ep

2011年1月15日のバッタリ

JUNGLE LIFE 今井さん-バッタリ度★★★☆☆
この日記を書いてるのは相変わらず2015年ですが、2011年1月15日の出来事を書きます。カレンダーで調べてみたら、この日はなんと私が2010年に奇形児に加入してすぐにレコーディングしたアルバムの発売記念ライブの日でした。タイトルは「頭を丸めて今スグ出家しろ!念仏唱えて自らを葬れ!」という実は奇形児にとって初のアルバムというかCDということでした。私は加入後すぐに録音だったので、バンドのメンバーの演奏のこともよくわからず録音してしまったので、ちょっと不本意な点もあり、実はこのアルバムは録音後は聴いてないのですが、「殺せ!」や「ヘレン・ケラーの憂鬱」、「渇望」など、私が好きな曲も多々収録されてます。さて、だいぶ脱線しましたが、この日はレコ発下北沢251なのですが、とりあえず、この当時両国に住んでまして、当たり前のように両国の家を出てJR両国駅に行くのですが、その途中でジャングル・ライフ(雑誌)の今井さんにバッタリ。当時亀戸ハードコア関連で何度かお会いしてたので、すぐに気付きました。たぶん、うちの近所にあったライブハウス、両国SUNRISE(だっけ?)に用事があったのでしょう。というわけで、最近はお会いしてませんが、当時はよく会う人でした。まだジャングル・ライフやってるのでしょうか?
パニスマ吉田肇-バッタリ度★★☆☆☆
というわけで、下北についたら今度はバッタリ度ナンバーワンの吉田さんにバッタリ!もう珍しくないので、詳細は省略。前にも書いたんですが、今は吉田さんは福岡にいるはずなのですが、たまに東京に来てるはずです。まだ東京でバッタリ会う可能性もあります。
狂うクルー村田-バッタリ度★★☆☆☆
で、その次には村田くんに会いました。ちょっと前のバッタリでも書きましたが、狂うクルーはMSNの亀戸の企画に出てもらったり、村田くんとは他にもいろいろ縁があるので、ライブ会場ではよく会うんですが、この日はもちろん全然関係なく下北沢で会いました。お互い似合わなさそうな場所で・・・
というか、今となっては奇形児が下北沢でライブすることも似合わないと思うのですが、当時はよくわからずレコ発やりました。対バンはmilk cowと、当時知り合いじゃなかったクリプト・シティでした。あれ、中尾くんは知ってたかも・・・でも当時のドラムの弘中聡くんとは後に一緒に演奏したり、今ではよく会う友人です。当時のギターのセブもその後ツバメスタジオで仕事をする仲間になったし。たった5年くらい前の話だけど、この5年間にいろいろあったなぁと思える、という話でした。

ep

2010年のバッタリ、もう全部まとめて。

ミズノ映仁-バッタリ度★☆☆☆☆
8月にミズノさんにバッタリ・・・と言っても書いてる今(2015年)は全く縁がなくなってしまったんだけど、バッタリ会った当時(2011年)はたまに会う人でした。浅草橋のライブハウスBUNGAJANのマスターです。この頃私も数回お店に行ったこともあり、知り合いもよく出てました。というか、たぶん今でも知り合いが出てると思うのですが、あまりチェックしていません・・・すみません。「◯◯◯◯ナイト」的なイベントをよくやってるようです。ツイッターでたまにチェックしてます。
イトケン-バッタリ度★☆☆☆☆
8月に吉祥寺でイトケンさんにバッタリ。まぁ、これもそれほど珍しいことではないです。この約一年前も吉祥寺でバッタリ会ってました。今年はまだイトケンさんに会ってないかもしれませんが、けっこう毎年会ってます。
藤井友信-バッタリ度★☆☆☆☆
10月に下北で藤井くんにバッタリ。これまた、珍しい事でもないかもしれない・・・藤井くんとも今年まだ会ってないかな?いや、会った。確か会った。数回会ってる・・・一回は高円寺のスタジオでバッタリ会った。
小池光子-バッタリ度★★☆☆☆
藤井くんとバッタリ会った日に、ビューティフルハミングバードの小池さんとバッタリ会いました。これも珍しいことではないのかもしれないけど、藤井くんより私にとってはレアなので、星2つ・・・今年フジロックでも会いました。
ナカノヨウスケ-バッタリ度★★☆☆☆
12月にはナカノくんと下北沢でバッタリ・・・といいつつ、もう5年も前の話。彼のことを忘れてしまった。当時は顔見知りだったのだろう。会って気づいたはず。でもたぶんこの後バンドが無くなったんじゃないかな・・・これ以来会ってない。失踪したっていう噂も聞いた気がするけど、噂かなぁ。

