単な気がしたのですが、とりあえず、わたしの考えは
1.Bohemian Rhapsody
2.We Will Rock You
3.Another One bite the dust
4.Radio Gaga
5.Don’t Stop me now
6.We’re The Champion
7.Killer Queen
8.Bycle Race
9.You’re my Best Friend
10.Stone Cold Crazy
とまぁ、この時点で、Flash Gordonを忘れてたのですが・・・11位はCrazy little thing called Loveです。でもって、ヒロミチくんとたいして変わらないと思いきや、1,2位が逆・・・いや、一位はどう考えてもBohemian Rhapsodyだろ・・・とねじ伏せて・・・ヒロミチくんの3位が、”I was Born To Love You”・・・まぁそれも正しいかも知れないけど、わたしにとってはそれはフレディのソロだし・・・みたいな世代の差が出ますねぇ。ヒロミチくんの順位にRadio Gaga入ってないし・・・
関係ないけど、お互い一番好きな曲を選んだら、Another One Bite The Dustで一致してた。あと今回もUnder Pressureは無しです。