ep

イールショック・バッタリ第3段

前川和人 -バッタリ度★★☆☆☆
2009年のバッタリひとつ前のバッタリと合わせて3連続の奇跡のバッタリ最終人物はもちろんエレクトリック・イール・ショックのベースの前川さんです。ホントに奇跡的に1年の間にイールショックのメンバー3人全員とバッタリ会いました。前川さんは高円寺の駅だったかな。今(書いてるのは2015年)では阿佐ヶ谷のスタジオのZotでレコーディング・エンジニアとしても活躍してる前川さんですが、この時はたぶんまだエンジニアをしてないと思います(まぁ、5年も経ってるけどね)。
もともとイールショックを知ったのはいつごろだったか、たぶん2000年前後だと思うんだけど、micro musicってレーベルがあったような・・・インターネットに情報がない・・・道産子アナルやボストン・クルージング・マニアや・・・ちゃんと思い出せないけど、その流れで知ったのか・・・あ、たぶん藤井くん(music from the mars)がやってたPullというバンドでヘルプで2回ほどドラムをやったことあるんだけど、その時に知り合ったのかな?でも、その頃から、私が日本で一番好きなロックバンドです。他にロックバンド知らないかもしれないけど。とにかく、私がカッコイイと思うロックをやってる貴重なバンドです。バンドの3人のバランスも最高!
さて、そんなわけで、前にも書いたんですが、この頃はまだ前川さんだけよく知ってた状態でしたが、この数カ月後、ちょっと不幸が関係する話ではあるのですが、私がイールショックに1回だけジャイアンさんの代わりにドラムで参加させてもらったことがありました。これは自分でも孫の代まで語り継げる話だと思います。でもライブ中に気合が入ってたせいで(?)ドラムのペダルの踏むところがパッキリと折れてしまいました。それが悔やまれる。それが2011年の出来事。
2012年には前川さんが関わってた板橋のスタジオでのレコーディングの仕事を前川さんと一緒にやりました。そして、その後は前川さんのスタジオでの仕事も阿佐ヶ谷に移り、今年(2015)もそこでお世話になったりしております。

ep

イールショック・バッタリ第2段

ジャイアン-バッタリ度★★☆☆☆
2009年のバッタリでELECTRIC EEL SHOCKの森本さんに会った話を書きました。
そのほぼ1年後、今度は総武線でイールショックのドラムのジャイアンさんにバッタリ!総武線のどこだっけかなぁ?この頃(今これを書いてるのは2015年です)私はまだ両国に住んでいて、たぶん、総武線の秋葉原より東で会ったんじゃないでしょうか。
この頃のことをよく覚えてないのですが、カレンダーを見ると、たぶんちょうど私がLOUDSをやめて奇形児に入った頃だと思います。この2010年の7月には、新木場ロック(キバロックだったかな?)というイベントに参加してました。でも、これがよくわからないんだけど、LOUDSをやめて奇形児だったような気もするけど、ギリギリ奇形児に入る前の最後のLOUDSかもしれない。奇形児でも一度キバロックに出た記憶があるんだけど・・・
そして、この時のキバロックは、WATCH OUTのスペシャル・バージョン的なバンドにも参加してました。王様やSLIP HEAD BUTTの大岩さん、COBRAのリナさん、ジムノペディアのヒデタカさんらに紛れて、私はキーボードで参加しました。2曲だけですが、VAN HALENのJUMPとDEEP PURPLEのHIGHWAY STAR(っていうか王様バージョン)に参加したんですが、VAN HALENでギター・ソロ弾いてたゲストが、これまたイールショックの森本さんでした!というわけで、イールショックとの縁はまだまだ続きます。それは、また別のバッタリで。
ついでに思い出したから書くけど、HIGHWAY STARのオルガンソロの速弾きのところは弾けないので、打ち込んでサンプラーでポン出ししました。まぁ、観てる人はわからないかもしれないので、超上手く弾ける人みたいですがw あ、でもこの時から私のキーボード人生が始まったかも・・・
ちなみに、この頃からジャイアンさんとも顔見知りになったかも。今年ももう会いました(2015年2月現在)。

ep

ジムのバンドが始動した頃の話。

石橋英子+山本達久-バッタリ度★★☆☆☆
いつものようにバッタリ日記、これを書いてるのは2014年12月ですが、投稿の日付はバッタリ会った日付、2010年7月です。
なので、4年前のことを思い出して書くわけですが、2010年の初めころからジム・オルークとリハーサルを始めました。メンバーはジム、私ベース、そして山本達久ドラム、という3人です。この時はまだ英子さんがいません。たぶん前年2009年の終わりころ、どこかで達久くんと知り合い、その後ジムの家に行ったら達久くんと再会!とい感じでバンドが始まりました。
で、そのバンドとは別に、この年の4月にはジムのプロデュースしたのバート・バカラック曲集のアルバムのレコ発ライブ(ツアー)をBillboardでやりました。これは私は東京しか出れなかったんですが、グレン・コッチェやダーリン・グレイ、青山陽一さん・・・凄いメンバーが集まったライブでした。ここのキーボードで石橋さんが参加したんだったかな。もともとフルートで参加してたはずですが、この後、ジムのバンドにも石橋さんが入ったような気がします。
まぁ、それは置いておいて、このころ石橋さんのバンドはたぶん、達久くんと勝井さんだった気がします。その編成を見たことはないのですが。そういう繋がりがありつつ、まだ一緒にバンド(ライブとか)やってない頃の話ですね。私がふと秋葉原のドラムステーションとかいう名前の楽器屋に入ったら・・・石橋さんと達久くんが2人で買い物してました。この頃、よく会い始めたという段階だったんだけど、偶然楽器屋でも会いました。縁があるんでしょうね。この数カ月後、ジムのバンド(ジム、私、達久くん、英子さん)の4人で、京都で初ライブをやりました。そして、その数カ月後、この4人で石橋英子でライブをやりました。その数カ月後、波多野さんが入って「もう死んだ人たち」になりました。そして、現在まで続くわけです。

ep

京都で!

芳垣安洋-バッタリ度★★★★☆
例によって、これを書いてるのは2014年12月ですが、2010年4月は結構たくさんバッタリ人に会ってますね。4月の後半にウミネコサウンズで関西にツアーに行ってました。ハッキリ覚えてないけど、たぶん、田辺玄くんと森信行くんと私がサポートだったと思います。ウミネコサウンズ、バンドになる前の話です。なんかよく覚えてないけど、京都でライブやったんだよね。磔磔だね。今考えると対バンが「ゆーきゃん」だね。その数年後ゆーきゃんとは知り合った気がするけど。ウミネコってこのころ音源リリースしてたのかな?夕焼けかな?宇宙旅行かな?でも、コテイスイでは無かったはず。モックンとツアーにいった記憶がある。さて、それはいいとして、磔磔に行き、だいたい対バンもあるときは散歩しますよね。京都だし。たぶん、そんな感じで結構よく散歩するんだけど、京都もその辺なら多少土地勘がある。で、昔、大学の後輩の西原尚に連れて行ってもらったことのある民族楽器コイズミという楽器屋(?)に行ってみたら、そこでバッタリ芳垣さんに遭遇!普段東京でしか会わない(といっても数年に一度だけど)人と京都でバッタリ会うのって結構衝撃!芳垣さんはこの時はUAのライブで京都に来ていたらしい。
ところで、芳垣さん、初めて会ったのはアルタード・ステイツとMELT-BANANAが対バンした時だっただろうか、このころ芳垣さんが入ったGROUND ZEROとも対バンしたので、どっちが先立ったか覚えてないけど、当時20000Vしか知らないようなドラマーだった私には衝撃的なドラムだったものでした。(今調べて衝撃だけど、20年前の話でした・・・1994年)。そのちょっと前にやはりGROUND ZEROのドラマーだった植村さんと知り合ったのですが、この2人(結果ふたりともGROUND ZEROでしたが)は私にとっては衝撃的なドラマーで憧れでした。まぁ、色々なジャンルに憧れる人はいるんですが。その後、芳垣さんはROVOで活動しだした頃にも何故か数回お会いし、なんとなく覚えてもらってるのを光栄に思ってるのですが、ここ数年はまた会ってませんね・・・もう忘れられてるかな?
ちなみに、芳垣さん以外のアルタード・ステイツの内橋さん、ナスノさんはここ数年何度かお会いしたりするのですが、話したこと無いかも・・・挨拶だけで・・・

ep

そもそも、どういう知り合いだったっけか?

林英和-バッタリ度★★☆☆☆
林くんに下北でバッタリ会いました(とメモがあるけど、覚えてない。)林くんっていう知り合いはたぶん3人くらいいるけど、この林くんが一番付き合いが深く長い気がする。そして、バンド関係で知り合ったんだけど、音楽関係なく林くんを仲間だと思っている。共通の知り合いも多いからかな。林くんって興味がある友達だしね。で、ふと思ったんだけど林くんって、いったいいつから何の知り合いなんだろう?そもそも、ギター弾くとか、キーボード弾くとか、そこら辺もよくわからない。一緒に演奏してたのは、さっちんのバンドStefanieだったかな、と思う。でも、林くんはわりとすぐにいなくなってしまい、私も後にやめてしまった。Stefanieは友達って感じのバンドで楽しかったんだけどね。で、Stefanieの前は一緒にHARCOをやってたかな?HARCOのギターってイメージがないなぁ・・・って思ってたら、考えてみたらQuinka,with a Yawnのギターだったんだ!そうだ、Quinkaのレコーディングで一緒に過ごしてた時間が長かったんだ!うち(実家)にレコーディングに来たり、どっかの田舎(忘れたよ・・・)に合宿レコーディングに行ったり。そうだ、いまではQuinkaといえば二木君がギターを弾いてたりするイメージがあるけど、前は林くんだったんだ。
そう、林くんは当時、Spangle Call Lilli Lineのサポートをはじめ、いろいろと活動してたなぁ。最近長いことあってないかもしれない。でも、たまに連絡してる気がする。

ep

あり得るパターンのバッタリ。

岸さん-バッタリ度★★★☆☆
しまったことに、岸さんって呼んでるけど、名前知らない。たぶん、岸という苗字でしょう。キシっていう名前だったりあだ名だったりしないと思う。岸さんって、たしか記憶によると長澤(知之)くんのサポートやってる時にPAとして会ってるんだと思う。2010年当時長澤くんのサポートをやってたはずなので、たまに会うスタッフだったんだよね。でもメインのPAはクリちゃん(栗ちゃん?)だったので、岸さんのほうがレアだった気がする。しかし、名前ってちゃんと覚えないものだなぁ・・・栗ちゃんは栗原だよね。岸さんも岸さんだよね。
で、言ってしまえば栗ちゃんもこのあいだバッタリ会ってるんですが、それはライブ会場で(この場合は2014サマソニで)バッタリ!っていうのは、まぁ、そういう世界の人だから普通なので、こういうのはバッタリに入れてません。でも岸さんの場合はちょっと珍しく東名高速、冨士川というPA(シャレじゃないよ、パーキング・エリア、って言いたいけど、本当はSA)でバッタリ会いました。でも、まぁ、言ってしまえば、SA、PAでバンド関係者に会うっていうのもあり得るんだけどね。わりとみんな高速で移動するし。あと新幹線で会うとかね。そのパターンも2012年11月にあるので、お楽しみに。
そういえば、この頃、凄く記憶にあるのが、コテくんがやってるバンド、髭のPAも岸さんやってるっていう話。なんかの話の中で、コテくんがPAの岸さんと仲がいいという話を聞いてて、「岸さん、オレも知ってる!」って言った記憶がある。でも、もうこの時以来岸さんに会ってないのかなぁ・・・今あっても気づかないかも。ライブ会場で会えばわかるけどね。
今、なんでこの日に高速に乗ってたのか調べたら、長澤くんで大阪に行ってたんだ。

ep

2010年の4月

高田泰介-バッタリ度★★☆☆☆
これを書いてるのは2014年なので思い出しながら書いてるのですが、2010年の4月7日は、カレンダー(予定表)によるとウミネコサウンズのリハに行ってました。高円寺の、今となっては一樂 誉志幸くんというか、よっちゃんが働いてるスタジオでよくウミネコのリハをしてました。この頃ってよっちゃん居たのかなぁ?まだ知り合う前かもしれないしね。で、この頃のウミネコってなんだっけ?私はベースで参加してたけど、コテくんがいた記憶が無いし、おそらくシャムキャッツの菅原慎一くんと藤村頼正くんがいた気がする。ちがうかな?この頃のウミネコって、田辺玄くんがいたり、森信行くんがいたり、いろいろでした。なんとなく全員フルネームで書いてみました。
で、たぶんスタジオの近くで高田泰介くんにバッタリ。泰介くんはPLECTRUMのボーカル・ギター。GOMES THE HITMAN時代にとてもつながりのある仲間でした。個人的にもPLECTRUMは好きだし、泰介くんの歌や演奏、キャラクターも好きです。で、泰介くんはadvantage lucyのサポートギターもやってるし、ほんと2000年ころはよく会う仲間でした。いまでは、実はバッタリ会う機会のほうが多いかも・・・そんなことはないか。ちなみに、この4年位あと(最近)もバッタリ会いました。
さて、この日のことなんて厳密には覚えてないけど、いろいろ個人名を書いてますね・・・もう一人。
山田民族-バッタリ度★★☆☆☆
今度は高円寺の駅構内で山田民族さんに会いました。正確に言うとすれ違いました。駅の中に小さいエスカレーターあるでしょ、そこですれ違った気が・・・「あ・・・・」とか言っただけで。
民族さんって、実はすごい昔から何となく知ってるんです。もともとビックEの江川さんたちと何処か河原で野球をやった時に会ったんだったかな?いったい何の知り合いなんだろう???って感じですが。で、この頃も特によく会うわけでもなく、たまーに会う知り合いという感じでしたが、実はここ数年の方がよく会います。そんなに遠くもない世界のミュージシャンなので、いずれ共演できることもあるんじゃないかな、と勝手に期待してます。でも、民族さんって一体なんの人なんだろう???でも、そういう音楽家の人と知り合いっていうのは楽しいです。

ep

蓑部とバッタリ

蓑部隆康-バッタリ度★★☆☆☆
バッタリ会う人はいろいろで、バンド関係の知り合いだったり、同級生だったりするわけなのですが、彼は基本的には同級生です。同級生と言っても中学高校時代の同級生だし、他の人だったらたぶん街ですれ違っても気づきません。たぶん、分かる人なんて5人位です。その内の一人の蓑部(ミノベって読みます)は、特別変わって見た目だからわかる、とか言うわけではなく、昔から付き合いが長く深いから分かるわけです。といっても、この時バッタリ会ったのも数年ぶりだし、たぶんこのバッタリ以来(この日付から今5年近く経ってますが)、会ってないと思う。強いて言えばこの後連絡先を知った。
まぁ、なんだかんだ、このブログにも二回も名前が出てる蓑部です。最初がMSN物語その1、二度目が江川くん祭り。最初の時にざっと書いてますが、蓑部って最初にバンドを作っ友達なんだよね。蓑部と山下と3人で、バンド名は「未定」でした。たぶん厳密には中3のときにバンドをやろうって言って、高校に入った時に関根と周ちゃんって友達も入って5人でバンド始めたんじゃないかな。卒業後は関根や周ちゃんはたぶんバンドとかやってないと思うんだけど、山下はしばらくいろんなバンドをやってた。一緒にデモ・テープをレコーディングしたりしたこともある。けど、もう今はやってないよね。
で、蓑部は、っていうと、実は今でもバンドを続けている。しかもバンドを始めた時の「未定」を引き継ぎ、「in the air(未定って意味かな)」ってバンドをやり続けている。もう20年以上でしょう。最初の頃は私もちょっと参加したりして、高円寺showboatとかに出たりしてた。でもそのうち蓑部は凄腕ミュージシャンと演奏するようになり、現ROVOの原田仁さんや、当時杉浦フィルハーモニーオーケストラの福島誠二さん(現奇形児のね!)、他にもロジャー高橋さんとか、坂巻さんとか、いろんな先輩ミュージシャンと演奏するようになっていった。現在はたぶん逆にちょっとだけ年下のメンバーと演奏したりしてる。Music From The Marsのヨッシーとかとやってるのは、なんとなく知っている。
さて、そんな蓑部の話を書き出したら、長くなってしまったので、もうやめよう。まぁ、そんなわけで、普段は全然会わない、高校時代の友人だ。あ、でも一つ、彼からは結構影響がある。音楽的な趣味の話ではないけど、とても真剣に音楽をやってる彼と中学からの友人であることは私にとってはとても大きな影響がある。そして、蓑部はギターがメチャメチャ上手い。高校の時はドラムやってたのに。
あ、バッタリの話。吉祥寺の駅構内でバッタリ会いました。